薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
おせち作り
at 2018-12-17 18:10
好古園双樹庵でお当番
at 2018-12-07 11:29
11月の和食のお稽古と大フィ..
at 2018-11-29 15:27
ワイン三昧の週末
at 2018-11-26 16:17
11月の料理教室
at 2018-11-15 12:32
カテゴリ

タグ:yacht ( 45 ) タグの人気記事

9月の料理教室とシアトルカップヨットレース

f0213292_16444558.jpg
連休の後の連勤で、魂が抜けつつありますが、来週もまた連休なのでがんばります。

さてさて9月のレッスンは、鶏肉スペシャルでした。

*ゆで鶏
*ゆで鶏にゅうめん
*鶏胸肉揚げ出し豆腐仕立て
*鶏レバーの甘辛煮
*鶏じゃが
*マチェドニア                    ・・・でした。

鶏レバーが美味しくて、家でも直ぐに炊きました。








f0213292_16445487.jpg
スペシャルさんまご飯。

当直明けでお腹が空いていた私、レシピのお素麺の量が足りないと主張し、増やしてもらったため、せっかくのお出汁がほぼゼロ、素麺まみれのお椀になりました。

ご飯もあるのにね。。


f0213292_16450442.jpg
果物いっぱいのマチェドニア。

久しぶりだったので、試食後も長居してしまいました。








f0213292_17020627.jpg
先週末、須磨沖でシアトルカップレースが行われました。

ミドルボートクラス(30ftくらい)のガチのレーサーのレースで、1日目はIRCの公式レースです。

私たちJ24のメンバーは、6年に一度の宝船レガッタをミドルボートクラスの皆さんにお手伝い頂いているご奉公で、毎年こちらの運営をいたします。(笑)

今年も本部艇のグラバン(しかもサイズアップした)で、ビールを飲みながら、でも風が振れて(マークボートに指示が)忙しい上下レースになりました。

レーサーの皆様、大変お疲れさまでした。

私は、ホーンを担当していたので、2度のマーク変更でホーンを連呼。後のレーサーズパーティーの喧騒とともに耳がわんわんした一日になりました。




f0213292_17014478.jpg
レース2日目、私はピアノの発表会!でした。

前日もよく眠れず、ドキドキの発表会、、、のはずが、他の演者の方たちのあまりのレベルの高さに、リハーサルですでになにかがふっきれてしまった私。

すこぶるリラックスして発表会を楽しむことが出来ました。ミスタッチはあったものの、実力通り。暗譜して、つまらず弾けたので、満足です。

後の懇親会含め、貴重な体験ばかりの1日でした。








人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-09-21 18:31 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

5月の料理教室と神戸まつりヨットレース

f0213292_11140973.jpg
申し込み(予約)を忘れていたことに前日になって気づき、慌ててすべみセーフで入れてもらった、5月の料理教室です。

*牛蒡煎りミンチカツ
*マヨネーズ
*ひじきの五目煮
*新牛蒡の炊き込みご飯
*新玉ねぎの味噌汁

でした。





f0213292_11141945.jpg
卵とお酢、食用油があればすぐに作られる手作りマヨネーズ。あっさりめで美味しいです。

ミンチカツは、牛蒡が入っているのでヘルシー。

ご飯にも、新牛蒡と、新生姜が入ってお腹に軽いお食事でした。





f0213292_11142962.jpg
デザートは *ココナツ豆腐 メロンスープ。

レッスンの後、整形外科受診があったので、食後のお茶は頂かずに出ました。

実は、、ピアノを弾く指の強化のために、筋トレをしすぎて腱鞘炎になってしまいました。

初めての整形外科で、体育会系のイケメン医師だったので、思わず手を握り返しそうになりながら診ていただいたのですが、後で、イケメン医師は、同級生の弟さんと判明しました。






f0213292_11145084.jpg
ピアノの先生のラフマニノフコンサートに行ってきました。

芸術文化センターの小ホールです。 開演前にぱちり。

大雨にも関わらず、小ホールといえども、結構な広さの会場の7~8割は埋まっていて、盛況でした!

2列目の、左側の席から、先生のお背中越しに、指をず~~~~~っと凝視していたら、座っているのにもかかわらず、倒れそうになりました。(笑)

ラフマニノフの曲は美しいのですが、難易度マックスで、聴くにも体力を使いました!!

もう~、私の弾くピアノとは異次元、別惑星の先生の素晴らしいピアノ。感動する余裕もなく、呆然としていました。

曲目は

*メロディ Op.3-3
*プレリュード Op23-2 Op32-10 Op32-5 Op32-12
*チェロとピアノのための2つの小品 Op2  プレリュードOp2-1 東洋風舞曲 Op2-2
*ヴォカリーズ Op34-14
*エレジー Op3-1

*チェロソナタ ト短調 Op19     でした。

プログラムの、先生の説明も素晴らい文章でした。生で聴けた経験と含めて、宝物です。





f0213292_11231327.jpeg
週末は神戸まつりヨットレースでした。

前夜の前夜祭含め、好天に恵まれて、楽しいイベントになりました!

長い第二レグの、第二マークが潮で流され、回収されたままの時間が長く、「マークはどこじゃ~~」と探しあぐねるアクシデントはありましたが、なんとかJ/24の中でのトップを取ることができました。

1週間、かなりタイトなスケジュールの〆のレースだったので、体力が持つか心配だったのですが、勝てばこの笑顔です。



人気ブログランキング

[PR]
by fm_k | 2018-05-24 12:25 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

ヨットレースと、睦月でお誕生日ディナー

f0213292_10024487.jpg
昨日は曇天の中、クラブレースでした。

霧雨、ときどき大粒の雨が降る中、いやだな~と思いつつ向かったのですが、トリッキーな風を(他の皆さんが)見事制して、なんとなんとの1位でした!!

気分よく帰宅後、夜は懐食・睦月さんで、4月の私の誕生日ディナーを家族で頂きました。




f0213292_10025910.jpg
*前菜 いろいろ。

木の芽田楽の青寄せが翡翠色で、とてもきれいでした。

うすいえんどう豆の葛豆腐も春の色で、目から楽しめます。





f0213292_10030723.jpg
*椀物 えびしんじょう 焼き茄子 じゅんさい。

こればかりはす~ごく慌てて写真を撮るので、白色補正がなってません。







f0213292_10031498.jpg

*お造り5種盛  今の時期の山葵は、辛味が少なく、たっぷりつけて食べられました。





f0213292_10032093.jpg
*山形牛のしゃぶしゃぶ。

胡麻ダレに、ピーナッツが入っていていて香ばしく美味しかったですが、しゃぶしゃぶの出汁のままで、十分おいしいです。



f0213292_10032684.jpg
*強肴 金目鯛。




f0213292_10033327.jpg
*湖鮎と山菜の天ぷら。

肴の中で、鮎が一番好きです。特に小さな鮎が。




f0213292_10033996.jpg
*鯛飯。

お鯛さんの骨でとった出汁で炊き込んであり、旨味の相乗効果でした。

ちょっと面倒そうですが、今度家でもチャレンジしてみます。




f0213292_10034580.jpg
*自家製デザート。水羊羹と、抹茶、安納芋、栗の白玉団子。

ワインをたくさんいただいたので、デザートは「パス」しましたが、「まあ、食べてくださいよ」と勧めてもらって完食しました。

どのお料理も本当に美味しかったです。






f0213292_10035028.jpg
レース後の勝利のVサイン。

風の振れに翻弄された長いレースになった1日。本来ならば疲れますが、疲れもふっとぶ勝利なのでした。




人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-04-16 11:02 | *Diary | Trackback | Comments(0)

AmericasCup 福岡大会

f0213292_16112257.jpg

Louis Vuittonアメリカスカップ福岡大会に行ってきました。

アメリカスカップ本大会の前哨戦となるレースで、いわゆる「ヴィトン杯」と呼ばれるレースです。

現在、カップ保持国であるアメリカを含め、イギリス、ニュージーランド、スウェーデン、フランス、そして日本の六か国がこのヴィトン杯を戦っていて、勝ち抜いたチームが、最終的にはアメリカとの1対1のマッチレース(アメリカスカップ)に進みます。

孫さん率いるSoftbank Team Japanが出場したことで、この福岡大会が、アジア初のアメリカスカップとなりました。

世紀の瞬間に立ち会うべく、福岡に行ってきました!

あと、アメリカスカップの詳細については、複雑なので結構あやふやです。さらっと読み流してくださいね~。(笑)



f0213292_16104387.jpg
ヴィトン杯使用艇は、こちらのAC45F 45フィートのフォイリング、水中翼で浮くヨットです。異次元です。

この異次元ヨットが一目見たくて来ました。

Softbankチームと、オラクルBMWチーム(アメリカ)の2艇が写っていますが、ずらっと6艇河口に並んでいました。6艇とも同型です。

この45フィート艇をみた私の最初の感想は、もちろん「かっこいい!!」ですが、同時に「思ったよりも小さい!?」でした。

雑誌やテレビで見ている限りでは、迫力がありすぎて、もっと巨大なんだとばかり思ってました。なんだか乗れそう?一気に親近感です。
ちなみに乗り込んでいるのは、各艇オリンピックの金メダリスト始め、名だたるセーラー揃い。


そうそう、出場国は6か国と書きましたが、正確には、各国のヨットクラブ対抗で、乗っているクルーも、そのほとんどが外国人です。
ですので、アメリカチームの船長がNZ人だったり、日本チームの船長もNZ人だったりします。とにかくNZ人が多い印象です。

アメリカスカップの長い歴史でも、アメリカとNZのカップの取り合いが見どころだった時代が続きました。

アメリカスカップといいながら、最初のレガッタ(レース)は、1851年にイギリスで行われ、ビクトリア女王主催でした。
そのレースにアメリカ号が勝ったから、栄誉を称えて「アメリカのカップ」アメリカスカップとなりました。

第35回となる今大会は、イギリスも出場し、カップ奪還が期待されています。

そしてこのヴィトン杯シリーズはイギリスが優勝しました。おめでとうございます。


f0213292_16104306.jpg
そういえばルイヴィトンはモエグループでしたね。

モエのシャンパンブースでかけつけ1杯、2杯、、とやっていると、知り合いが次々やってきてくれます。
基地みたいになってきました。

ここ地行浜、ヤフオクドームの真ん前なのですが、同じ日に、ドームで韓国のアイドルグループ、ビッグバンのコンサートがあり、道中、博多駅、新幹線、どこもかしこもすっごい人出でした。

「まさかヨットレースがこんなにメジャーとは!でもなんか雰囲気が違う、、?」と半信半疑だった疑いは、ドーム前に停まっていたグループのツアートラックを見て直ぐに晴れました。



f0213292_16104590.jpg
福岡大会、そしてヴィトン杯シリーズの表彰式に向かいます。

レースはなんだかよくわかんない内に終わりました。(笑)

レースは、砂浜の観覧席から、よく見えたんです。驚きました。画期的です。もしかしたら世界初ではないでしょうか。
けれども、5分前のホーンは鳴らないし、P旗は上がらないし、上下マークはゲートマークでしかもサイドマークも、海上のマークというマークが近いし、多いし、どこを回ってるんだか私にはよく分からなかったです。

予習していった私にも分からなかったので、普段ヨットに縁のない観客の方々はどうだったのでしょう。

でも、目の前を異次元ヨットが走る姿は、誰がどう見ても「おおっ」となりますよね。私も充分、十二分に楽しめました。

表彰式に出るのが主催者への儀礼だと思っているので、レース後も残りましたが、少数派でした。

この後博多で、華味鶏の水炊き鍋を頂きました。とっても美味しかったです。

偶然会った関東のヨット関係者の方との話も弾み、写真は1枚もありません!



f0213292_16104622.jpg
さて、ひとり言は終了。
ここからはいつもの料理画報です。

今年もリースを作りました。先生のお庭の花材をふんだんに使わせていただきました。

野趣味あふれるリースが3つ出来ました。



f0213292_16104610.jpg
はなみどりの写真がないので、少し前に行った、沖縄料理のお店の、カラフルな前菜です。

一つ一つ、お野菜の説明を丁寧にしてくださるので、説明が終わるころには半分くらい食べてしまいます。
ちゃんと聞いています。


f0213292_16104746.jpg
前菜、スープ、こだわり卵のオムライス、パスタ、デザートと盛り沢山で、どれも本当に美味しいお野菜、味付けでした。

写真はパスタです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-11-21 18:43 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

神戸まつりヨットレース

f0213292_2135574.jpg
天気予報では空模様が危うかった今年の神戸まつり、前夜祭から見事晴れました!

クルーザーレースはグラバンにて本部艇、スタートしてからはゴムボートの我らがアイリス号で、風の止まったレース海面をぶいぶい走っていました。

今年は、外来艇含む48艇の参加。
微風で難しいレースでしたが、全クラス無事フィニッシュできました。



f0213292_2135593.jpg
1週間前に行われた(右 わたくし) ディンギーレースは、安定した南風でした。

今の季節は、暑くもなく寒くもなく、一番気持ちが良いです。

とはいえ紫外線は強いので、今年も飲む日焼け止めヘリオケアでケアしています。

飲んでいるのといないのとでは、あとのヒリヒリ感が全然違います。

日に焼けるのは構わないのですが、シミになったり、ダメージになるのは出来るだけ避けたいです。



f0213292_2136120.jpg
戻ってクルーザーレース。

皆さん、微風に悶えている間に、本部艇でムール貝を食すの図。
(ちらし寿司と、八幡巻はわたし作です)。



f0213292_2136250.jpg
再びディンギーレース。

稀に見る接戦で、2-1-3位の総合3位でした。(3艇でレースしたわけではゴザイマセン)。

清々しく、楽しいレースでした。
来月の月例レースが楽しみです。


f0213292_213658.jpg
そして、、買ってしまいました!たこ焼き器。
土曜日のお昼に小学校から帰ってきたら、新喜劇を見ながらたこ焼き、もしくはお好み焼きを食べて育った関西人なのに、ここ10年以上、たこ焼き器が自宅になかったんです。

たまたまネットで見つけた、イタリアデザインのBRUNOです。
ホットプレートもついています。
とってもコンパクトなサイズで、テーブルに置いても可愛く収まるのがポイントです。



f0213292_2136724.jpg
焼いた側から食べてしまったので、準備写真しかありましぇん。

自宅たこ焼きは、食べるより焼くのが楽しいですよね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-05-20 21:53 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

芦屋マリーナ・マレロッソ

f0213292_22111288.jpg
芦屋マリーナ内にある、レストラン マレロッソさんに、ランチに伺いました。


f0213292_22111376.jpg
ゴージャスなイメージの芦屋マリーナですが、なんと、ビジターバースまでカートでお迎えに来てくださいました。
離着岸時にも、スタッフさんが舫いロープを取ってくださるようです。
噂には聞いておりましたが、テンションあがる〜。


f0213292_22111496.jpg
クラブハウスを入って直ぐ、レストラン外観。



f0213292_22111529.jpg
この日はマリーナで輸入車販売のCORNSさんのイベントもあり、大勢のお客さんでしたが、全体にゆったりとしているので、騒がしさは感じませんでした。


f0213292_22111664.jpg
お料理に戻って、4種類から選べるパスタです。
*揚げ茄子とモツァレラチーズのトマトパスタ。



f0213292_22111765.jpg
*オマール海老のトマトソース。
マレロッソさんは、中納言グループの経営だそう。
さすがにお料理はどれも丁寧に作られていて、とても美味しかったです。


f0213292_22111983.jpg
エントランスソファには、来年の神戸横濱ヨットレースの案内版も置いてありました。

マリーナの居心地が良すぎて、スタートしたく(海に出たく)なくなるかもしれませんね。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-06-10 12:55 | *Yacht | Trackback

神戸まつりヨットレースと船底磨き

f0213292_11165586.jpg
神戸まつりヨットレースが須磨沖で開催されました。
レース前日、西宮で上架して、船底磨きに勤しみましたよ。


f0213292_11165724.jpg

この日は大忙し!
早朝からお昼ご飯用のカツサンドを作って新西に。その後、須磨に行って前夜祭と艇長会議の準備、夕方から大盛り上がりの前夜祭は夜まで続きました。


f0213292_11165654.jpg
カツサンドは、カツとキャベツを挟んだ後、フライパンで焼き付けました。
こうすると、味がよく馴染むそうです。

料理画報なので、たまに料理したら記事に盛り込もうという魂胆バレバレ?


f0213292_11165867.jpg
出来上がりの図。
マヨネーズも手作りなんですよ。味が薄かったので、ピクルスを刻んで入れました。(それをタルタルソースとも言う)。

船底磨きで疲れたのか、皆、いちもくさんに胡瓜に手を伸ばしていました。
通りがかりのNさんが、もりもりカツサンド食べてくださって、嬉しかったです。


f0213292_11474991.jpg
新西宮ヨットハーバーは、色々イベントがありますね。
この日も、MGというイギリス車の展示がしてありました。
むか〜し昔、父が乗っていたジャガーと、同じ赤色です。


f0213292_11475075.jpg
一気に庶民的な香りの須磨ヨットハーバー。
今年は45艇がエントリー!300人規模の前夜祭でした。


f0213292_1147512.jpg
1着〜!!(レーティングも1位なので修正6位〜)。
真後ろのS洋jrとマッチレースみたいで迫力満点だったよ、と言われた通り、最後のジャイブ合戦はハラハラしました〜。

前の週に行われたディンギーの部では、2位でした。
とはいえどちらも、ウェイト要員のへっぽこクルーの私です。
どちらも、少しは役に立てるようならなければ。。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-05-20 10:56 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

関空一周ヨットレースとヘリオケア

f0213292_1612814.jpg
ついに連休が終わってしまいましたね。。
前半は海へ、後半は片付けに、美容院にと満喫・満足でした。けれども私、職場も好きなので、仕事に行くとほっとします。

今年は、関空一周ヨットレースに参加してきました。
淡輪ヨットハーバー沖2マイルのところからスタートして、空港連絡橋をくぐり、人工島をぐるりと一周約20マイルのディスタンスコースです。


f0213292_1612912.jpg
ばりばりレース艇から、ファミリー参加艇まで90艇のエントリー。
私たちは、、のんびり参加ムードのはずが、レースとなったら目の色の変わるオーナーヘルム様のおかげ様で、終始ピリピリムードながら見事3着フィニッシュ。(第一レースは1着)修正6位の成績でした。
豪華な食事や景品、サンバもあり〜のの前夜祭も楽しかったです。淡輪の皆さんありがとうございました。


f0213292_1612999.jpg
それでですね。
回航も合わせてずぅっと海上に居たにも関わらず、余り日焼けしませんでした。
去年も書きましたが、ヘリオケアやはりよく効いているようです。
今年は、日焼け止めに十和子さんのフェリーチェUVクリームを使っています。こちらも軽い使用感ながら、なかなか良いようです。


f0213292_1613044.jpg
レースから帰宅した日の夕食です。
松花堂に詰めて見栄えを良くしてみました。

たったの2.3日ですが、なんだかんだいって不便な船生活から戻ると、普通に水道が使えたり、ガス口が3つもあることに感動すらします。
そうなると台所がより楽しいです。
我ながら単純ですね〜。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-05-08 15:26 | Trackback | Comments(0)

JAPAN CUP2013観戦

f0213292_1232533.jpg
13日~17日まで西宮沖で開催されていた、JAPAN CUP の最終レースを、間近で観戦させてもらいました。


f0213292_15512390.jpg

11時スタートの予定でしたが、この日は朝から風がなく、10時半にハーバーに行った際には陸上にAP旗(スタート延期)が揚がっていました。

クラブハウスのあちこちで陣を組む日本を代表する艇のクルーの皆さん。
参加艇の中でも、ずば抜けて速いフネのSLEDチーム(TP52)の前のテーブルで、背中を丸めてこっそり生ビールを飲む私たち。。


f0213292_15512471.jpg

APも降りたようで、私たちも向かいますっ。
前を行くのは、豪華な観覧ボート。その引き波の間を、木の葉のようにさーひんぐしながら、レース海面に向かいます。



f0213292_15512548.jpg

ジュリーボートに、



f0213292_15512618.jpg

プレスボート。さすがに国内最高峰レースです。




二時間遅れの午後1時ぴったりにスタートしました。

意外な事にこの時のスタートはばらけていた印象だったのですが、後からプロのコラムを読んだところ、ジャパンカップともなると無用な潰しあいはせず、各艇フネのポテンシャルを最大限引き出すために、まずはフレッシュエアを取りに行く事を大事にする、んだそうです。なるほどね~。



f0213292_12363618.jpg
そんな中、粛々とフネを走らせていたサマーガール。圧倒の二連覇おめでとうございました。



f0213292_15512851.jpg

上マーク運営ボートの浜風。

大会の様子は、facebookにも即時UPされていて、陸からも楽しめました。
選手の皆さま、運営の皆様、本当にお疲れ様でした。



それにしても下マーク回航時のジェネカー降下の素早さと、静かで穏やかなデッキにはびっくりしました。
熟練のクルーワークを目の前で見せていただいて、感激でした。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-08-19 15:53 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

12th Takarabune Regatta*Trophy Banquetとお茶席

f0213292_150459.jpg
第12回宝船レガッタは、なんと初めてとなる日本側の勝利。
30数年前、故秋田博正元会長が、シアトルに送った「宝船」Trophyがついに須磨に戻ってきたのです。


f0213292_20572583.jpg
レース委員長のStacey.デニス・コナーの気分 だそうです。次回必ずや奪還すると宣言していました。



f0213292_15133366.jpg
復興支援songの「花」をアレンジした歌のサプライズプレゼントに会場涙。。


f0213292_1513941.jpg
そしてやっぱり踊る私たち。


f0213292_15221365.jpg
バンケットの前に、ホテルの控室を利用して茶席を設けました。


f0213292_2057502.jpg
f0213292_15211284.jpg

f0213292_15284114.jpg
いつもお世話になっているT先生の尽力で、きちんとしたお席が出来、皆さんにも喜んでもらえました。


f0213292_15291746.jpg
パーティー参加は71名。
最後まで、宿泊のお部屋やパーティーの料理、席次に至るまで、変更ばかりなのにも関わらず、根気よく対応して頂いた神戸ポートピアホテルのM様にも、本当に感謝しています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-08 10:33 | *Yacht | Trackback | Comments(0)