薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
POLAの点描ファンデーション
at 2019-02-18 14:51
2月の大フィル定期演奏会と塩..
at 2019-02-12 19:04
Apple Watchのある毎日
at 2019-01-28 17:15
Apple Watch4
at 2019-01-21 15:35
初釜ととんど
at 2019-01-15 15:11
カテゴリ

タグ:restaurant ( 92 ) タグの人気記事

2月の大フィル定期演奏会と塩田温泉

f0213292_14370760.jpg
今年初めての演奏会に行ってきました。

2月の大フィル定期演奏会は、没後70年になるR.シュトラウスの「ブルレスケ」と「ばらの騎士」、モーツアルトの交響曲36番「リンツ」でした。

特に小菅優さんがピアノを弾く「ブルレスケ」を楽しみに行ったのですが、期待以上でした!

R.シュトラウスの「ブルレスケ」は、その難易度から、弾けるピアニストが限られるため、指揮者が希望しても公演されることが少ない演目だそうです。

本当~~に超絶技法。しかも優さんはいとも軽々と、楽しんで弾いている!という風情で、すっごいです。語彙力少なくてスミマセン。




f0213292_14372554.jpg
モーツアルトもばらの騎士もよかったですが、ピアノのアンコール曲もとっても良かったです。

優さんのピアノは、どちらかというと明るくて、軽快なイメージがあるのですが、同じくR.シュトラウスの「トロイメライ」はすごく柔らかくて、たおやかで余韻まですべて美しいピアノでした。
この曲、弾きたいって思いました。


f0213292_14374861.jpg
そして翌日は、お誕生日祝いで六甲道「いわもと」さんへ。

実は「お祝い」として別の日に、別のお店に行っていたのですが、そのお店が余りにも期待外れだったので、「いわもとさんでリベンジだ!」と仕切り直しの席だったのです。

間違いない美味しさです。はい。




f0213292_14380490.jpg
お刺身も好みのものをお鮨のように出してくださいます。〆鯖、鰹、雲丹、かわはぎ を頂きました。




f0213292_14381502.jpg
他にもいろいろと食べたのですが、写真は神戸牛のランプ肉。網焼きでお肉本来の味が良くわかりました。




f0213292_14382442.jpg
釜焚きご飯は穴子と牛蒡。

牛蒡のささがきは透けるくらい薄かったです。真似したいけど真似できないかも。




f0213292_14383781.jpg
そしてその翌日は、神戸の友人3人をお連れして、姫路の奥座敷、塩田温泉に行ってきました。

折よく雪景色で、姫路在住の私ですら非日常、小旅行気分を楽しめました。夢乃井旅館の日帰り温泉に入ってきました。








f0213292_14392462.jpg
そしてその後、ディープな焼肉屋さん「ホルモン竜」へ。

こちらでは、ご主人手切りの厚切りの国産牛タンがいただけます。6人で、銘々自分のお肉担当制で焼きました。


f0213292_14400439.jpg
夢乃井旅館からの眺め。露天風呂が最高でした。

館内のレストランで食べるランチは、夢前のお野菜バイキング付きで大満足。また行きたいです。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-02-12 19:04 | *Living | Trackback | Comments(0)

Apple Watch4

f0213292_14523112.jpg
シリーズ4から完全防水になったというので、かねてから欲しかったアップルウォッチをついに買いました!

在庫薄と聞いていたのですが、たまたま立ち寄った店舗に各タイプ揃っていたので、これを逃してはいけない~と即決しました。





f0213292_14520285.jpg
心躍るオレンジの箱。

いつも中国人とお得意様で混んでいるイメージのエルメスですが、この日は他にお客様がいらっしゃらず、直ぐに接客して頂けました。





f0213292_14525426.jpg
箱から出して、電源入れるとすぐ、iphoneとベアリングが始まります。表示に従って、ものの5分とかからず設定終了。

オレンジのシリコンバンドは、付属品でついていました。





f0213292_16391539.jpeg
二重巻のベルトの茶色にしました。

当初、ネイビーにするつもりだったのですが、店頭サンプルの茶色がとても良い感じの飴色で、経年変化が楽しめるというので、こちらにしました。

サイズは40mmです。




f0213292_14534304.jpg
くるっとひっくり返したところ。

しっかりフィットするので、装着に違和感は全くありません。節電のため、手首の角度が変わると液晶画面に時計が現れます。

エルメスの利点は、この洒落乙ベルトだけではなく、液晶画面がサファイヤガラスで、ケースもアルミではなくステンレスで強化度の高いところです。


電話や、ライン通知の機能は直ぐに便利に使えたのですが、今後はsuicaアプリを入れて、改札をさっと通ってみたいです。apple payも駆使するぞ~。

f0213292_14511133.jpg
エルメスのあとは、「順徳」さんにミル貝を食べに来ました。




f0213292_14511856.jpg
混ぜ混ぜしたところ。

ミル貝も美味しいですが、たっぷりの白髪葱も嬉しい。



f0213292_14513104.jpg
具沢山の春巻き。「何が入ってるんだろう~~、筍、豚肉、海老に牛蒡、、、」と確かめながら写真の6つの内4つ食べました。

トマトとパセリも食べました。





f0213292_14513887.jpg
〆は葱ラーメンの大です。

12時10分に入店したのですが、「予約があるので12時50分に空けてもらいたい」とお店の人に言われ、了承しました。

二人で上記のお料理と、ビール2本を飲んで、12時50分ちょうどに退席しました。

年末から、ずっと食べたかった中華が食べられて満足です。





f0213292_14535697.jpg
しつこくアップルウォッチ。

「写真」アイコンを押すと、photoあぷりでお気に入り登録していた銀ちゃんの写真が出てきました。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-01-21 15:35 | *Diary | Trackback | Comments(0)

初詣

f0213292_17261447.jpg
初詣は毎年、元日に決まった神社に行くのですが、2日以降もお散歩がてら行ったりします。

今年は2日に、羽生結弦さんで有名な弓弦羽神社に行きました。


f0213292_17274385.jpg
手水場の隣に、ワンコの水飲み場がありました。
ウェルカムなようなので、今度銀ちゃんも連れて来よう。


f0213292_17291160.jpg
そしてお昼は、神社近くののお鮨やさんへ。

お正月の2日から開いてるお鮨やさん〜?と半信半疑でしたが、ここがめちゃくちゃに美味しかった!御見逸れしました。

夜に、病院の当直を控えていたので、ビールをほんの少しだけ。


f0213292_17314505.jpg
夜は、御節の残りと、雲子のお鍋を食べて、お水を飲んで、初仕事に行きました。

211人の患者さん。100人くらいがインフルエンザでした。



f0213292_17325560.jpg
ほぼ徹夜明けの翌日は、母とデパートにお買い物へ。

母の誕生日プレゼントのお洋服を一緒に選びました。

お好み焼きが食べたくて、お昼ご飯にきゃべつさんに行きました。
周囲は皆さん、ステーキをお召し上がりでした。

f0213292_17360316.jpg
週末は、卒乳した親友と、久しぶりに一緒にお酒を飲みました。

3歳のお兄ちゃんは、器用に「カンパイ、カンパイ」とグラスを全員にカチ、カチ合わせてくれました。
将来有望です。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-01-06 17:26 | *Diary | Trackback | Comments(0)

年末の大フィル「第九」とラルッチョラ

f0213292_10425140.jpg
明けましておめでとうございます。
2019年が始まりましたが、元日からちょっとどんくさいことばかりしています。
気を引き締めていきたいと思っています。

すでに去年の話題ですが、年末の事から書きたいと思います。

今年も、ではなくて去年も、年末の第九を聴きに行くことが出来ました。
毎年、仕事やら仕事やらで慌ただしくしているので、無事にホールに来られるのがとても嬉しいです。


f0213292_10463215.jpg
しかもお席はどセンター。

年末らしい華やかな装いの人々が会場を埋め尽くし、熱気に胸が高鳴ります。
f0213292_10484058.jpg
果たして演奏は、とてもとても素晴らしかったです。

第九ともなると、名盤CDの演奏が耳に焼き付いてしまっていて、生演奏だとむしろ音がバラついて聴こえたり、聴きなれない私レベルだと違和感を覚えてしまったりするのですが、そのライブ感も含めてブラボーでした。

いつもの2曲分に匹敵する演奏でした。


f0213292_10513952.jpg
演奏会後は、とても楽しみにしていたレストラン、ラルッチョラへ。

f0213292_10524144.jpg
※HPより引用。

わーお、シェフがめちゃくちゃイケメンではないですか。
テーブル席で10人だったのですが、カウンターで見つめたかった!笑

f0213292_10541002.jpg
キャビアから始まるコース料理。
もちろんシャンパンで。

なんと、このお店のソムリエ(これまたイケメン)
は、姫路に縁があるということで、お話を伺っていたらお祖父様が人間国宝のあの方でした!私の高校の大先輩でもあります。
お会い出来て光栄でした。


f0213292_10581104.jpg
バルサミコ酢で締めたきずしと、皮剥、水牛モッツァレラに、熟成生ハム。

f0213292_12290263.jpg
カニのサラダ。白ワインと。


f0213292_12292440.jpg
近江牛のボロネーゼとホワイトソースのグラタン。赤白ワインと。笑


f0213292_12304724.jpg
手打ちのタリオリーニに、トリュフのパスタが出て、メインは近江牛のグリルでした。

f0213292_12314135.jpg
デザートのチーズケーキも、とても美味しかったです。

遠いけれど再訪を誓ったお店でした!



f0213292_12324005.jpg
お花の写真も。

今年の万年青は七五三の豪華バージョン。


f0213292_12341637.jpg
盛り花。


f0213292_16585534.jpg
30.31日は買い物や、用事で出たり入ったりしながら、御節らしきもの、も作りました。

そして大晦日は、河豚をたくさん食べて、幸せな年越しでございました。


人気ブログランキング
by fm_k | 2019-01-02 17:01 | *Diary | Trackback | Comments(0)

大フィル9月の定期演奏会とシャンパン食堂

f0213292_15265570.jpg
9月の大フィル定期演奏会にお誘い頂きました。

今回はハイドンの交響曲第82番「熊」に、パウエルのホルン協奏曲、プロコフィエフの交響曲第5番でした。

ホルン奏者では世界随一と言われるラデク・バボラークさんの演奏で、さすがに素晴らしい音色でした。

アンコール曲は、ブラームスの「トランペットまたはホルンのための練習曲3番」でしたが、情感たっぷりの、景色が浮かび上がるような演奏でした。

プロコは、金管楽器が鳴り響いて、ピアノとハープがほぼ聞こえず。ミキシングしてあるCDとの聞こえ方の差に愕然としました。まあ、それも生オケの醍醐味?






f0213292_15270653.jpg
演奏会の後は、北新地「シャンパン食堂」に。

バイオリンのRさんのお誕生日祝いででっかいシャンパンです。このあとHENRIOTの2008年、2006年と開けました。



f0213292_15272536.jpg
前菜盛り合わせ(写真ナシ)のあと、こちらの名物のムール貝のシャンパン蒸しを。


ムール貝の食べ方は、2つ目からは、食べたあとの貝殻で挟んで開けるのがおしゃれな食べ方と教わりました。


f0213292_15272798.jpg
デザートではなく、フォアグラのなんとやら。一皿を4人でシェアして食べました。




f0213292_15272983.jpg
こちらは鴨肉。

総勢9名で行ったのですが、仲良しメンバーなので遠慮なくシェアできます。

どのお料理も美味しかった~。

先日からのシアトルカップ、ピアノの発表会、仕事の連続勤務の後だったので、ハイテンションにピアノの発表会の事を話し続けてしまいました。



f0213292_16010625.jpg
その翌々日、姫路城での観月会。

中秋の名月は雲間に隠れたお月見になりました。



f0213292_16110587.jpg
今年はお弁当の写真が撮れました。去年は作るのに必死すぎて写真の1枚もなかった。


10人で食べるので詰め詰めです。



f0213292_16112019.jpg
お月見うさぎ。型で抜きました。

かわゆい。





f0213292_16114278.jpg
スパークリングワイン、ビール、日本酒各種持ち込みです。

地酒の販売コーナーはいつも長蛇の列!

銀河も夜の姫路城を嬉しそうに走っていました。




f0213292_16150691.jpg
いつも大フィルにお誘い頂く正会員Sさんのご親戚(姪御さん)の、月組ジェンヌ、摩耶裕ちゃん。

先日の宝塚チャンネルでインタビューされていたのを、慌ててスマホで撮り、Sさんに送りました。

エリザベート、今日が千秋楽ですね。

宝塚の公演は、1995年の震災以降、キャンセルされることが無かったそうなのに、9月は、台風の影響で2度も、午後の公演がキャンセルになりました。

30日の午前の貸し切り公演に行かれていた方から、朝から、午後の部のお客様が押し寄せ、「空いている席を譲ってくださいませんか?」と詰め寄られたとお聞きしました。
空き席も目立った貸し切り公演、午後の方が入られたら良かったのに、、とお気の毒です。




人気ブログランキング
by fm_k | 2018-10-02 10:36 | *Diary | Trackback | Comments(0)

6月の大フィル定期公演と芦屋フレンチ北じま

f0213292_11495783.jpg
4月、5月に引き続き、6月の大フィルにも行ってきました。

土曜日夕方の公演だったので満席でしたが、ボックス席に招待頂き、良い音響で楽しめました。

昨日の銀ちゃんに負けず、私も美容院に行ってきました。写真は美容院後のランチ。フレンチ北じまさんです。

スペシャルメニューから、アミューズ3種類。

手前のココットの、千葉県産蛤とポルチーニ茸のオーブン焼きが美味しかったです。










f0213292_11500955.jpg
*三陸産活鮑と野菜のサラダ、イタリア産フレッシュサマートリュフ。

トリュフなんて食べ慣れないので、味がわからなかった。(笑)サマートリュフは味も香りも軽いのかもしれません。

お野菜がすべて起立していました。どうやったらこんなにきれいに盛れるんだろう。








f0213292_11533470.jpg
*活オマール海老のロースト。

欲張ってスペシャルメニューにしたものの、食べきれなかったらどうしよう、と心配だったのですが、杞憂でした。

厳選素材を少しづつ、だったのでお代わりが欲しいくらいでした。







f0213292_15241968.jpeg
*北海道産いけだ牛フィレ肉のポアレ トリュフソース。

「牛フィレ肉の真ん中の美味しいところだけを切り出しました」、との事です。端っこのお肉もきっと美味しかっただろうな。

岡山県産の原木椎茸かけ流し?の椎茸が松茸よりもトリュフよりもおいしかったです。







f0213292_11535296.jpg
 
大フィルの公演、モーツアルトのピアノ協奏曲22番と、ロシアの作曲家・リムスキー=コルサコフのシェエラザードでした。

ピアノはフランス人のアンヌ:ケフェレックさん。

モーツアルトの後、アンコールでヘンデルのメヌエット ト短調(ケンプ編曲)を弾かれたのですが、同じピアノとは思えないくらい、音の感じが違って、鳥肌が立ちました。

モーツアルトは美しく、夢み心地のまま天上の世界に昇れそうでしたが、シェエラザードは力強く、一気にアラビアンナイトの世界。

こんなに落差のある組み合わせって何?!と思っていたら、演目は、大抵は客演指揮者の指定 だそうです。

そんな話をしていたら、直後に北新地でばったり指揮者のヤデルさんに遭遇しました。





f0213292_11541236.jpg
おまけ。

母の友人に、お着物一式をいただきました。若い頃に作ったまま、着ていないそう。

青海波模様の付け下げなので、来年のお正月に着ようと思います。







人気ブログランキング
by fm_k | 2018-06-29 16:14 | *Living | Trackback | Comments(0)

銀河の初トリミングと鷺風さんのランチ

f0213292_11545700.jpg
銀河が家に来てから1か月が経ちました。

顔周りと、爪の周りの毛が伸びてきたので、銀河を買ったペットショップで、トリミングをお願いしました。

2時間のお預け中に、母と鷺風にランチに行きました。

出てきた順番は違いますが、写真は八寸。笹の葉が、七夕を感じさせます。

お盆の中の一番上は、蛸の柔らか煮。外のスプーンは、酸味の効いたトマトのジュレでした。






f0213292_11551193.jpg
先付(枝豆の冷製茶碗蒸しと、とり貝の白和え)の次に出た、鱸(すずき)のあらと、じゅんさいのおつゆ。

椀留は、オクラを叩いたものだそうですが、ここまで細かく叩くのは職人技ですね。





f0213292_11551954.jpg
加茂茄子と、蓬麩の田楽が出た後、お造り3種盛。

こちらのお店は、お造りそれぞれにあしらいが施されていて、さしみ醤油一辺倒でもなく、料理屋さんに来たなあ、としみじみ嬉しくなります。







f0213292_11553270.jpg
八寸の後は鯛ご飯。

お顔は写しませんでしたが、フレームアウトするのがもったいないほどの美人のお運びさんでした。





f0213292_11553998.jpg
香の物にも細かく包丁が入っていて、普段は一切お漬物の類を食べない私も、美味しく完食です。

食後にプリンとお抹茶、フィナンシェが出ました。

お値打ちランチです。










f0213292_11555907.jpg
さて、銀ちゃん。

1か月ぶりの里帰り?で、どんな反応か楽しみだったのですが、ショーケースの後輩達に熱烈歓迎を受け、ペットショップはワンワン、キャンキャンの大騒ぎ。

銀河自身も、あっちの仔、こっちの仔にご挨拶と走りまわっていました。

そして3か月間、お世話になっていた店員さん達との再会では、千切れんばかりに尻尾を振り、私なんて目じゃなく、甘えまくっていました!







f0213292_11562403.jpg
トリミング後の、すっきり銀河です。

そうそう、トリマーさんと別室に行く際も、しっぽを振って、飼い主を顧みることもなく、さっさと消えていきました。

銀ちゃん、ペットショップに返したろか?と尋ねても、この笑顔です。



人気ブログランキング
by fm_k | 2018-06-28 15:54 | *Living | Trackback | Comments(0)

4月の料理教室とルシャボテで歓送迎会

f0213292_11245898.jpg
4月の料理教室は、春の色とりどりでした。

*若竹のお吸い物
*筍の帆立はさみ揚げ 花衣
*ホタルイカと柑橘のサラダ
*春のお豆と桜海老の炊き込み御飯
*酒粕のムース 日本酒ジュレがけ






f0213292_11251322.jpg
レッスンのレシピではないのですが、蕨と筍の薄皮、厚揚げをさっと炊いたん。

こういう即席のものが、案外美味しかったりします。





f0213292_11252557.jpg
うすいえんどう豆の煮汁ごと炊いたご飯は、お豆の香るまさしく春のご飯。

空豆は湯掻いた後、表面を香ばしく焼いています。


この日は、と~っても忙しくて、レッスンに遅れていき、早退した私でした。(汗)





f0213292_11271015.jpg
職場のスタッフさんに入れ替わりあり、ささやかな歓送迎会を、ルシャボテさんでしました。

ポタージュスープのあとの前菜3種は、エスカルゴ、自家製オイルサーディン、浅利とキヌアのサラダでした。

一つ一つがとても美味しい。お代わりしたいくらい。








f0213292_11271788.jpg

こちらパテもすごく美味しかった。

栗や、無花果が入っていて、1本お持ち帰りしたいくらい。

実は、先日ランチに訪れた際、カウンターの中で作っているのを見ていたので、「あのときのパテだ!」とすぐ分かりましたよ。


f0213292_11272614.jpg
サーモンのタルタル。

キャビアがたっぷり。



f0213292_11283655.jpg
ポークのスパイシーソース。

デザートまで、どれも美味しかったです。


でも最近、外食のご馳走が続いたので、今夜はアジフライにすると決めている私です。









人気ブログランキング
by fm_k | 2018-04-20 12:36 | *Living | Trackback | Comments(0)

すごい人ばかりだったワイン会

f0213292_10125819.jpg
先日、大フィルもご一緒した、音楽愛好家でワイン通のSさんご夫妻とN先生、Sさんの大学時代の、哲学科の同級生でピアノ調律師のMさん、チェロ奏者のNさんと一緒に、グランブルーでワイン会でした。

皆さん、音楽好きなので、話が弾みました。


f0213292_10130535.jpg

安定の美味しいお料理とワインのチョイス。グランブルーの宮崎シェフ、いつもありがとうございます。

途中まで和やかに談笑していたのですが、チェリストのNさんが京芸ご出身というお話から、

「私の習っているピアノの先生も、京芸なんですよ」。と先生のお名前を告げたところ、調律師のMさんも、Nさんも目を丸くして、

「○○先生に習ってるの?!どんなコネがあって?!」とびっくりされてしまったのです。






f0213292_10131258.jpg
スープのあとのお魚料理。

大変美味しゅうございましたけれど、お二人の発言に動揺しまくりの私。

なんでも、私の習っている先生は、業界ではとても有名な先生で、まさか素人を教えるような人ではないというのです。

実はうすうす気付いていました。

私は、4歳から14歳まで、3人のピアノの先生に習ったのですが、今までの先生と、今の先生のレッスンは、全く別次元なのです。

毎回、目から鱗の落ちるような指導で、私は3週間に1回のレッスンが楽しみで仕方がないくらい。

しかも優しく、美しい先生なので、ほとんどファンの感覚でレッスンに通っています。





f0213292_10131922.jpg
もう、すっかりお肉も喉を通らないくらい感激、恐縮しながらも完食したステーキ。

先生もすごい人なのですが、調律師のMさんも、国内有数の調律師さんで、海外の著名なピアニストからも指名が入るような方。

ピアノ話に花が咲きました。


余談ですが後日、Sさん宅に伺ったところ、Sさんご自慢のチェロを触らせて(弾かせて?)頂きました。

弦楽器は初めてだったのですが、難しく、かつ楽しかった!機会があれば、バイオリンも習ってみたいと新たな夢が出来ました。





f0213292_11273298.jpeg
いつもはしつこく葡萄の名前や産地を訊くのに、全く頭に入らなかったワインたち。。

え~っと左から、しっかりした味わいのソービニヨンブラン、ジスクール(赤)、泡立ちが素晴らしかったシャンパン、モンラッシェ(白)です。

ソービニヨンが、はっとするくらい美味しかった。





f0213292_10132771.jpg
そんな古川先生が来月、県立芸術文化センターの神戸女学院ホールで、ラフマニノフのコンサートをチェロの方と一緒になさいます。

レッスン中、先生がお手本を弾いてくださるだけでもウットリ聴き入ってしまうくらいなので、ゆっくりと先生の演奏が聴けるのを、今から本当に楽しみにしています。

お近くの方、ご興味のあられる方は、ぜひ足をお運びください。



人気ブログランキング
by fm_k | 2018-04-19 12:02 | *Diary | Trackback | Comments(0)

ヨットレースと、睦月でお誕生日ディナー

f0213292_10024487.jpg
昨日は曇天の中、クラブレースでした。

霧雨、ときどき大粒の雨が降る中、いやだな~と思いつつ向かったのですが、トリッキーな風を(他の皆さんが)見事制して、なんとなんとの1位でした!!

気分よく帰宅後、夜は懐食・睦月さんで、4月の私の誕生日ディナーを家族で頂きました。




f0213292_10025910.jpg
*前菜 いろいろ。

木の芽田楽の青寄せが翡翠色で、とてもきれいでした。

うすいえんどう豆の葛豆腐も春の色で、目から楽しめます。





f0213292_10030723.jpg
*椀物 えびしんじょう 焼き茄子 じゅんさい。

こればかりはす~ごく慌てて写真を撮るので、白色補正がなってません。







f0213292_10031498.jpg

*お造り5種盛  今の時期の山葵は、辛味が少なく、たっぷりつけて食べられました。





f0213292_10032093.jpg
*山形牛のしゃぶしゃぶ。

胡麻ダレに、ピーナッツが入っていていて香ばしく美味しかったですが、しゃぶしゃぶの出汁のままで、十分おいしいです。



f0213292_10032684.jpg
*強肴 金目鯛。




f0213292_10033327.jpg
*湖鮎と山菜の天ぷら。

肴の中で、鮎が一番好きです。特に小さな鮎が。




f0213292_10033996.jpg
*鯛飯。

お鯛さんの骨でとった出汁で炊き込んであり、旨味の相乗効果でした。

ちょっと面倒そうですが、今度家でもチャレンジしてみます。




f0213292_10034580.jpg
*自家製デザート。水羊羹と、抹茶、安納芋、栗の白玉団子。

ワインをたくさんいただいたので、デザートは「パス」しましたが、「まあ、食べてくださいよ」と勧めてもらって完食しました。

どのお料理も本当に美味しかったです。






f0213292_10035028.jpg
レース後の勝利のVサイン。

風の振れに翻弄された長いレースになった1日。本来ならば疲れますが、疲れもふっとぶ勝利なのでした。




人気ブログランキング
by fm_k | 2018-04-16 11:02 | *Diary | Trackback | Comments(0)