薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
6月の料理教室
at 2018-06-14 10:26
6月の和食のお稽古はお弁当
at 2018-06-07 12:14
ニューフェイスの銀河君
at 2018-05-31 11:57
5月の料理教室と神戸まつりヨ..
at 2018-05-24 12:25
GWのワイン会
at 2018-05-12 10:40
カテゴリ

タグ:lesson ( 161 ) タグの人気記事

4月のお料理教室

f0213292_18442651.jpg
4月の料理教室。ちょっとパーティー風です。

レシピは・・・


f0213292_1845201.jpg
*鯛のさわやか蒸し。
大きな鯛の半身だったのですが、皆で食べる事を考えて切り身にされちゃいました。
ハーブの香りで文字通りのさわやか蒸しです。


f0213292_1847630.jpg
*新緑の頃のサラダ。
このサラダは、ガーリックとパンチェッタと炒めた筍が決め手です。


f0213292_18484623.jpg
*新じゃがのカマンベールチーズ添え。
フォンデュ風で、あつあつ美味しいです。


f0213292_18502647.jpg
*米粉のピザ。
米粉なので、サクサクしています。発酵もないから簡単。


f0213292_1851460.jpg
*米粉の蒸しケーキ。


でした。

アップが遅れてしまって、4月の...といいながらもうすぐ5月!GW8連休、という方も多いのでしょうか。私は暦通りの出勤です。

今日は久しぶりにハーバーから出て、お隣の須磨海岸に行ってきました。
砂浜を走って、モンティは必死でした。



人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_K | 2011-04-29 18:54 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月のお料理教室

f0213292_12505086.jpg
3月のお教室は基本の和食♪でした。


f0213292_12522642.jpg
*大豆の五目煮。
大豆の他に、昆布や人参等色んなお野菜と一緒に煮込みます。
七種類になると「七福煮」というそうです。日本語って雅やかですね〜。

f0213292_1252431.jpg
*豚肉の生姜焼き。
付け合わせのお野菜は厚手のお鍋で蒸し煮にしたものです。
「アッ」という間に出来て、バランスも良いですね。



f0213292_12561931.jpg
*湯葉と菜の花のおひたし。
薄味で、ほんのり甘くて、見た目もキレイで、すっかり気に入ってしまい、自宅でもう何度も作っています。



f0213292_12591217.jpg
*新たまねぎのお味噌汁。
玉葱を厚めに切って、あまり熱を加えないのがミソです(味噌汁だけに)。

にも関わらず、激細に切ってしまったのはワタクシです。。



f0213292_1311657.jpg
*カステラ。

子供の頃に夢中で読んでいた絵本「ぐりとぐら」のお話で、大きなフライパン?でカステラを焼くシーンが好きで好きで。

真っ黄色で、ふんわりやきたてのカステラの絵は、絵本なのに香りまで匂ってくるようでした。
久しぶりに思い出しました。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-03-30 13:18 | *Living | Trackback | Comments(2)

大炉

f0213292_2042671.jpg
さて二月もあと少しですね。

今年の冬は、本当に寒かったですね。
そんな寒い冬にぴったりの、こちらは「大炉」といういつもよりも大きめの「炉」です。

お茶の世界では、表千家、裏千家、武者小路千家という三千家が有名ですが、こちらは裏千家のみに伝わるもので、2月の一番寒い時期に使われます。

まるで囲炉裏のようなこの「大炉」は、見た目もたっぷりしていて、もちろんいつもの小さな「炉」よりも暖かいです。



f0213292_20482197.jpg
備前焼に、お菓子。

余談ですが、こちらの「大炉」は、「逆勝手」のお手前で行います。

普段、右足から入るのに左足から。右膝の前する帛紗捌きも左膝でと、とにかくあべこべで行います。

この逆勝手が、すらすら出来たらかなりの腕前です。

人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-02-25 20:57 | *Living | Trackback | Comments(2)

白ワインの会

f0213292_20101019.jpg
先日、料理の先生のお宅で「白ワインの会」が催されました。

もったいない事に、あまりお酒を召し上がらない先生のご家庭。
到来物のワインを私たち「酒飲み生徒」で一緒に戴こう、という素敵な催しです。

白ワインに合うお料理、、、と考えた結果、季節にもぴったりの「河豚」を取り寄せていただきました。


f0213292_2014490.jpg
しかしさすがに「料理教室」。この日も先生はたくさんのお惣菜を用意してくださいました。
私も補佐役。主にお味見ですが。。

左のサラダは、セロリと、おつまみの烏賊の薫製をマヨネーズで和えたもの。食感と味の組み合わせが、クセになりました。そのお隣は「蛸のやわらか煮」。


f0213292_20181618.jpg
*鰆のたたき。


f0213292_20184359.jpg

*烏賊と若布のぬたあえ
*子持ち昆布
*アスパラガスと百合根の白和え


f0213292_20201666.jpg

*鯛の唐揚げ
*トマトとオイルサーディンのイタリアンサラダ


どれもとっても美味しかったです。

特筆すべきは、これら全て(河豚以外)冷蔵庫にあったもので作ったという点。
その手腕も去る事ながら、まるで「ドラえもんのポケット」のような夢の冷蔵庫です。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-02-23 20:23 | *Living | Trackback | Comments(0)

2月の料理教室

f0213292_20471747.jpg
2月のお料理教室。

本日は

*早春のちらし寿司
  牡蠣の佃煮
  鮭でんぶ
*胡麻豆腐のおすいもの
*菜の花と鶏肉の煮物
*バナナケーキ   
       ・・・・でした。


f0213292_2049460.jpg
椎茸の含め煮を具に、鮭でんぶ、錦糸卵、絹さや、牡蠣の佃煮を添えています。

色取り取り!とっても美味しかったですよ。


f0213292_20505197.jpg
「でんぶ」初めて作りました。

鮭を一旦湯通ししてから、フードプロセッサで細かくし、ふんわり甘く味付けをして煎り付けます。

空気を含ませながらぐるぐるぐるぐる、混ぜ続けました。
自家製は優し〜い甘さです。


f0213292_20525912.jpg
牡蠣の佃煮。

思ったよりも簡単に、美味しく出来ました。
牡蠣の美味しいこの季節、作り置きをしても良いかも知れません。


f0213292_20535532.jpg
椀ものは自家製胡麻豆腐で。

作り立ての胡麻豆腐は、もっちり度が格別です。


f0213292_20551017.jpg
煮物は、鶏肉と菜の花。

うっすら薄味で仕上げます。
鶏肉にまぶした片栗粉で、餡仕立てになります。


f0213292_20561445.jpg
デザートは、バナナ・チョコチップケーキ スペシャルバージョン胡桃入り。

今日はなぜだか?!2台も焼きましたね〜〜。うふふ。ね、Aちゃん。遅らばせながらのHappy バレンタインをお過ごしください^^



人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-02-16 20:59 | *Living | Trackback | Comments(0)

一月の料理教室

f0213292_7133282.jpg
1月の料理教室はベトナム料理でした。

お料理の先生が、ご家族でベトナム旅行をされたので、そのお土産の食材をつかっての本格派?ベトナム料理です。


f0213292_713542.jpg
ベトナム料理では外せない「鶏肉のフォー」。
手羽先で鶏ガラスープをとりました。

フォーは、ベトナムでは「素うどん」状態で出てきたものを、テーブルで各自香草やもやし、唐辛子を盛ったり、ライムを搾って好みの味付けにするそうです。


f0213292_7141884.jpg
「クレソンと牛肉のサラダ」。ベトナムの調味料「ヌクマム」でお肉に下味を漬けています。

ヌクマムはいわしのような小魚を発酵させたもので、タイのナンプラーによく似ています。

f0213292_7144542.jpg
「揚げ春巻」。
南北に長いベトナムですが、こちらは南部のお料理だそうです。

ヌクマムをベースに、唐辛子や砂糖、ニンニクで味付けしたヌクチャムでいただきます。

春巻きの皮は、米粉を溶いてクレープ状に焼いたものを天日で干して作ったもので、日本で売っているものよりもかなり小さなサイズ。

ベトナムの家庭では庭先にすのこ?を立てかけてたくさん干してあったそうです。

春巻きの皮の「藁の目」はそこからきているのですね!


f0213292_7151680.jpg
「バナナとタピオカのチャー」。ベトナムコーヒーと。

チャーは、日本でいう「おしるこ」のようなもの?冷やしぜんざいといったおころでしょうか。

ベトナムコーヒーは底にコンデンスミルクが入っていて、溶かしながら好みの甘さに調節します。


香草大好きな私には、アジア料理はたまりません。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-27 11:29 | *Diary | Trackback | Comments(2)

初釜

f0213292_18184979.jpg
先日の初釜のご紹介です。

その年の最初のお茶会。
このブログでも何度か書きましたが、本当に心尽くしの、お目出度いお茶席で、この初釜で毎年「ああ今年も良いお正月だったな〜」、と本当のお正月が迎えられたような、そんな気持ちになります。

写真の兎の絵馬は、先生が年末に行かれた伊勢神宮のものです。



f0213292_18225999.jpg
まず控え室で客同士が顔を合わせて、お軸も拝見し、手水所を通って席入りします。

お手前は炭手前から。
黄色のお香合は可愛らしい兎ちゃんです。


f0213292_18244860.jpg
初釜といっても、練習も兼ねているので私たちは客兼水屋のお手伝いです。

最初にお客さまにお出しする一服。秋から冷凍されていたという「つくばね」が見事でした。


f0213292_18284439.jpg
この日のお客さまは15名。
こうして水屋にお膳を並べて準備します。

温かいものを温かく、美味しく出すのは、懐石料理の基本ですが、、水屋は大変です。


f0213292_18302741.jpg
ごはんは「一文字」によそいます。これが結構むずかしい。
この後、お味噌汁もご飯も2回「おかわり」します。


f0213292_18331266.jpg
お料理がこうして回ってきます。
先生が作ってくださった筑前煮とSさんの黒豆。初釜でこうして頂く料理の美味しいことったらありません。


f0213292_1835227.jpg
くわい。(芽が出るかしら。)

f0213292_18352447.jpg
椎茸の含め煮。


f0213292_183612100.jpg
僭越ながら、ローストビーフは私作です。
水屋やお運びを手伝うため、「お詰め」に座っていたので、料理が最後のほうであんまり写真が美しくなく、スミマセン。


f0213292_1853992.jpg
心尽くしの椀もの。



f0213292_18374529.jpg
こちらは湯葉の炊いたん。


f0213292_18382067.jpg
最後にお漬け物が回ってきます。
取り箸の先が留め節になっているのが分かりますでしょうか。
「これで留め=最後ですよ」の合図。


f0213292_18393923.jpg
あられ(本来はおこげ)入りのお白湯が回ってきます。
先ほどのお漬け物と一緒に、お茶漬けにしてお茶碗を綺麗にして頂きます。最後に懐紙で何もかもを清めます。禅寺と同じ要領ですね。



f0213292_18433624.jpg
お料理をいただいている内に、炭もおこってお湯が沸いてきます。
そこからお濃茶。

お正月の主菓子は「花びら餅」。真ん中に炊いた牛蒡が挟んであります。


f0213292_18453946.jpg
初釜だけは、金と銀の塗りのお茶碗でいただきます。


f0213292_1847039.jpg
お干菓子をいただいて、あとは銘々にお薄を点てていただきます。
この頃になると、すっかり和んで生徒同士、先生を囲んで色々と話が弾みます。(足もすっかりしびれが切れるころです)。


f0213292_18484224.jpg
皆さんありがとうございました。今年も一年、宜しくお願いいたします。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-15 18:50 | *Living | Trackback | Comments(2)

クリスマスのお茶席

f0213292_1434950.jpg
先日のお茶のお稽古の際の写真です。

普通のお薄のお手前だったのですが、クリスマスを意識したお道具使いが可愛らしかったので、ご紹介です。

お茶碗は意外や意外、備前焼で、金重有邦さんの作。

f0213292_14353958.jpg
お茶入れは、実はワイングラスなのですが、蓋を合わせて立派なお茶いれに変身です。

茶道というと、とっても和式で古式ゆかしいイメージがあられる方も多いと思うのですが、意外と遊び心溢れていて、楽しいものなんです。


f0213292_1438738.jpg
こちらの香合は以前ご紹介した塁巣さんの作で、古帛紗はペルシア綿で、上田晶子さんの手によるものです。


f0213292_14415360.jpg
お菓子器はギリシャのガラス。
祇園に器とフランス料理のお店があり、そちらでお茶の先生が求められたそうです。
京都には、面白いお店がたくさんあって飽きませんね。


f0213292_1444036.jpg
花入れは、永楽妙全作 紫交趾(むらさきこうし)です。


f0213292_14444728.jpg
扇子の字は「荒川豊蔵」さん。人間国宝です。



人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2010-12-21 14:45 | *Living | Trackback | Comments(0)

12月の料理教室 お節

f0213292_7563267.jpg
いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。12月のお料理教室は「お節料理」です。

f0213292_7564464.jpg
一の重。
*黒豆
*数の子
*田作り
*たたきごぼう
*昆布巻き
*鮭のかぶら寿司

f0213292_7565335.jpg
二の重。
*鴨ロース
*いか松かさ
*鰆・鮭の西京焼き
*擬製豆腐
*牛肉の八幡巻き
*紅白なます


f0213292_757244.jpg
三の重
*お煮しめ
 鶏のつくね
 里芋
 蓮根
 にんじん
 こんにゃく
 椎茸


でした。他に林檎かんも作りましたが入りきらずにデザートに。

毎年、お節は先生のお宅で集まって皆で作っていたのですが、今年は先生が旅行のため、生徒は個々に作ることになり、その予行演習も兼ねたお稽古でした。

一人用のお重に詰めましたが、本番?では大きなお重に詰めるつもりです。


f0213292_7571339.jpg
先生のお宅のクリスマスツリー。

そうだそうだ、お正月の前にクリスマスがあるんだった。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2010-12-18 13:21 | *Living | Trackback | Comments(0)

おべんとう

f0213292_7572150.jpg
先日、お料理の先生からお弁当の差し入れがありました。

*鰤の西京焼き
*里芋の白煮
*松風
*ほうれん草となめこ茸のお浸し
*大根と蓮根、人参の酢の物
*牛肉と牛蒡きんぴら
*黒豆

*かりかり小梅とゆかりの混ぜご飯
*柚子寒
*果物


・・・でした。(先生、違ってたらコメントください。)


どれも薄味ながら、滋味深いおかずで、とってもとっても美味しかったです。

やっぱり料理は愛情なんですね。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2010-12-10 18:00 | *Living | Trackback | Comments(0)