薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:lesson ( 157 ) タグの人気記事

4月の料理教室とルシャボテで歓送迎会

f0213292_11245898.jpg
4月の料理教室は、春の色とりどりでした。

*若竹のお吸い物
*筍の帆立はさみ揚げ 花衣
*ホタルイカと柑橘のサラダ
*春のお豆と桜海老の炊き込み御飯
*酒粕のムース 日本酒ジュレがけ






f0213292_11251322.jpg
レッスンのレシピではないのですが、蕨と筍の薄皮、厚揚げをさっと炊いたん。

こういう即席のものが、案外美味しかったりします。





f0213292_11252557.jpg
うすいえんどう豆の煮汁ごと炊いたご飯は、お豆の香るまさしく春のご飯。

空豆は湯掻いた後、表面を香ばしく焼いています。


この日は、と~っても忙しくて、レッスンに遅れていき、早退した私でした。(汗)





f0213292_11271015.jpg
職場のスタッフさんに入れ替わりあり、ささやかな歓送迎会を、ルシャボテさんでしました。

ポタージュスープのあとの前菜3種は、エスカルゴ、自家製オイルサーディン、浅利とキヌアのサラダでした。

一つ一つがとても美味しい。お代わりしたいくらい。








f0213292_11271788.jpg

こちらパテもすごく美味しかった。

栗や、無花果が入っていて、1本お持ち帰りしたいくらい。

実は、先日ランチに訪れた際、カウンターの中で作っているのを見ていたので、「あのときのパテだ!」とすぐ分かりましたよ。


f0213292_11272614.jpg
サーモンのタルタル。

キャビアがたっぷり。



f0213292_11283655.jpg
ポークのスパイシーソース。

デザートまで、どれも美味しかったです。


でも最近、外食のご馳走が続いたので、今夜はアジフライにすると決めている私です。









人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-04-20 12:36 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月の料理料理教室

f0213292_09491997.jpg
3月の料理教室は、春野菜たくさんのメニューでした。

*肉だんごと浅利のスープ
*じゃがいものお焼き
*お粥
*昆布のつくだに
*筍餅

スープは、調味料いらずで、鶏肉や浅利、春キャベツから優しいお出汁が出ていました。

じゃがいものお焼きも、ピーマン、人参、アミエビ等の具沢山です。

帰宅後おさらいしましたが、春キャベツの高いことといったら。。野菜高騰、落ち着いてほしいです。





f0213292_09495161.jpg
生米から炊いたお粥と、出汁を取ったあとのお昆布でつくだに。

昆布は、お教室で「昆布革命」という細切り昆布を使っていて、同じものを分けてもらって家でも使っています。

昆布水の出汁をとったあと、そのままひじき等に使ったり、佃煮にしたり出来るので便利です。







f0213292_09500580.jpg
旬の筍を使った筍餅、と言いたいところですが、未だ早すぎて水煮缶で作りました。

筍、大好きなので、出てくるのが楽しみです。




f0213292_09502263.jpg
リニューアルしたスーパーの入口で、いつもきれいな小さな花束が並んでいて、見ると買わずにいられません。

先週末、買ったときにはつぼみ固しでしたが、暖かだった昨日の朝、開花していました。




f0213292_09503020.jpg
こちらはいただきものの富士山クッキー。桜味。

紫外線が強いので、ヘリオケア(飲む日焼け止め)飲み始めました。

忙しいときや、疲れたときに、アスタケア(アスタキサンチン)も飲んでいますが、両方共にビタミンDが入っているので、一緒に飲まないようにしています。





f0213292_09504973.jpg
弾きたい曲がたくさんあって困ります。

ショパンのワルツ6.7.10番と3曲続けて弾きましたが、相変わらずペダルのタイミング悪く、左手のワルツのリズムもきれいに弾けません。

苦手ついでに、次は1番を練習しようと思います。







人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-03-15 11:38 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

3月の和食のお稽古

f0213292_16295166.jpg
3月の和食のお料理教室に行ってきました。

2月は点心で品数が多かったのですが、今回は、ほっとするメニューでした。






f0213292_16300344.jpg
*うるいと蕨と苺の白和え

滑らかで美味しい白和え衣でした。苺を入れるって斬新!と思ったのですが、彩りもきれいで、甘酢っぱくアクセントになっていました。





f0213292_16301036.jpg
*ほたるいかと菜の花の春巻き。

色白なのは、私はIHの温度設定を間違えたからです。犯人は私です。山椒塩をそえて。







f0213292_16301809.jpg
*葉山葵の醤油漬け。







f0213292_16302669.jpg
*生しらすと若ごぼうの炊き込みごはん。

大阪の八尾原産の若ごぼう。たぶん初めて食べました。根のひげを除き、葉と茎、根の部分全部食べられるそうです。





f0213292_16303231.jpg
*えびとうすいえんどう豆卵寄せ 生のりあん

車海老をブランデーでアメリケーヌソースにしたもので、卵にこくをだしています。

生あおさのりの翡翠色が美しく仕上がりました。

お稽古当日の夜、この卵寄せ以外の全ての品を復習しました。





f0213292_16304094.jpg
*空豆いりわらび餅

本わらび粉を使った、贅沢なお菓子です。空豆が入っていて、割るときれいでした。




f0213292_16304678.jpg
現在、発売中のエルマガジン社「京阪神 和食の店」の中で、先生が「本湖月」さんを紹介なさっています。

他にも、先生が「和食のマナー」も監修されていて、とても読み応えのある本でした。





人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-03-08 17:12 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

お雛様のお茶会

f0213292_11093463.jpg
先日、社中のMさんの茶名披露件、お雛様のお茶会があり、お水やお手伝いさせていただきました。

床の間のお軸は、夏目漱石が師事したという、宗演和尚の書で「説法獅子吠」。Mさんのお家はお寺さんです。



f0213292_10544357.jpg
ちらし寿司、白味噌椀、和え物の点心をお出ししました。

17名のお客様だったので、水屋は結構忙しかったです。





f0213292_10545733.jpg
盛り付けも、ちょっとバラバラ。(笑)

お水やで盛り付けて、エプロンを外し、涼しい顔でお運びします。






f0213292_10550776.jpg
私は、蛍烏賊、独活、分葱の和え物をご用意しました。

前日に、蛍烏賊の目と嘴を取っておき、玉味噌を作り、当日の朝、木の芽をすって玉味噌と合わせて木の芽味噌を作り、蛍烏賊に和えます。

拍子に切った独活と、塩ゆでした分葱と蛍烏賊を杉盛にし、その上から、これまた朝に20分かけて作った黄味酢と、ぶぶあられをかけて出来上がりです。

手間暇かけた甲斐があって、水やでもお茶席でも「きれい!」「おいしい!」と喜んでいただけました。






f0213292_10552329.jpg
のし梅。





f0213292_10553855.jpg
預け鉢の「蕗の薹のてんぷら」はブルーチーズを鋳込んで、大徳寺納豆をのせています。

お茶の先生のお庭で採れたもので、預かっておいて、あとは揚げるだけ、状態にして持っていきました。

揚げると花が咲くお素麺は、京都出身のMさんが買ってきてくださいました。
5色ぶぶあられと一緒に、錦のお店で。やっぱり京都はなんでも揃いますね。

写真は撮れなかったのですが、Sさんが作ってきてくれた「豚の角煮」も預け鉢で。そちらも美味しく、大好評でした。







f0213292_11123423.jpg
お運びの合間に、カメラ(ウー)マンとしてお茶室で皆さんの写真を撮っていたら、お客様が撮ってくださいました。

立派な7段飾りのお雛様ですが、待合にも、Mさんのお母さまがお生まれになった際、おばあ様が買われたという82年物!のお雛様が飾られていました。

子どもの頃、真っ白なお雛様の顔が苦手でしたが、こうしてみると愛らしく、美しいです。




f0213292_11250392.jpg
主菓子は、末富さんのひっちぎり。

お菓子とお茶が出るころは、娘さんのMちゃんと一緒に水屋で洗いものに忙しく、全て終わってから、水屋メンバーとご家族一緒にゆっくりと頂きました。

Mさんと、息子さんのT君が代わる代わるお茶を点ててくれました。



f0213292_11244423.jpg
Mさんから、お礼にと、お懐紙と山田松さんの掛け香を頂きました。それはそれは良い匂いがします。

とっても充足感のある、一日でした。

Mさん、皆さんありがとうございました。









人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-03-06 17:07 | *Living | Trackback | Comments(0)

お雛様のお膳

f0213292_15004273.jpg
2月の和食のお稽古は、お雛様のお膳でした。いつもにも増して、可愛らしい器です。

九谷焼の絵皿に、梅のお椀は越前塗とのことで、いずれも先生のお母さまのものだそうです。

はまぐりの箸置きだけ、先生が買われたそうですが、私も同じの欲しいです。





f0213292_15004936.jpg
*ひいなのちらし寿司

*菜の花の木の芽ゼリーがけ

帰宅後、菜の花の木の芽ゼリーがけを作りたかったのに、木の芽が売っていませんでした。柚子で代用しました。







f0213292_15010072.jpg
*蛤真丈のお吸い物

3人で交代しながら、しんじょをすりました。
椀づまは梅人参、こごみ、吸い口は木の芽です。





f0213292_15011540.jpg
ちらし寿司には、椎茸旨煮と蕗の青煮が入り、錦糸卵、穴子、車海老、帆立貝柱の昆布〆がのっています。

家ではこんなにゴージャスに出来ませんが、海鮮がなくても充分美味しいおすしでした。







f0213292_15012461.jpg
ひっちぎり(お餅をひっ千切った形から)の3色の器は、ひな祭り専用で。




f0213292_15013120.jpg
*牛肉独活巻(緑)

*白魚の紫蘇香煎揚げ

*麩嘉手毬麩

器に乗らない分は、大皿で取り分けていただきました。





f0213292_15013828.jpg
*苺浮島ロール

生徒さんの中に、お菓子の先生がいらして、ほぼその方が担当してくださいました。


お教室は、毎回8~10名くらいの生徒さんとご一緒するのですが、今回は初対面の方が多く、試食時の会話もあまり弾まなかったせいか、先生が気を遣って私に話を振ってくださるのですが、どうにも上手にトークが出来ず、反省しながら帰りました。。

ひな壇芸人の気持ちがわかりました。(笑)







f0213292_15020544.jpg
そして先週末、2018年度 第二回(全二回)のゴルフコンペに行ってきました。

今回は六甲国際ゴルフ倶楽部。

広々としていて、グリーンも大きくて、とても気持ちよくプレーできました。

今回はいつものお笑いコンビではなく、優勝候補で幹事でヨットでも大御所のUさんと同組とあり、前日緊張でよく寝られない程だったのですが、とても親切に教えて戴き、特にパットは飛躍的にスコア改善できました!

ゴルフも楽しい~。♪



人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-02-22 15:31 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

節分のお料理

f0213292_12114574.jpg
今日は節分。
先日の1月の和食のお稽古は、節分のお料理でした。

*鰯の卯の花和え
*ロマネスコの胡麻味噌和え
*ふきのとうチーズ鋳込み揚げ
*鯛のかぶら蒸し
*おこわ
*黒胡麻汁粉




f0213292_12120176.jpg
酢で〆た鰯を、卯の花ときんかんで和えています。

日本料理ではゲンを担いで、空(から)を連想するおからとはいわず、卯の花と呼ぶそうですが、もともとは「卯の花」は2月に限定した呼び名だったそうです。
ヒイラギも飾って、節分にぴったりの一品になりました。



f0213292_12122460.jpg
ロマネスコを、お雑煮で使った白味噌と胡麻衣で和えました。

お芋や、鶏肉でも美味しそうです。



f0213292_12140893.jpeg
先生が捌いてくださった、大きな鯛を、昆布を敷いて酒蒸しにして、蕪蒸しにします。



f0213292_12124135.jpg
蕪蒸しは、しっかりと卵白を泡立てることがコツだそうです。

冬のごちそうです。




f0213292_12123251.jpg
おこわ。

各自、食べられるだけ包んでくださいね、と言われ、もりもりに包んだ私のおこわ。



f0213292_12125270.jpg
黒胡麻とココナツミルクのお汁粉。

白玉団子を練ったのですが「先生、真ん丸にしますか?赤血球型(くぼみあり)にしますか?」と聞いて、

「赤血球型っていうの?」と驚かれました。



人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-02-03 12:58 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

ヨットクラブゴルフコンペとインスタピアノ同好会

f0213292_10280714.jpg
週明けから大寒波が訪れていますが、先週末は陽気の中、ヨットクラブの非公式ゴルフコンペでした。

毎年、ヨットレースのない1月、2月に有志で集まっています。毎年人数も増えて、22名5組でのプレイです。

万年ゴルフ初心者の私も、お仲間に入れてもらって、楽しくラウンドさせてもらいました。







f0213292_10285823.jpg
今回は、とりわけ仲良しのメンバーだったので、ラウンド中ずっと笑ってました。

ラウンド後の表彰式とアフターパーティー。レースとやっている事は変わりません。

来月は、私は行ったことのないゴルフ場なので、伺うのが楽しみです。







f0213292_10475658.jpeg
昨日はピアノのレッスンでした。

いつも、レッスンのあと、先生に指摘された箇所をノートに書き込みます。

子どもの頃にこの熱心さがあれば。。。なんて思いますが、なんでも、大人になってからの習い事は楽しいですね。


インスタグラムに、「インスタピアノ同好会」なるものがあり、会員番号を申請し、1分間のピアノ動画を載せる集いに、初参加しました。

たくさんの人に見てもらえて、練習の励みになります。





f0213292_10315202.jpg
本当に寒いので、毎晩のように鍋です。

豪華そうに見えますが、野菜を切って、お刺身やデパートのお惣菜を並べたクイック料理です。だいたいいつもこんな感じです。

お刺身は、前日の鯛を昆布〆にして、胡麻だれは、自家製なのが、せめてもの救いでしょうか。

初めて、千暮里のおそうざいを買いましたが、自然派をうたっているだけあって、家庭的なお味が美味しかったです。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-01-25 11:40 | *Diary | Trackback | Comments(0)

ルシャボテのランチとおうちご飯

f0213292_10130521.jpg
昨日は、毎年恒例のお味噌作り(仕込み)で、朝から、料理の先生のご自宅集合でした。

私は、朝イチで通っている整体に行き、そのままお味噌へ。そのあと、皆さんをお誘いして、先週から3度目のルシャボテへ。(笑)

メイン料理が選べるので、3回目でも新鮮です。

北海道エゾ鹿のステーキは、くせがなく美味しいと、お教室メンバーにも好評でした。



f0213292_10131686.jpg
店内にある、一番大きな作品。

今、部屋に飾っている絵がモノクロなので、このくらいカラフルなものに掛け替えたいと思っています。





f0213292_10132546.jpg
満腹でデザートが食べられなかったので、焼きたてのカヌレをお持ち帰りしました。

大き目ですが、中がほぼ空洞で、しっとりしていて、甘いものがさほど得意でない私でも、難なく食べきれました。






f0213292_10133660.jpg
ランチの後は、週末のコンペに向けて(付け焼刃的)ゴルフの練習へ。

整体で、肩をほぐしてもらったことを良いことに、重たいクラブを振りまくり、帰宅する頃にはすでに傷んでいました。

雨だったのでモンティの散歩には行かず、youtubeでイメトレ万全にしてから、部屋でこってりとピアノを弾いたあと、ラジオ英会話を聞きながら夕食を作りました。


*酢牡蠣
*白子ポン酢
*母が前日に焼いていたローストビーフ

ワインはケンダルジャクソンのカベルネです。白子に全く合いませんが、お昼にエゾ鹿と一緒に飲めなかったので、時間差ワインです。







f0213292_10134589.jpg
そして、テレビで、酒粕が肌のコラーゲンを増やす!との情報を得たので、肌のハリツヤ問題が深刻な身としては、さっそく粕汁を作りました。

去年仕込んだお味噌も、少し入れました。

たくさん、やりたいことはすべてした休日でした。







人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-01-18 11:36 | *Living | Trackback | Comments(0)

春財布とお気に入りのランチ

f0213292_15280308.jpg
長年使っていたお財布が、なんだかよれっとしてきたので、一念発起してお財布を新調しました。

春(張る)財布といって、お正月や新春におろすのが良いのは知っていましたが、さらに12日おきに巡ってくる「寅の日」が吉日と聞き、その日におろしました。

なんでも、虎の黄(金)色と、千里の道を速く走れる虎のように、お金が戻ってくるとか、速く増えるとか。。

お財布一つにいろいろこじ付け過ぎな気もしますが、そのくらいの気概を持って、お財布とお金を大事に考えようということで。





f0213292_15281342.jpg
Epoiというブランドのものです。

近年、ブランド財布がハンドバッグ並みに高価でおいそれと買い替えられないので、いっそのことと、百貨店の国産メーカー品にしました。

外側は黒、内側は鏡のようなシルバーです。

シルバーのカード入れも揃えて、お財布内をすっきりとさせました。気分爽快です。







f0213292_15283623.jpg
年末からず~っと食べたかったルシャボテさんに、十日えびすも過ぎた今日、やっと行けました。

フランス人シェフの作る、フランス家庭料理?といったところでしょうか。ここでしか味わえない味のファンです。







f0213292_15285143.jpg
レンズ豆のコロッケにすだちジャム、ひねどりのリエット、人参ラペ。

チョリソーに至るまでシェフの手作りで、全部美味しい。

翡翠色のすだちジャムも新発見のおいしさでした。そしてお皿も可愛いですよね。




f0213292_15290098.jpg
それもそのはず、シェフのお父様はフランスの画家で、日本でも仕事をしたことがあり、その際に瀬戸で焼いたお皿だそうです。

店内のリトグラフィーも素敵で、彼に「あなたのお父様のお皿や絵はどこかで買える?」と聞いたところ

「焼き物はフランスの工房で作っているけれど、日本では買えない。絵は、クリスティーズで競り落として!」と笑って返されました。

上の本は、お父様の1945~70年代の作品の画集で、見せていただきました。

HPのアドレスも教えていただきました。→☆SCHANA B GALLERY

彼は「父は著名な画家ではないけれど、良い絵描きだ」と謙遜していましたが、きっと相当なアーティストなのでしょう。




f0213292_15290692.jpg
3種類から選べるメイン料理は、鶏肉の野菜巻ロースト、トマトソースにしました。

イタリア料理とも違う、酸味が効いた、かつやわらかな味のトマトソースでした。

仕事の合間のランチだったのであわただしく、シェフのアート談義もそこそこに、デザートも食べられなかった。泣
きっと美味しい事と思います。

次回はディナーに訪れたいです。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-01-12 16:56 | *Diary | Trackback | Comments(0)

12月の和食のお稽古【御節料理】

f0213292_14244967.jpeg
今年最後の和食のお稽古は、もちろん御節料理でした。

こちらのお教室では、去年に続いて2度目の御節。

メープルシロップで煮る田作りや、おろして海老と一緒に揚げた慈姑(くわい)等、一味違ったものを習ってきました。

*メープル田作り
*黒豆蜜煮
*茶ぶりなまこ
*合鴨ワイン煮
*数の子粉鮪まぶし
*慈姑海老
*なます
*甘酒かん
*鰤照り焼き
*百合根卵焼き
*車海老酒塩煮







f0213292_14181195.jpg
*煮しめ
干し椎茸、金時人参、れんこん、海老芋、こんにゃく、結び昆布、絹さや

真昆布と、そうだ節のお出汁で、下煮した具材を一つのお鍋で炊いています。




f0213292_14184270.jpg
麩嘉さんの鶏丸鋳込み干支生麩は、干支の犬の顔!

こちらに大源さんの超特選ぞうに味噌を張ると、まるで犬かき中の犬が顔を出した風情で、初笑いにうってつけです。


f0213292_14185239.jpg
銘々皿に盛っていただきました。

白いご飯も添えていただきましたが、お酒がよかったな~。(笑)

茶ぶりなまこが本当に柔らかくて、感激しました。なまこの下処理はちょっと怖いけれど、がんばって作ろうかな。

なまこだけではなく、他のお料理も作りたてで美味しかったです。

菊琴堂謹製の花弁餅まで頂いて、すっかりお正月終わった気分です。(クリスマスも未だだというのに。)






f0213292_14190990.jpg
京都から取り寄せられる餅花。

淡くて小さな餅花が、儚げで繊細です。




f0213292_14192569.jpg
こちらもお正月らしい盛花。






f0213292_14195320.jpg
レッスンの後に、梅田の阪急百貨店の地下で食材を買いだすつもりでしたが、あまりの人の多さと、そのスピードに着いていけず、早々に退散しました。

大阪の皆さんは、老いも若きもどうしてああも素早いのでしょうか。のろのろしているのは私か、のんびり物見遊山の大陸の方々くらいです。

そんな中、ちゃっかりお目当ての香水が買え、満足して帰ってきました。

年末に、話題のAIスピーカー含め色々と買い物したので、また紹介したいと思います。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-12-21 14:50 | *Lesson | Trackback | Comments(0)