薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月の和食のお稽古と外食

f0213292_11512075.jpg
12月の和食のお稽古は、恒例の御節作りでした。

今年はベーシックなお料理でした。
*田作り
*黒豆
*鶏甲州焼き
*鶏山椒焼き
*鰆黄金焼き
*なます
*ひらめ錦糸巻き
*車海老養老煮
*きんかん蜜煮
*海老とほたての玉子焼き
*昆布巻
*数の子のべっこう漬け
*唐墨大根
*屠蘇かん
*博多のし梅
*煮しめ



f0213292_11515776.jpg
一品ずつ盛りつけたもの。お雑煮は、麩嘉さんの鶏丸入りのお麩に、大源味噌の超特味噌です。







f0213292_11521917.jpg
一品一品縁起が担いであり、日本の文化は素晴らしいなと改めて思います。

御節が好きでないという人もたまにいるようですが、私も家族も御節が大好きです。







f0213292_11523026.jpg
*穴子の蒸し寿司。

蒸し寿司は、作り置きを冷凍しておけるので、お正月にあると重宝しそうです。



f0213292_11524715.jpg
*菊嘉堂義信製の花弁餅

すでにお正月気分を満喫しました。

年末の仕事や予定がぎりぎりまであるため、今年の御節は料理屋さんに注文したのですが、作りたい気持ちはあるのです。

来年はいっぱい作ろう。



f0213292_11531119.jpg
さてさてクリスマス会、忘年会シーズンです。

こちらはずっと行きたかった「いわもと」さん。カウンターでご主人と色々とお話しながら美味しい料理が頂けます。

先ずは切子の酒器を選びます。





f0213292_11532114.jpg
色々と食べたのですが、印象深かったとってもきれいなせこ蟹。




f0213292_11533817.jpg
猪とクレソンのお鍋。ご主人自ら切られるので、とても薄くて柔らかくいただけました。

家で、豚肉で真似しました。(笑)

土鍋で炊いた、鶏肉ときのこのご飯がとても美味しかったです。



f0213292_11543212.jpg
こちらは別の日、大好きなきゃべつさんのせこ蟹。

盛り付けは違いますが、どちらも美味しかったです。



f0213292_11544950.jpg
そういえば「いわもと」さんでもいただいた〆鯖。

いわもとさんもまろやかなお酢でしたが、こちらは「半殺し」らしく半生でした。家で作るとどうしても酢が立ってしまうので、勉強になりました。



f0213292_11545921.jpg
今年も「若松」なんとか入りました。

一日飾りになりますが、万年青とアレンジは29日にいれます。

30日は恒例の「第九」です。




人気ブログランキング
by fm_k | 2018-12-27 13:24 | *Diary | Trackback | Comments(0)

おせち作り

f0213292_16191269.jpg
裏千家のお料理やさんによる料理教室に行ってきました。お茶屋さんで月に一度の開催です。

12月は、おせち料理でした。

作ったのは
*鯛 鳴門巻き
*烏賊雲丹和え
*とりつくね
*焼穴子
*鯛の南蛮漬け
*蛤生雲丹焼き
*花ゆりね
*数の子 叩き牛蒡 ごまめ         です。








f0213292_16192928.jpg
プロの料理人さんの仕事を見学させていただいて、後はそれらを食べるのかなと勝手に想像していたのですが、生穴子の処理から何からなにまで教えていただき、包丁の使い方も、巻きすの巻き方も、一つ一つ丁寧にご指導いただき、すごく勉強になりました。





f0213292_16194190.jpg
私がなかなかうまく巻けなかったまきす。

魚の並べ方にもプロの技があり、単純な作業なのに、まあ何度ダメ出しをされたことか。





f0213292_16195206.jpg
穴子の串うちも、串まわしも、自分達でさせて頂きました。

でも、下手なことをすると瞬時に職人さんによるチェックが入り、やり直しとなります。ひ~~、厳しかった。でも楽しかった。


f0213292_16201312.jpg
そしてお料理は毎回持ち帰りだそうです。温かい椀物のみをその場でいただきます。

この日は椀はなかったので、穴子の蒸し寿司でした。美味しかった。。。

お茶事の出仕事専門のお料理屋さんですので、他所の台所でも調理ができるよう、食材も、調理器具もすべて京都から運んでこられます。

もちろんガスオーブンなんてものはなく、炭と一斗缶のオーブンになるわけです。色々と目から鱗でした。



f0213292_16204741.jpg
今年のクリスマスリース。

上部の黄色いのは、トマトと茄子をかけあわせた野菜 だそうです。ドアの外に吊るしたら、鳥さんに食べられそうなので家の中に飾っています。

あと少しでクリスマスですね。







人気ブログランキング
by fm_k | 2018-12-17 18:10 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

好古園双樹庵でお当番

f0213292_17421909.jpg
先日、姫路城の好古園の中にあるお茶室、双樹庵でお茶のお当番がありました。

先生と、社中6人の合計7人で、78人のお客様にお茶をお出ししました。

f0213292_17495382.jpg
こちらは、好古園に入園されたどなたにもご利用いただけるお茶室ですが、お茶とお菓子をお運びするだけで、お点前はご覧いただけません。

お道具はしっかりと飾ってあるので、拝見は可能です。


f0213292_17500535.jpg
最近は、海外の方も多いので、机とテーブルもご利用いただけます。

皆さん、手前座ではなく、椅子を外側にして、お庭をご覧になりながらお茶を飲まれます。(笑)


f0213292_17502847.jpg
お茶とお菓子。500円です。

この日のお菓子は杵屋さんで、ご銘は山茶花(さざんか)。

練り切りのお菓子は、外国の方は大抵黒文字で切ることが出来ず、苦戦なさった挙句、初めての甘さに衝撃を受けられます。



f0213292_17505460.jpg
お水屋(裏方)でお昼に頂いた鷺風さんのお弁当。大好評でした。





f0213292_17511874.jpg
4時に終わり、好古園内のお庭散策。

雑草いけばな展を展示中の、潮音斎へ。



f0213292_17513216.jpg
池の周りの紅葉が見事でした!

滅多に好古園に来ないのですが、来るといつも感激します。






f0213292_17521538.jpg
雑草いけばな展も素敵でした。こちらは五輪を模した大きな作品。

雨と雨の合間の好天の日だったので、良かったです。


f0213292_17523258.jpg
話題変わって、iphoneケースを買い換えました。

BANDLIERというメーカーのもので、肩からかけられるものです。作りがしっかりしていて、おしゃれなので満足しています。

この日も、好古園散策時は着物の肩から掛けていましたが、違和感なく便利でした。





f0213292_17531341.jpg
おまけの銀河どん。

最近、とみにがっちりしてきて、家では「小結」と呼ばれています。


人気ブログランキング
by fm_k | 2018-12-07 11:29 | *Living | Trackback | Comments(0)