人気ブログランキング |

薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
4月の大フィル定期はマーラー9番
at 2019-04-15 16:08
お花見と4月の料理教室
at 2019-04-12 17:47
3月の懐石お稽古
at 2019-03-29 12:25
3月の睦月のお料理
at 2019-03-28 12:30
WHITEHOUSE芦屋さく..
at 2019-03-27 09:30
カテゴリ

カテゴリ:*Living( 320 )

4月の大フィル定期はマーラー9番

f0213292_10400151.jpg
4月の大フィルの定期演奏会は楽しみにしていたマーラー9番でした。

マーラーの9番というと、特に4楽章は「死」がテーマで、CDでは聞き取れないといわれる微弱な音のハーモニー。
ホールで聴くのがとても楽しみだったのですが、これだけ技術が向上したCDでも、こんなにも違うのか!と驚くほど荘厳で重厚でした。

90分ほどあったのですが、座って聴いている私たちもくたくた、座って弾いている演者もくたくた。

きっと、立って指揮をされた尾高さんが体力的、精神力的にも格段にしんどかったと思います。すごいです。マエストロ。惜しみない拍手が会場から止むのにいつもより時間がかかりました。






f0213292_10402572.jpg
さて、そんなくたくたよれよれのご一行で、新地のシャンパン食堂に繰り出しました。

午前中、お茶のお稽古だったのでそのまま着物で行っていた私は、翌朝早いこともあり、食事はせずに帰るつもりでいたのですが、あんな演奏を聴いたあとでは興奮状態で、とてもまっすぐ帰れやしません。

そしていつも思うのですが、さすが食い倒れの町、大阪のレストランは本当に美味しいお店が多いです。


f0213292_10410472.jpg
春野菜のバーニャカウダサラダ。

フキが美味しかったです。






f0213292_10411170.jpg
毎回オーダーするムール貝。もちろんパンお代わり。

シャンパンのエチケットを撮り忘れましたが、マグナムサイズを2本(7人)オーダーしました~。




f0213292_10411829.jpg
フォアグラのケーキ。

フランボワーズの酸味が効いていて、全くクドさがなく頂けます。



f0213292_10412403.jpg
フランス産鴨肉のロースト。

すごく分厚くて、鴨、堪能!って感じで美味しかったです。




f0213292_10413559.jpg
この辺りで「赤ワインも飲みたいな」というリクエストがあり、シャンパン食堂なのでロゼシャンパンをお願いしました。

遠くから写したので不鮮明ですが、ストラディバリウスという名前のシャンパン。バイオリニストが2人も居たので、ソムリエさんが出してくださいました。


一番右のものをいただきました。







f0213292_10420077.jpg
この日は、祖母の大島の丈をお直ししてもらったものを着ていきました。

「新地で着物なんて、そのまんまやん」。と同行者にひやかされました。






f0213292_10414943.jpg
撮影 ヨットクラブ会長


翌日はきちんと朝早くに起きて、悪天候のなか、ディンギーレースに行きました。

運営当番だったので、会長艇で焼酎のお湯割りを作ってもらって暖を取りながら、レースを見守りました。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-04-15 16:08 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月の懐石お稽古

f0213292_14555115.jpg
懐石料理のお稽古に行ってきました。

今月のお献立は
*向付 さより 叩き木の芽和え
*盛肴  竹の子旨煮空揚げ 
     百合根 竹の子 こんにゃく 木の芽和え
*花見団子 海老丸 鴨団子 抹茶団子
*海老パン
*白魚塩ゆで
*嫁菜土筆胡麻浸し
*ご飯 竹の子御飯 桜葉巻 花牛生姜

写真は、持ち帰って盛ったものです。




f0213292_14562127.jpg
とうふの木の芽田楽を焼いてくださる平先生。

豆腐を切り揃えるところから拝見していたのですが、す~ごく丁寧に、時間をかけて切られていました。

炭火で焼きたての田楽は、ものすごく美味しかったです。






f0213292_14560759.jpg
*椀盛  鱒葛叩き  長ひじき 木の芽 蓬団子

お清しの味付けを担当させていただきました! 椀種のお魚の端っこを崩して、実際の塩味をみながら味を決めました。

この料理教室では、基本的に、細かなレシピの数量はありません。食材や、季節、調味料によって味がかわるので、実際に舌で確かめます。




f0213292_14564000.jpg
写真が前後しましたが、豆腐田楽。

京都の、平野さんという豆腐屋さんの木綿豆腐で、水切りしたものをそのまま頂いたのも、美味しかったです。

平さんいわく「京都の豆腐を食べたら、他所のは食べられません」。はい、そう思います。

f0213292_15242892.jpeg
午後のお稽古では、ゆっくりと食べられず持ち帰るので、きちんと盛ったものを一か月遅れでお写真でくださいます。

2月のお稽古のものを並べてみました。


f0213292_15020376.jpg

見るからに非日常のお料理ですが、魚の扱いや塩の振り方、お浸しの和え方から山葵の盛り付けにいたるまで、こまやかにご指導くださるので、とっても勉強になります。

私にとっては、ディズニーランドよりエキサイティングなお稽古です。




f0213292_14565804.jpg
さて日付かわって、先日、母と、母の好きな土山人にお蕎麦を食べにいきました。

2時までだと思って滑り込んだら、2時半まででした。その上、まだお待ちのお客様がいらっしゃいました。いつも満席です。





f0213292_14570541.jpg
私はすだち蕎麦(温)。母は春の野菜と湯葉のお蕎麦にしました。






f0213292_14571616.jpg
その後、移転したての美容院に、母と銀河と遊びに行きました。

スタッフさん達に愛想を振り舞く銀河。大はしゃぎです。


f0213292_15021598.jpg

淡交社から、平先生の教本も出ています。






人気ブログランキング
by fm_k | 2019-03-29 12:25 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月の睦月のお料理

f0213292_14354612.jpg
とっても慌ただしかった土曜日の夜、家族で睦月さんに行きました。

仕事のトラブル続きで気持ちが落ち着かなかったのですが、美味しい物をたべると安らぎます。

お雛さまなので、白酒も。


f0213292_14365224.jpg
お椀は海老真丈。菱型のお麩もぜんまいも可愛らしいです。


f0213292_14410135.jpg

お造り。 細長い形も、銀彩もどんぴしゃ好みのこの器、今度、どこで買えるか訊こう。


f0213292_14411111.jpg
蒸し物は鮑と筍。 どちらも大大大好きです。





f0213292_14412410.jpg
焼物はステーキ。産地も部位も忘れました。。なんせ心がざわついていたもので。でも美味しかった。


f0213292_14414681.jpg
ご飯はお雛様のちらし寿司。

デザートは持ち帰りに包んで頂きました。

心穏やかに限ります。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-03-28 12:30 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月の料理教室と3月の大フィル定期公演

f0213292_14325668.jpg
久しぶりに参加出来た料理教室。

3月は台湾風の家庭料理でした。

*鶏もも肉の豆鼓蒸し。
*春巻き
*鶏手羽スープ (ラーメン)
*焼き舞茸のマリネ
*豆乳きな粉ゼリー                  でした。

美味しかったのですが、スーパーに豆鼓が無くて、まだおさらいできていませんが、マリネや春巻きは家でもすぐに作りました。




f0213292_14330695.jpg
そして先週末は大フィルの定期公演へ。

バーンスタイン作曲*キャンディード *チチェスター詩篇

コープランド作曲 *田舎道を下って と交響曲3番 でした。

アメリカンなプログラム、どんなかな~思っていたら、めちゃくちゃ楽しめました!




f0213292_14331854.jpg
特にチチェスター詩篇は、CDで聴くのとまったく違って、繊細な歌声に感じ入りました。

合唱も、第九より良かったかも。バーンスタインって偉大だ!と 言って回りたい気分。(近所迷惑)嬉しくなり、休憩時間にシャンパンを飲みました。

ラストの交響曲3番もよかった~。打楽器の大迫力が、初めて聴く音!って感じでした。





f0213292_14333634.jpg
土曜日の演奏会はマチネで17時終了。

ゆっくり食事に行けます。この日は新福島のトラットリア ダ プーピさんへ。 トスカーナ料理のお店です。





f0213292_14334411.jpg
陽気な日本人マンマのお料理はどれも絶品!

トスカーナは、フィレンツエが州都なんですね。魚介の出汁が効いている中にも、洗練されたものを感じました。




f0213292_14335390.jpg
平目とホワイトアスパラガスのリゾット。 すごく平目の良いお出汁が出ていました。



f0213292_14340315.jpg
これはなんというお魚でしたっけ。

添えてあるポテトもカリカリで、お魚の出汁を吸っていて、こんなに美味しいポテトを初めて食べました。

トスカーナ料理、めちゃファンになりました。



f0213292_14340926.jpg
赤身のグリル。ワインがすすむ、すすむ。

すでにスパークリング3本、白ワイン1本開けていたので、マンマが「飲めるだけ飲んだらよいよ、残ったら会計から引くから」と開けてくださった赤ワインを
きれいに1本開けてしまいました。

マンマに「あれ~~」と驚かれました。

f0213292_10430177.jpeg

どのワインも美味しかった!






f0213292_14343964.jpg
あまりワインを飲まない女性陣はデザートも注文。

私は注文しなかったのですが、アップルタルトが大きくて、半分以上お手伝いで食べました。


素晴らしい音楽に料理にワイン、大満足の1日でした。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-03-26 10:46 | *Living | Trackback | Comments(0)

セーリング日和と和食のランチ

f0213292_14034123.jpg
快晴だった日曜日、ヨットハーバーに銀河も連れて行きました。

特に船に乗る予定はなかったのですが、エンジンを回すついでに動かそうか、とグラバンで出ることに。銀河は初です。

2階建ての大きなボートですが、銀河は特にビビることもなく、海面を見つめていました。




f0213292_14052722.jpg
海岸も初めて。銀河1歳2か月。 砂浜を猛ダッシュしていました。

ハーバーから帰宅後、日課のお城散歩でも猛ダッシュしていました。体力がおそろしい。




f0213292_14054802.jpg
さて、久しぶりに鷺風さんのランチに行ってきました。

前菜の白和えと茶碗蒸し。白和えが優しいお味で、いつも「もっと食べたい」って思います。




f0213292_14055754.jpg
お椀は海老真丈。

左手で器を持ち揚げ、右手で蓋を取って香りを楽しんで、ほんの一口味わって、椀を置いてサッと写真を撮ってから、ゆっくりといただきます。

桜の花びらが一片落ちているのは私のせいです。





f0213292_14060592.jpg
お造り。よこわ、鯛、烏賊、小皿は鰤。

岩海苔が刻まれたお醤油(右)と、左手の器には叩き梅が。





f0213292_14061905.jpg
海老芋の餡かけ。

一口大の海老芋は、薄く片栗粉をまぶして揚げてあり、ホクホクでした。





f0213292_14062990.jpg
お雛様の八寸。お酒が欲し~い。いつも車だから飲めなくて残念です。梅の枝は、頂いて帰って小瓶に挿しました。









f0213292_14064238.jpg
釜焚きご飯は、お大根とほぐし鮭。

美味しくて、釜ごと完食してしまいました。。そして夜に家で真似して作りました。細かく切った大根が、甘く炊いてあります。



f0213292_14065614.jpg

食後は苺入りお善哉にお抹茶でした。ごちそうさまでした。

お会計の後、私達の後にお会計待ちのお客様がいらしたので、「お見送りは結構ですよ」と言いましたが、女将さんが出てきてくださいました。

外に出ると、お店の前に見知った人の車がありました。どうやら先方はお座敷だったようです。

奥に挨拶に行けばよかったな、いや無粋か、、と思いながら帰りました。






人気ブログランキング
by fm_k | 2019-03-01 12:30 | *Living | Trackback | Comments(0)

懐石料理のお稽古の後のお家ご飯

f0213292_11471541.jpg
2月のお稽古は懐石料理でした。

*向付の平貝、岩海苔、山葵、菜の花、加減酢。





f0213292_11472747.jpg
*焼物の鱒塩焼き。

焼き上がりが美しいよう、まんべんなく火が当たるよう、さらに魚の身を崩さないよう、重心を考えて串を打ちます。

もうもうと煙が上がりました。



f0213292_11474502.jpg

焼きたての鱒。茶筅で木の芽酢を振っています。

串から外したばかりの魚は、身の脂が溶け出し、ほくほくでめちゃ美味しかったです。

こちらのお教室では、普段は出来上がりを御膳で食べる事はせずに、その場で食べるか、持ち帰るかの二択なんです。




f0213292_11480354.jpg
*預け鉢の 蓬麩旨煮、鯛旨煮、木の芽。

こちらは持ち帰りました。


f0213292_11481039.jpg
本日のメインイベント。一文字のご飯。お茶をやる者に逃げられない約束事です。

上手に出来るまで何度も教えて頂きました。





f0213292_11481886.jpg
煮物椀のかぶら蒸し。車海老、穴子、ゆり根、銀杏 薄葛仕立て。

瀬戸物の器で蒸したあと、椀に移し替えるのも難しい!

あっちっちでしたが頑張りました。


f0213292_11482636.jpg
もんのすごく手間のかかったお味噌汁。*合わせ味噌、菱大根に土筆。

お大根と土筆は、それぞれ出汁で割った味噌汁で別鍋で煮詰めました。

f0213292_11484007.jpg

で、その日持ち帰ったものを分け分けしてのお家ご飯です。

平貝のお刺身に、サーモンを足しました。

持ち帰った預け鉢の *芹 鳥貝 胡麻浸し。 とり貝のお掃除の仕方も教わりました。


f0213292_11485702.jpg

八寸から車海老のつや煮とふきのとうの辛煮 。空豆を足しました。



f0213292_11491356.jpg
鯛は器ごと蒸し直して。足りないので鰤の塩焼きを焼きました。



f0213292_11492193.jpg
肉食一家なのでローストビーフも切りました。



f0213292_11492970.jpg
一文字の練習のあとのご飯は、おにぎりにして持ち帰りました。

釜のヘリを使って一文字を切るので、お釜を一周分しか一文字ご飯は取れません。
釜の真ん中に残るご飯も分けたので、大量のおむすびが出来ました。

蓋付は、お汁替わりの蛤のおぼろ蒸しです。来月のお稽古も楽しみです。





人気ブログランキング
by fm_k | 2019-02-21 12:20 | *Living | Trackback | Comments(0)

2月の大フィル定期演奏会と塩田温泉

f0213292_14370760.jpg
今年初めての演奏会に行ってきました。

2月の大フィル定期演奏会は、没後70年になるR.シュトラウスの「ブルレスケ」と「ばらの騎士」、モーツアルトの交響曲36番「リンツ」でした。

特に小菅優さんがピアノを弾く「ブルレスケ」を楽しみに行ったのですが、期待以上でした!

R.シュトラウスの「ブルレスケ」は、その難易度から、弾けるピアニストが限られるため、指揮者が希望しても公演されることが少ない演目だそうです。

本当~~に超絶技法。しかも優さんはいとも軽々と、楽しんで弾いている!という風情で、すっごいです。語彙力少なくてスミマセン。




f0213292_14372554.jpg
モーツアルトもばらの騎士もよかったですが、ピアノのアンコール曲もとっても良かったです。

優さんのピアノは、どちらかというと明るくて、軽快なイメージがあるのですが、同じくR.シュトラウスの「トロイメライ」はすごく柔らかくて、たおやかで余韻まですべて美しいピアノでした。
この曲、弾きたいって思いました。


f0213292_14374861.jpg
そして翌日は、お誕生日祝いで六甲道「いわもと」さんへ。

実は「お祝い」として別の日に、別のお店に行っていたのですが、そのお店が余りにも期待外れだったので、「いわもとさんでリベンジだ!」と仕切り直しの席だったのです。

間違いない美味しさです。はい。




f0213292_14380490.jpg
お刺身も好みのものをお鮨のように出してくださいます。〆鯖、鰹、雲丹、かわはぎ を頂きました。




f0213292_14381502.jpg
他にもいろいろと食べたのですが、写真は神戸牛のランプ肉。網焼きでお肉本来の味が良くわかりました。




f0213292_14382442.jpg
釜焚きご飯は穴子と牛蒡。

牛蒡のささがきは透けるくらい薄かったです。真似したいけど真似できないかも。




f0213292_14383781.jpg
そしてその翌日は、神戸の友人3人をお連れして、姫路の奥座敷、塩田温泉に行ってきました。

折よく雪景色で、姫路在住の私ですら非日常、小旅行気分を楽しめました。夢乃井旅館の日帰り温泉に入ってきました。








f0213292_14392462.jpg
そしてその後、ディープな焼肉屋さん「ホルモン竜」へ。

こちらでは、ご主人手切りの厚切りの国産牛タンがいただけます。6人で、銘々自分のお肉担当制で焼きました。


f0213292_14400439.jpg
夢乃井旅館からの眺め。露天風呂が最高でした。

館内のレストランで食べるランチは、夢前のお野菜バイキング付きで大満足。また行きたいです。




人気ブログランキング
by fm_k | 2019-02-12 19:04 | *Living | Trackback | Comments(0)

Apple Watchのある毎日


f0213292_14464715.jpg
前回のブログでアップルウォッチを購入したことを書いたのですが、約1週間使ってみたレビューを書いてみたいと思います。

結論からいって、とっても満足しています!!

普段、あまり腕時計をしないという理由で、購入を先延べしていたのですが、今ではほぼ毎日つけています。

その理由は、アップルウォッチが単なる時間を見るためのものではなく、身に付けるiphoneとして機能してくれるからでしょうか。

iphoneでは、全く使わなかったヘルスケア機能ですが、アップルウォッチの場合、自動計測してくれるので、ついつい気になり、結果頑張ってしまいます。

寒い朝の銀河の散歩も、ウォーキング時間が稼げる!と思うとモチベーションもUpです。






f0213292_14481189.jpg
そして、ファッション性が意外に高かったのも、満足の一因。

ベルトは、写真はラバーベルトにミッキーですが、色んな表示が選べるので、気分、状況に応じて変えられる点も楽しいです。

ミッキーは画面を押すと「2時、45分だよ!はははっ」と読み上げてくれるので、結構お気に入りです。

ラインやメールが来ると、画面通知(もしくは表示)されます。電話はもちろん1タッチで取れます。

ラインの返信は、定型文か、音声入力も可能なので短文だと充分です。





f0213292_14462370.jpg
あと、絶対使いたかったのがこちらの機能!

Suicaカードをアプリで入手、カードで事前にお金をチャージしておけば、改札も左手で通れます!

先日ついに、どきどきしながら改札を通ってみたのですが、特にSuicaアプリを起動することもなく、時計表示のまま、分厚いムートンコートから腕も出さずに反応したので感激!


以上の話をすると、だいたい男女、年齢を問わず「私も欲しい」。と皆さんおっしゃいます。

特にエルメスバージョンは、いかにもスマートウォッチという風でないので、普通の時計と同じ感覚でつけられますよ。





f0213292_14473780.jpg
さて取ってつけたかのような料理写真です。なぜなら「料理画報」だからです。

ブログでアップルウォッチの蘊蓄を語りたいがために撮りました。

私は、実はほぼ毎日料理はしているのです。でも、仕事から帰って怒涛のように作って食べるので、写真を撮る精神的余裕がないのです。

この日は、蕪があったので、薄味で炊いて、銀あんを作ってあんかけにしました。

後でブログに載せようと思って、スーパーで買って蟹身も入れました。







f0213292_14474643.jpg
冷凍の鴨肉を解凍しておいてもらって、こちらは吉野煮。

皮目だけを焼きつけて、一口に切って、吉野葛をはたき、甘辛く炊きました。お葱は、別鍋で味付けして炊いたものを、両方に添えました。せめて鴨の奥に盛るべきでした。


f0213292_14483569.jpg
「さい~ごの~、お肉は~~僕~のモノ~~♪」

久しぶりにエリザベート、トート版銀ちゃんです。友人からエリザベートのCDを借りたので、車の中で熱唱している私です。



人気ブログランキング
by fm_k | 2019-01-28 17:15 | *Living | Trackback | Comments(0)

初釜ととんど

f0213292_11130515.jpg
連休の初日は初釜でした。

今年は、先生のご意向で懐石料理はなく、仕出しのお弁当になりました。

お道具の準備だけでも毎年大変だと思うのですが、先生は「こんなに楽な初釜初めてだったわ」。とおっしゃっていました。





f0213292_11131360.jpg
皆具一式。

今年は、先生自らお点前をされました。




f0213292_11132482.jpg
きちんと炭手前から起こした火は、不思議と火の起こりが良いです。


f0213292_11134818.jpg
水屋をしていて、初炭のお軸を撮り損ねました。

花入れは、天皇陛下即位に関連して、勾玉を模したもの だそうです。






f0213292_11153955.jpg


お弁当は、秋の好古苑のお当番の際に好評だった鷺風さんにて。11時一番に取りに伺いました。

早い時間からたくさん作っていただいて、感謝です。



f0213292_11142559.jpg
お椀は、京都の麩嘉さんから前日に届きました亥の刻印入りのお麩です。白味噌は大源さんの超特ぞうに味噌 です。





f0213292_11143957.jpg
お菓子はいつもの花弁餅でした。

お干菓子はいろいろたくさん。写真は末富さんの亥。

着物は、先日の青海波模様に、先生にいただいた塩瀬の黒い帯を締めました。プラチナ色の梅の刺繍入りです。


f0213292_11150605.jpg
連休中にとんどもありました。

前日、銀河とお散歩道で、子供からおじいさんまで、男の人が数人、近くの竹林から切り出した竹を一人1本ずつお運びでした。

当日の朝は、婦人会の皆さんがお善哉を振る舞われていました。火が付く前にお正月のお飾りを括り付けてきました。

年神様も天に帰られたことでしょう。また来年!





f0213292_11151294.jpg
盛花はまだまだきれいだったので、花瓶を洋風のものに替えて入れなおしました。


インフルエンザが流行っています。休日夜間急病センターでは、この連休中、連日1.000人の患者さんがあったそうです。

私も珍しく風邪をひいたようで、毎朝目覚めると喉が痛いので、寝室用の加湿器を買ってきました。







人気ブログランキング
by fm_k | 2019-01-15 15:11 | *Living | Trackback | Comments(0)

2019年の御節

f0213292_12521876.jpg
2019年の御節、というよりは「平成最後の」というべきでしょうか。とにもかくにも御節です。

といっても、今年も29日まで仕事、忘年会と忙しかったので、最低限のお煮しめと数の子、田作り、叩き牛蒡、黒豆、なます、いくら、鰤の幽庵焼き、ローストビーフを作りました。



f0213292_12524039.jpg
今年の黒豆は、自分史上一番うまく出来ました。そもそもの豆の出来が良かったからかな?



f0213292_12525362.jpg
魚屋さんから届いた赤ナマコがとても大きくて、恐れおののいていたのですが、えいっと両端(口とお尻)を包丁で落としたら、身が固くなって縮こまりました。

ほうじ茶で、茶ぶりナマコにすると柔らかいです。



f0213292_12530611.jpg
お正月にしかしない、花れんこんと、片抜き人参。人参は鶴亀です。



f0213292_12531562.jpg
天然鰤。

半身あるので、幽庵焼きと、お刺身と、鰤しゃぶにしました。



f0213292_12532323.jpg
毎年自分でも作るのですが、料理屋さんのものも食べたい。今年は初めて、こちらでお願いしました。





f0213292_12533363.jpg
私が1年半かけて金継をした、つぎはぎだらけのお重に詰めて頂きました。

4段重ですが、多いので3段に入れて頂きました。





f0213292_12535450.jpg
ローストビーフ、からすみ、きずし、鰤、鯛のお刺身等。


f0213292_12541152.jpg
数の子たっぷりでした。子持ち昆布、好物なので嬉しい!

お煮しめも、さすが料亭の味。しっかりとしていて美味しかったです。



f0213292_12541911.jpg
元日のお昼は私の御節、夜は鷺風さんの御節を食べました。

毎年、大晦日にお墓参り、元日の午前中に一宮伊和神舎に初詣に行きます。今年は暖かでした。



人気ブログランキング

by fm_k | 2019-01-04 15:51 | *Living | Trackback | Comments(0)