薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

6月の大フィル定期公演と芦屋フレンチ北じま

f0213292_11495783.jpg
4月、5月に引き続き、6月の大フィルにも行ってきました。

土曜日夕方の公演だったので満席でしたが、ボックス席に招待頂き、良い音響で楽しめました。

昨日の銀ちゃんに負けず、私も美容院に行ってきました。写真は美容院後のランチ。フレンチ北じまさんです。

スペシャルメニューから、アミューズ3種類。

手前のココットの、千葉県産蛤とポルチーニ茸のオーブン焼きが美味しかったです。










f0213292_11500955.jpg
*三陸産活鮑と野菜のサラダ、イタリア産フレッシュサマートリュフ。

トリュフなんて食べ慣れないので、味がわからなかった。(笑)サマートリュフは味も香りも軽いのかもしれません。

お野菜がすべて起立していました。どうやったらこんなにきれいに盛れるんだろう。








f0213292_11533470.jpg
*活オマール海老のロースト。

欲張ってスペシャルメニューにしたものの、食べきれなかったらどうしよう、と心配だったのですが、杞憂でした。

厳選素材を少しづつ、だったのでお代わりが欲しいくらいでした。







f0213292_15241968.jpeg
*北海道産いけだ牛フィレ肉のポアレ トリュフソース。

「牛フィレ肉の真ん中の美味しいところだけを切り出しました」、との事です。端っこのお肉もきっと美味しかっただろうな。

岡山県産の原木椎茸かけ流し?の椎茸が松茸よりもトリュフよりもおいしかったです。







f0213292_11535296.jpg
 
大フィルの公演、モーツアルトのピアノ協奏曲22番と、ロシアの作曲家・リムスキー=コルサコフのシェエラザードでした。

ピアノはフランス人のアンヌ:ケフェレックさん。

モーツアルトの後、アンコールでヘンデルのメヌエット ト短調(ケンプ編曲)を弾かれたのですが、同じピアノとは思えないくらい、音の感じが違って、鳥肌が立ちました。

モーツアルトは美しく、夢み心地のまま天上の世界に昇れそうでしたが、シェエラザードは力強く、一気にアラビアンナイトの世界。

こんなに落差のある組み合わせって何?!と思っていたら、演目は、大抵は客演指揮者の指定 だそうです。

そんな話をしていたら、直後に北新地でばったり指揮者のヤデルさんに遭遇しました。





f0213292_11541236.jpg
おまけ。

母の友人に、お着物一式をいただきました。若い頃に作ったまま、着ていないそう。

青海波模様の付け下げなので、来年のお正月に着ようと思います。







人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-06-29 16:14 | *Living | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kayolog.exblog.jp/tb/29901274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 7月の料理教室とキリムのお茶会 銀河の初トリミングと鷺風さんのランチ >>