薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
11月の料理教室とお茶室開き
at 2017-11-16 18:24
10月の料理教室
at 2017-10-31 16:52
新米で家ご飯
at 2017-10-26 11:59
10月の和食のお稽古とルポン..
at 2017-10-16 12:15
物欲の秋
at 2017-10-12 12:33
カテゴリ

タグ:lesson ( 145 ) タグの人気記事

新緑のお茶会

f0213292_14333667.jpg
5月の末に、初めて自分が亭主のお茶会を経験しました。

茶名披露のお茶会です。

とはいっても、2割程の働きで、お道具も、他のこともほとんど先生にお世話になり、なんとか会が出来ました。


f0213292_14333639.jpg
ほぼ先生のお力ですが、せっかくのお茶会なので、全部披露しようと思います。

お軸は、淡々斎お家元「風竹奏清音」。

お香合は、一文字青貝、花入は宍粟の近藤興斎さんの耳付籠です。


f0213292_14333625.jpg
茶杓は海田曲巻さんで、銘は「虹の彼方」。
記念にと、先生から戴きました。


f0213292_14333649.jpg
風炉の設えです。

写っていませんが、建水は池田吉輝さんの備前餌袋、蓋置は黒田宗傳の竹蓋置です。


f0213292_14333670.jpg
この度、唯一自分で新調したのがこの四方風炉です。透かし模様になっていて、おしゃれでしょう。

釜は、社長にお借りした大国藤兵衛の筒釜。


f0213292_14333728.jpg
お茶碗は、お茶のおけいこを始めた際に、加藤庄造先生ご本人から頂いた窯変天目茶碗です。

水差しは先生とっておきのペルシャの青紋、お茶入れはガレで、お茶入れの蓋は、京都の清課堂さんに造っていただいたものです。



f0213292_14333709.jpg
点心をご用意しました。
*ひさごご飯 小茄子のお漬け物
*日の出さつまいも
*そら豆(入れ忘れた!)
*鶏丸
*擬製豆腐
*蛸酢
*はっちくの木の芽和え
*焼き穴子
*トマトジュレ(切子)
*苺

椀ものは、お豆腐に、間引き人参、ほうれん草、彩湯葉を散らしました。

午前、午後と合計21名のお客さまで、水屋も含めて25名分用意したのですが、慣れない水屋でてんやわんや。
入れ忘れあったり、お豆腐が冷めてしまったりと、料理に限らずですが、後から反省すること盛りだくさんでした。



f0213292_14333742.jpg
主菓子は、一不二さんで銘は「花のいろ」。
水色が美しい器は、相生の川原有造さんの宙吹きガラスです。

f0213292_14333702.jpg
お干菓子は甘音屋さんの鈴の音等。

会場は、イーグレ姫路のお茶室をお借りしましたので、蹲の代わりにお干菓子器が青漆蹲盆です。

姫路城が真正面に見られて、すごく景色の良いお茶室です。


f0213292_14333716.jpg
永楽のあやめ。

お稽古を始めて16年でしょうか。時間ばかりが経ち、この度茶名を拝領しましたが、中身はまるで若輩の私です。

これを機に、お茶を理解し、深め、自分の中に拡げられるよう努力していきたいです。

本当に素晴らしい先生に巡り合えて、お稽古の場で多くの知己も得て、それは私の人生の宝物です。それもお茶があってのことなので、この道を大事にしていきたいと思っています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-03 15:27 | *Living | Trackback | Comments(0)

5月の料理教室

f0213292_10383911.jpg
5月の料理教室はカラフルメニューでした。



f0213292_10384031.jpg
*白身魚のアクアパッツア。

この日はスズキでした。
一旦お魚を焼いて、少な目の白ワインで蒸し煮にする手法です。

私は、自宅では魚を焼かずに、多めのワインでお芋や玉ねぎも入れてしていたので、レパートリーが増えました。



f0213292_10384018.jpg
出来上がりはこんな感じ。

浅利とトマトはマストですね。



f0213292_10384183.jpg
*アスパラガスのポーチドエッグかけ。*春キャベツのコールスロー。

ポーチドエッグがあるだけでごちそう風です。
サラダに載せたり、丼に載せても。

そしてコールスローは、私の提案でクイジナートの備え付けカッターを組み立てて使用してみたのですが、キャベツの千切りには向きませんでした。。



f0213292_10384297.jpg
*そら豆・えんどう豆と新玉葱のスープ。

アクアパッツアの魚のあらで出汁をとりました。



f0213292_10384265.jpg
*ハーブトースト。

にんにくとパセリとオリーブオイル塗って、トースターで焼きました。
クセになるおいしさ。


f0213292_1038436.jpg
先生のチェコ土産のチョコレート。おいしかった。



f0213292_10384495.jpg
料理のレッスンのあと、お茶の先生のお宅に寄って、お茶会のお道具を見立てていただいて、一部持ち帰ってきました。

何のお茶会かというと、自分の茶名披露です。

無事終わったのですが、大変でした~~。写真はほんのほんの一部の荷物。

皆さんの協力で、なんとか成し遂げることが出来たので、また次回UPしますね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-05-25 10:58 | *Living | Trackback | Comments(0)

4月の料理教室

f0213292_1230358.jpg
4月の料理教室は、先生が北欧旅行に行かれていたため、月末でした~。

それで、北欧(風)料理でしたよ。


f0213292_1230378.jpg
*ミートボール。
食べたことがないのですが、IKEAのフードコートで食べるミートボールのイメージ?です。
ブラウンソースと、マッシュポテト添えです。
フィンランドでは、ベリーのソース類も添えて食べることが多かったそうですよ。

f0213292_1230454.jpg
*サーモンスープ。
香草でマリネしたサーモンを、焼いてから、同じくサーモンのあらで出汁をとったスープと合わせます。

実は牛乳が苦手なので、スープを残してしまいました。。



f0213292_1230543.jpg
*ナッツ&シード入りグリーンサラダ。
ナッツ類も豊富だそうです。
トリュフ塩とレモンオイルで和えた葉物に、ナッツやカッテージチーズをトッピングしています。


f0213292_123062.jpg
*カップ入り前菜。
この、カップの名前を聞き忘れましたが、パン代わりにカナッペにするそうです。色んな味がありました。


f0213292_1230753.jpg
*名残桜餅風。
春巻きの皮で揚げています。
春巻きの皮って、便利で美味しいね~、と会話が弾みましたよ。


f0213292_1230842.jpg
先日のお花、最後はこのようになりました。
知らなかったのですが、ニコライバーグマンさんって、著名な方なんですね。boxのお花は置き場所にも、片付けにも困らないし、持ちも良かったし、よく出来ているな~と感心しました。

話かわって、今朝!アメリカズカップに日本参戦のニュースが出て、驚き&歓喜しています。

孫さんって、ヨットレースに興味がおありだったんですね~。。
白戸家の皆さんも、ヨットに乗ってCMに出るかもですね。楽しみです。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-04-24 16:34 | *Living | Trackback | Comments(0)

春のお茶会

f0213292_8294667.jpg
先日、お茶のお稽古の先輩Iさんの茶名披露の会が、書写山の交流庵でありました。
竹藪に囲まれた静かなお茶室でしたが、天気も日当たりもよく、清々しいお茶会になりました。

本席のお軸は、大徳寺さんの誡道老師による 「百花為誰開」。ひゃっかたがめにひらく です。



f0213292_8301589.jpg
お香合は、笹合子。
 

f0213292_21551956.jpg
T先生のお花。ほんとうに恰好良いです。

この前、テレビで仮屋崎省吾さんが「花には人生がでる」と仰っていましたが、私には一生かかっても淹れられないように思います。

花入れは青がとってもきれいな永楽。

f0213292_2156241.jpg
床の間の全体図。
御家元からの茶名も。

f0213292_2158246.jpg
お釜は角谷征一さんの隆線文、炉縁は海松貝で、裕斎さんのものです。

棚は、淡淡斎お好みの豊祥棚に、15代新兵衛さんの萩でした。

また、お棗は少庵好の夜桜蒔絵、お茶碗は諏訪蘇山さんの青磁を始め、心尽くしのお道具ばかりでした。





f0213292_11382344.jpg

主菓子の銘は「ほほえみ」 
建仁寺さんの門前のお菓子やさん 松寿軒製です。なんとIさんの叔父様。
姪のために特別に誂えてくださったものです。

お水屋みんなで戴いたとき、あんまり美味しいので「あの、、、御代わりが欲しいです」。と言ってみましたがもちろん却下されました。
(ふつうのお茶席ではありえませんので所望しないでくださいね~)。



f0213292_8303045.jpg
玄関のお花も先生によるもの。
大きな備前焼は、池田さんのものです。


f0213292_21591735.jpg
そしてもうひとつのお席は、転勤(院)により、今月でお稽古場を離れるO先生によるもの。
お祖父様から受け継がれたものと、ご自分で揃えられたもの正に新旧織り交ぜたお席でした。
寂しくなります~。


f0213292_838465.jpg
評判がよかった(?)ので着物の写真です。
晴れがましいお席なので、一番春らしい着物にしました。

アプリの美肌モードで撮ったら、嘘のように美白になりましたよ。(笑)



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-03-31 11:47 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月の料理教室と竹内栖鳳展

f0213292_12414857.jpg
3月に入ってからも雨が多いです。
花粉症なので有難いような、残念なような。。お天気ばかりは仕様がないですね。

さて3月の料理教室は、季節のお野菜を中心にしたメニューでした。



f0213292_12414996.jpg
*豚バラ肉の黒糖煮。
沖縄の黒砂糖と、泡盛で煮る角煮でした。金箔入りの日本酒で煮ましたが。(笑)

一度冷やして、脂を取ってしまうのでさっぱりとした仕上がりです。


f0213292_12415072.jpg
*新じゃがいものポテトサラダ。
「インカの目覚め」というじゃがいもと、淡路の新玉ねぎを使っています。



f0213292_1241512.jpg
*新牛蒡と舞茸、しめじの黒酢炒め。

最近、スーパーで石づきから外した「ほぐししめじ」なるものを発見。特別割高でもなく、、便利ですね。
同じような便利野菜として、根切りもやしがありますが、あれをついつい、選んでしまう横着な私です。


f0213292_12415229.jpg
*じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁。


f0213292_12415385.jpg
*花豆の煮豆 と、大豆ごはん。

この写真を友人に見せたところ、「豆は苦手だけれど、こうやって出されたら食べる」。と言っていました。
赤い豆皿が、つい手を伸ばしたくなるそうです。


f0213292_12415353.jpg
*ほうじ茶のムース。
柳桜園の美味しいほうじ茶で作りました。はちみつがかかっていますよ。



f0213292_1241545.jpg
姫路美術館で開催中の、竹内栖鳳展に、二度も行ってきました。
しかしどちらも雨でした。

動物を描いたら、その匂いまで描ききると評された日本画家ですが、動物以外も、本当に香り立つような、風景からは風が吹いてきそうな絵でした。

美術展は、少なくとも2回いけば余裕をもって見られるし、記憶にも残りますね。



f0213292_12415448.jpg
二度目は、その後にお食事の約束もあったので、着物で行きました。

前夜に、この組み合わせと決めたのに、雨だったので明るい色の白大島に変更しました。
母のものですが、打掛が可愛らしいピンクなので、合わせて同じ色のピンクの帯が欲しいなあ、と、虫ではなく欲求がムクムクと出てくる今日この頃です。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-03-09 15:29 | *Living | Trackback | Comments(0)

2月の料理教室と2月のゴルフ

f0213292_14205989.jpg
今日は、雪がちらついて外は寒いようです。

2月の料理教室は寒い日にぴったりの、酒粕を使ったメニューでした。



f0213292_1421226.jpg
*白菜巻の煮物。
豚バラと、えのき茸が巻いてあります。
キャベツと違って、下茹でしなくても白菜は扱いやすくて良いですね。



f0213292_1421377.jpg
*鶏もも肉の酒粕漬け焼き。
*水菜と油揚げのサラダ。

粕漬けにすると、魚介類でも冷蔵庫で保管がきくので便利です。
水菜のサラダのドレッシングは柚子酢と柚子胡椒を使いました。


f0213292_1421620.jpg
*青物の白和え。



f0213292_1421734.jpg
*酒粕スープ。
粕汁ではなく、スープです。野菜の切り方がちがうのです。(笑)



f0213292_14211034.jpg
*酒まんじゅう。
時間が経つと少し硬くなりましたが、ふんわり甘くてつい手をだしてしまう美味しさ。


f0213292_14211130.jpg
そして、昨日もいってきました。
女子の公式試合も行っている、難関名門コースでしたが、満足に球も当たらない私にとっては同じこと。

それでも、初回よりも-26打でした。
どう~にも、ロングコースに限って最初のティショットをミスり、その後のアイアンも飛ばずに刻み続けるという状態です。(泣)

真冬にゴルフを始めた私ですが、春になると桜が、秋には紅葉が美しいそうです。
今年は、ラウンドお花見が出来そうで、今から楽しみにしています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-02-09 14:51 | *Living | Trackback | Comments(0)

初釜

f0213292_21431863.jpg
今年は、仕事の都合がぎりぎりまで付かなかったのですが、なんとか初釜に出ることが出来ました。

初釜に行けないと、きちんとお正月を迎えた気がしません!
出られて、ほっとしました。

*紹鴎棚に、板文庫が飾ってあります。
お棗はつぼつぼ。


f0213292_21432161.jpg
*縞台に、稲穂と干支のひつじ。

ここから先は、お料理です。



f0213292_21432299.jpg
例年通り、先生と、社中の皆で、持ち寄り懐石です。


f0213292_21432481.jpg
私は、鴨ロースを担当しました。
他の段には、黒豆、出汁巻玉子。
鴨は、クリスマスのローストビーフと同じく、割り下でしっとり蒸し煮にしました。
味がよく入るので、お重向きです。



f0213292_21432575.jpg
*お向こう。

昨年、通っている料理教室を紹介した、若いAさんが担当してくれた鯛の昆布締めと、柚子寒天。
切り身になっても分かる立派な鯛を、たっぷり肉厚の昆布で〆てきてくれていました。

美味しかったよと、後からお礼を言ったら、「美味しいと言ってもらえて、嬉しいです、ありがとうございます」。と本当に嬉しそうな笑顔。

料理って、作った方も、食べた方も幸せになれるんですね。


f0213292_21432769.jpg
*最初のお膳は、このようにして出します。
一文字のご飯に、お味噌汁はお大根と銀杏、お麩。

今年もお水屋担当していました。
一文字のご飯も慣れてきた?


f0213292_21432920.jpg
*初炭の準備。
最初に炭手前をして、食事をしている間にお湯ができます。

別室に中立をして、戻ってからお濃茶を点てていただきます。



f0213292_21433047.jpg
今日一番の御馳走、*お椀は海老餅、海苔餅、海老しんじょ、三つ葉。



f0213292_21433245.jpg
*湯葉巻き。



f0213292_21433380.jpg
*焼き穴子。
当たり前ですが、タイミング良く、温めたり、焼いたりするので、舞台裏は大変です。でも遣り甲斐あります。



f0213292_21433547.jpg
*八寸。
海のものと、山のものを盛ります。



f0213292_21433630.jpg
*花びら餅。

柔らかく炊いた牛蒡を、白味噌仕立ての餡で巻いてあります。



f0213292_21433881.jpg
お干菓子は、金沢の有名なお菓子の辻占でした。


先生、皆さま、ありがとうございました。



f0213292_21434026.jpg
初釜のあとは、、着替えて同級生と食事。
いつものお店で気の置けないメンバーと。

ほっとして飲みすぎました。



f0213292_21434220.jpg
昨日もラウンドレッスンで1日ゴルフ場に居ました。

苦手なバンカーを打ちまくって、砂まみれになりましたが楽しかったです。

実はもう一つ、始めたいことがあるのですが、時間が足りません。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-01-23 10:18 | *Living | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

f0213292_23374895.jpg
明けましておめでとうおめでとうございます。
本年も、当ブログを宜しくお願いいたします。

年末から風邪をこじらせてしまい、未だ快復しませんが、今年も無事に御節を作ることが出来ました。

料理教室の先生や皆さんと、今年は40品目60人分!でした。


f0213292_23375093.jpg
一の重。
今年は、お教室で詰めずに、持ち帰ってから1日の朝、重箱に詰めました。


f0213292_23375259.jpg
二の重。
葉蘭で横一列に仕切るのは、家庭画報に載っていた詰め方を参考にしました。

f0213292_23375416.jpg
三の重。
後は、ローストビーフも焼きました。

今年も、家族とお客様と、一緒に囲むことが出来て、良いお正月でした。


f0213292_23375678.jpg
それにしても寒〜いお正月でしたね!

元日、一宮伊和神社に御詣りしてきました。
天気がよかったので、はりきって着物を着ましたが、帰る頃に雪が降ってきて、中国道はホワイトアウト寸前でした。

今年は、新年から懐かしい友人にたくさん会うことが出来て、楽しい幕開けでした。
人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-01-06 12:17 | *Living | Trackback | Comments(0)

松いろいろと第9

f0213292_14395070.jpg
お正月の準備もラストスパートですね。

我が家は、大掃除は業者さんと父がしてくれるので、わたしは専ら御節を担当し、母はなにもしません。


そして今年も無事、T先生のご指導のもと、お正月のお花を入れることが出来ました。
*お玄関の根引き松。


f0213292_1439513.jpg
*万年青。
事始めの13日にいれました。


f0213292_14395310.jpg
*花材が9種類入った、アレンジメント。


f0213292_14395468.jpg
*若松。
今年は股木、きっちり入りました。
けれども、写真の下の紐を取り忘れています。


f0213292_14395536.jpg
先生が用意して下さった小さな松に、水引を飾り皆さんにお配りしました。
鉢に植え替えをすれば、大きくなるそうですよ。



f0213292_18493435.jpg

さて、わたしは今日が仕事納めでした。
今年もよう働いた〜〜。(笑)

今夜は、年末らしく第9を聴きに大阪です。
大阪に来る前に、芦屋で明日からの御節のため?のエプロンを新調しましたよ。





f0213292_18493517.jpg

コンサートの前に、ルクアのポンテベキオで軽く食べて、後からフェスティバルホールの地下のラッフィナートで、デザートにジェラートを食べました。
このコース、おすすめかも。

合唱は素晴らしかったです。
第9は、第一楽章から第四楽章まで、全て聴きどころ満載で、最後はワァ〜っと派手に締め括りで、聞き応えがあります。

なんだか色々あったけれど、来年もがんばろう!って気になりました。


では、ブログを見てくださるみなさまも、よいお年をお迎えくださいませ。

来年も、宜しくお願いいたします。
[PR]
by fm_k | 2014-12-29 14:21 | *Living | Trackback | Comments(2)

12月の料理教室はクリスマス☆

f0213292_1725561.jpg
12月のレッスンは、クリスマスのお料理でした。

f0213292_1725662.jpg
*パリソワ。
ビシソワーズに、きらきらのコンソメジュレが浮かびます。それがパリソワ。


f0213292_1725911.jpg
*前菜3種 の、サーモンの変わり春巻、アボカドディップ、きのこのマリネ。

アボカドが見た目に反して完熟じゃなかったので、すこしコリッとした仕上がり。
それもまた楽し。


f0213292_173261.jpg
*焼き穴子のオリエンタルサラダ。
*蛸のアヒージョ。


f0213292_173458.jpg
*お肉のたたき。
クリスマス盛り付けバージョン。

先生のお宅の、溶岩石グリルで焼くと、さらに美味しく仕上がりました。


f0213292_173699.jpg
*シトラスゼリー。

担当しました。

何年か前のクリスマスのレッスンで、ケーキを担当したのですが、生来の欲張りゆえ、フルーツを盛り盛り、盛りすぎたことを毎年、この季節に思い出します。


f0213292_1731126.jpg
シュトレンはフロインドリーブのもので、美味しかったので今から買いにいってきま〜す。(笑)

今日は選挙でした。
なんだかんだと言って日本は良い国だと信じているので、未来もそうあって欲しいです。
人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-12-14 17:03 | *Living | Trackback | Comments(4)