薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:lesson ( 150 ) タグの人気記事

ルシャボテのランチとおうちご飯

f0213292_10130521.jpg
昨日は、毎年恒例のお味噌作り(仕込み)で、朝から、料理の先生のご自宅集合でした。

私は、朝イチで通っている整体に行き、そのままお味噌へ。そのあと、皆さんをお誘いして、先週から3度目のルシャボテへ。(笑)

メイン料理が選べるので、3回目でも新鮮です。

北海道エゾ鹿のステーキは、くせがなく美味しいと、お教室メンバーにも好評でした。



f0213292_10131686.jpg
店内にある、一番大きな作品。

今、部屋に飾っている絵がモノクロなので、このくらいカラフルなものに掛け替えたいと思っています。





f0213292_10132546.jpg
満腹でデザートが食べられなかったので、焼きたてのカヌレをお持ち帰りしました。

大き目ですが、中がほぼ空洞で、しっとりしていて、甘いものがさほど得意でない私でも、難なく食べきれました。






f0213292_10133660.jpg
ランチの後は、週末のコンペに向けて(付け焼刃的)ゴルフの練習へ。

整体で、肩をほぐしてもらったことを良いことに、重たいクラブを振りまくり、帰宅する頃にはすでに傷んでいました。

雨だったのでモンティの散歩には行かず、youtubeでイメトレ万全にしてから、部屋でこってりとピアノを弾いたあと、ラジオ英会話を聞きながら夕食を作りました。


*酢牡蠣
*白子ポン酢
*母が前日に焼いていたローストビーフ

ワインはケンダルジャクソンのカベルネです。白子に全く合いませんが、お昼にエゾ鹿と一緒に飲めなかったので、時間差ワインです。







f0213292_10134589.jpg
そして、テレビで、酒粕が肌のコラーゲンを増やす!との情報を得たので、肌のハリツヤ問題が深刻な身としては、さっそく粕汁を作りました。

去年仕込んだお味噌も、少し入れました。

たくさん、やりたいことはすべてした休日でした。







人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-01-18 11:36 | *Living | Trackback | Comments(0)

春財布とお気に入りのランチ

f0213292_15280308.jpg
長年使っていたお財布が、なんだかよれっとしてきたので、一念発起してお財布を新調しました。

春(張る)財布といって、お正月や新春におろすのが良いのは知っていましたが、さらに12日おきに巡ってくる「寅の日」が吉日と聞き、その日におろしました。

なんでも、虎の黄(金)色と、千里の道を速く走れる虎のように、お金が戻ってくるとか、速く増えるとか。。

お財布一つにいろいろこじ付け過ぎな気もしますが、そのくらいの気概を持って、お財布とお金を大事に考えようということで。





f0213292_15281342.jpg
Epoiというブランドのものです。

近年、ブランド財布がハンドバッグ並みに高価でおいそれと買い替えられないので、いっそのことと、百貨店の国産メーカー品にしました。

外側は黒、内側は鏡のようなシルバーです。

シルバーのカード入れも揃えて、お財布内をすっきりとさせました。気分爽快です。







f0213292_15283623.jpg
年末からず~っと食べたかったルシャボテさんに、十日えびすも過ぎた今日、やっと行けました。

フランス人シェフの作る、フランス家庭料理?といったところでしょうか。ここでしか味わえない味のファンです。







f0213292_15285143.jpg
レンズ豆のコロッケにすだちジャム、ひねどりのリエット、人参ラペ。

チョリソーに至るまでシェフの手作りで、全部美味しい。

翡翠色のすだちジャムも新発見のおいしさでした。そしてお皿も可愛いですよね。




f0213292_15290098.jpg
それもそのはず、シェフのお父様はフランスの画家で、日本でも仕事をしたことがあり、その際に瀬戸で焼いたお皿だそうです。

店内のリトグラフィーも素敵で、彼に「あなたのお父様のお皿や絵はどこかで買える?」と聞いたところ

「焼き物はフランスの工房で作っているけれど、日本では買えない。絵は、クリスティーズで競り落として!」と笑って返されました。

上の本は、お父様の1945~70年代の作品の画集で、見せていただきました。

HPのアドレスも教えていただきました。→☆SCHANA B GALLERY

彼は「父は著名な画家ではないけれど、良い絵描きだ」と謙遜していましたが、きっと相当なアーティストなのでしょう。




f0213292_15290692.jpg
3種類から選べるメイン料理は、鶏肉の野菜巻ロースト、トマトソースにしました。

イタリア料理とも違う、酸味が効いた、かつやわらかな味のトマトソースでした。

仕事の合間のランチだったのであわただしく、シェフのアート談義もそこそこに、デザートも食べられなかった。泣
きっと美味しい事と思います。

次回はディナーに訪れたいです。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2018-01-12 16:56 | *Diary | Trackback | Comments(0)

12月の和食のお稽古【御節料理】

f0213292_14244967.jpeg
今年最後の和食のお稽古は、もちろん御節料理でした。

こちらのお教室では、去年に続いて2度目の御節。

メープルシロップで煮る田作りや、おろして海老と一緒に揚げた慈姑(くわい)等、一味違ったものを習ってきました。

*メープル田作り
*黒豆蜜煮
*茶ぶりなまこ
*合鴨ワイン煮
*数の子粉鮪まぶし
*慈姑海老
*なます
*甘酒かん
*鰤照り焼き
*百合根卵焼き
*車海老酒塩煮







f0213292_14181195.jpg
*煮しめ
干し椎茸、金時人参、れんこん、海老芋、こんにゃく、結び昆布、絹さや

真昆布と、そうだ節のお出汁で、下煮した具材を一つのお鍋で炊いています。




f0213292_14184270.jpg
麩嘉さんの鶏丸鋳込み干支生麩は、干支の犬の顔!

こちらに大源さんの超特選ぞうに味噌を張ると、まるで犬かき中の犬が顔を出した風情で、初笑いにうってつけです。


f0213292_14185239.jpg
銘々皿に盛っていただきました。

白いご飯も添えていただきましたが、お酒がよかったな~。(笑)

茶ぶりなまこが本当に柔らかくて、感激しました。なまこの下処理はちょっと怖いけれど、がんばって作ろうかな。

なまこだけではなく、他のお料理も作りたてで美味しかったです。

菊琴堂謹製の花弁餅まで頂いて、すっかりお正月終わった気分です。(クリスマスも未だだというのに。)






f0213292_14190990.jpg
京都から取り寄せられる餅花。

淡くて小さな餅花が、儚げで繊細です。




f0213292_14192569.jpg
こちらもお正月らしい盛花。






f0213292_14195320.jpg
レッスンの後に、梅田の阪急百貨店の地下で食材を買いだすつもりでしたが、あまりの人の多さと、そのスピードに着いていけず、早々に退散しました。

大阪の皆さんは、老いも若きもどうしてああも素早いのでしょうか。のろのろしているのは私か、のんびり物見遊山の大陸の方々くらいです。

そんな中、ちゃっかりお目当ての香水が買え、満足して帰ってきました。

年末に、話題のAIスピーカー含め色々と買い物したので、また紹介したいと思います。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-12-21 14:50 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

12月の料理教室はクリスマス

f0213292_11524572.jpg
12月のお料理教室は、御節かクリスマスのどちらかがテーマなのですが、今年はクリスマスでした。

*牛ほほ肉の煮込み
*もち麦のトマトファルシー
*牡蠣の中華風オイルマリネ
*安納芋のスープ
*ティラミス風テリーヌ





f0213292_11525766.jpg
レッスン時間内で仕上げるので、コクがあるというよりは、あっさり目のビーフシチューといった煮込み。

カリフラワーの紫も美しいです。




f0213292_11530458.jpg
兵庫県福崎町が特産の、もち麦を使ったトマトファルシー。

栄養価が高いので注目の食材ですが、ご飯に入れて炊くより、たくさん摂取できます。




f0213292_11531218.jpg
作り置きにも重宝する、牡蠣のマリネ。






f0213292_11532015.jpg
ティラミスと明太子、、ではなく、洋梨のコンポート8(先生作)です。

今まで作ったデザートの中で、一番おいしく感じました。




f0213292_11534585.jpg
先日、ピアニストの辻井伸行さんの「音楽と絵画」コンサートに行ってきました。

西宮の芸術文化センターです。

一部は辻井さんのオリジナル曲、二部はドビュッシー、ラヴェル、ショパンの有名曲で、どの曲も聴き心地の良い至福の時間でした。

曲に合わせて、後方のスクリーンにモネやルノワールの名画が映し出されるのですが、演奏と世界観がぴったりで、夢のコラボレーションでした。

ですが、目を瞑って、音に集中して聴く辻井さんのピアノもまた素晴らしいので、見たいし、聞きたいし、忙しいコンサートでした。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-12-07 12:15 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

11月の和食のお稽古と神戸中華・順徳


f0213292_12465287.jpg
11月の和食のお稽古に行って参りました。

*林檎のみぞれ酢和え
*穴子けんちん蒸し
*かき揚げ2種(ベーコンとさつまいも・帆立セロリじゃがいも)
*焼き秋鯖ご飯
*秋鯖のサフラン汁
*かぼちゃと干し柿のチーズ寄せ


f0213292_12471086.jpg
土佐酢に、おろした林檎を加えた林檎酢和え、とっても爽やかで美味しかったです。

それぞれ下処理した、壬生菜、金時人参、椎茸が入っています。


f0213292_12465967.jpg
焼き秋鯖ご飯。鯖の中骨も焼いて、船場汁ならぬサフラン汁を作りました。

サフランの香りでくさみが飛ぶので、ブイヤベースのようでした。

この日は朝から、大阪で料理教室、美容院でカットカラー、夜は食事の約束があったので、美容院ではリラックスするために、ブーツを脱いで、スリッパに履き替えさせていただきました。

他のお客も靴を脱ぐ?と聞くと、私が初めてだそうです。16年も通っているから許してもらいましょう。

リフレッシュしていざ神戸へ。

ワインが飲みたい口だったのですが、イタリアンの良いお店がネットで見つからず、直感でいきあたりばったり、中華のお店に入りました。


f0213292_12473602.jpg
お昼のごちそうでお腹が減っていなかったので、とりあえず前菜盛り。

全てものすごく美味しい!!

特に、スモークタンが今まで食べてどのスモークタンよりもおいしくてびっくり。

海老のオーロラソース?もレモンがきいて美味しい。


f0213292_12475025.jpg
春巻き。

こちらも驚きのおいしさ。千切りにされた牛蒡、蓮根、人参がなんというか、良い意味で土っぽい香りで、さくさく食べられます。




f0213292_12475785.jpg
海老しゅうまい蒸しも、皮が薄くて、美味しくて、お腹が減っていたら、もっとたくさん食べたかった。




f0213292_12485712.jpg
ねぎそば。

今度は大人数で行って、色んな種類を食べてみたいです。

f0213292_12484410.jpg
さて翌日。

前夜、飲み損ねたワインを買いにエノテカさんへ。

今年2本目のボージョレにしようかと思ったけれど、ボージョレは航空便のせいで割高なので、やっぱりやめて、普通のピノにしました。



f0213292_12490666.jpg
お稽古のおさらいで、穴子のけんちん蒸し、クリームチーズ寄せ、林檎酢和え、かき揚げの4種類を作りました。

けんちんとは、五目野菜を卵やお豆腐でつないだものだそうです。

こちらのお皿は、姫路のお料理教室の先生の娘さん作です。

ぎんあんの量がすくなくて、見栄えの良くない写真になってしまいました。



f0213292_12491355.jpg
帆立とセロリ、じゃがいものかきあげ。

上手に出来ました。揚げたてを家で食べるのが、一番おいしいです。




人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-11-24 15:38 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

11月の料理教室とお茶室開き

f0213292_16325559.jpg
11月の料理教室のテーマはずばり「秋野菜を美味しく頂く」でした。

*揚げ野菜と豚肉の甘酢あん
*小松菜と里芋・しめじの和え物 栗おろし
*南瓜のすり流し
*黒米のサツマイモご飯





f0213292_16330769.jpg

色のコントラストがきれいです。

そう!iphoneXで撮っています。ちゃんと発売日に手に入れることが出来ました。





f0213292_16394486.jpg
小松菜と里芋、しめじの和え物に、蒸した栗をおろしてかけています。

甘酢あんには、すりごまをたっぷりとかけて。





f0213292_16331562.jpg
*柿寒天と羊羹・白玉団子の寄せ盛り。

ピューレ状にした柿に甘みを付けて、寒天で固めています。

今回は、季節の柿と南瓜を、ピューレにしてお料理しました。どちらも、ピューレ状のまま冷凍すれば良いそうなので、活用したいと思います。

そして、お料理教室のあとに向かったのは・・・・・。





f0213292_16334055.jpg
お茶のT先生が、ご自宅を改装してお茶室を作られたので、茶室開きのお席に伺ってきました。

立礼式で、明るいお部屋なので、すごく居心地が良かったです。

T先生のセンスが溢れるお茶室で、お道具も全てなにもかもが格好良く、お点前もさせていただいたのですが、ドキドキしました。




f0213292_16335876.jpg
主菓子は、甘音屋さんの笑み玉(えみだま)。お干菓子は亀谷伊織さん。

味噌餡のお煎餅も、有平も、ハッとするほど美味しかったです。

お菓子は、特にお干菓子は、一瞬で味わうものなので、味覚、嗅覚、感触、視覚、全てのバランスが整ったこちらは、芸術品の域だと思います。




f0213292_16365682.jpg
お道具、お部屋の設え、全ての世界観が込められた一椀です。









f0213292_16371235.jpg
お茶を頂き、点てて、お部屋もお水やまでたっぷりと見せて頂いたあとで、先生のお庭(山)の花材で、スワッグを作りました。

本当は、クリスマスの4週間前から飾るのでしょうが、嬉しくて、もう飾っています。




f0213292_16373661.jpg
無事に、ボナベンチュラのケースに収まったiphoneXです。

中身を取り出して写真を撮っているので、本体写真はナシです。

FaceIDも機敏で、カメラ性能も良く、画面も大きくて大満足しています。


人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-11-16 18:24 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

10月の料理教室

f0213292_12472845.jpg
10月の料理教室の写真がやっと取り込めました。

秋の恵みの献立でした。



f0213292_12481123.jpg
*蓮根と海老のはさみ揚げ。

蓮根は、煮ても揚げてもホクホクで美味しいです。


f0213292_12483747.jpg
*納豆の袱紗焼き(右)
*牡蠣の磯部和え(左)
*季節の味噌汁

お揚げさんで袱紗にすると、ご馳走風になるので、色んなものを包んでは焼いたり、炊いたいしています。

お餅を入れるとボリュームアップしますし、銀杏や栗を入れるとグレードアップします。





f0213292_12490918.jpg
*蓮根のきらず和え
*菊花ご飯

きらず(おから)和えには、蓮根、スモークサーモン、きくらげが入っています。

菊花ご飯には、菊の花びらの他に、松の実と、ちりめんじゃこ。


f0213292_12494896.jpg
*豆乳ゼリーと柿の黒蜜がげ

担当しましたが、食べられなかった。。

牛乳が強いデザートが唯一苦手で、食べられません。私は身長も高く、骨密度も高いので、牛乳神話は信じていません。





f0213292_15523901.jpg
話変わって、、Captain Tamakiさんでブルチアーレのジャケットを買いました。

生地がしっかりしているので、コートを着るまでもない今の時候に、そして暑がりの私にぴったりです。

中に来ているシャツは、何年も前に買ったバルバで、イタリアンテイストで揃えてみました。

インコテックスの形の良いパンツやジーンズも好きですが、ポールカやフォクシー等のワンピースも好きです。

好きなもののベクトルが真逆なので、コーディネートしにくいったらありません。





f0213292_15524777.jpg
写真は君島十和子さんのオフィシャルブログより。

写真は、私ではなくて(分かる)君島十和子さまです。

まるで宝塚の娘役のようなラブリーな髪型ながら、黒いリボンがシックで、真似したくなりました。
f0213292_15525451.jpg
で、この仕上がり。(笑)なにかが違う。。きっと根本から違う気がしますが、これはこれで気に入ってます。

でも、ブルチアーレのジャケットには超絶合わないので、ポールカを着る日限定ですね。



人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-10-31 16:52 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

10月の和食のお稽古とルポン音楽祭


f0213292_10531645.jpg
10月の和食のお稽古に行ってきました。

カメラの性能が良すぎて、丼にしか焦点が合っていません。(笑)もうすぐ、iphoneXにする予定なので、カメラ機能が楽しみです。



f0213292_10533295.jpg
天然のキノコの「香茸」で茸ごはんを炊きました。







f0213292_10534586.jpg
上にのせるお肉はこちら。8人だったので8枚、、たっぷりです。

自家製くるみ味噌を添えます。







f0213292_10535732.jpg
*切干大根と干し貝柱のポタージュ。

干し貝柱が、とっても良い出汁になっていました。家では手軽な干し海老で作ろうと思います。




f0213292_10540975.jpg
*海老芋と穴子の炊き合わせ。

早速、家で普通の小芋で作りましたが、お出汁を奮発したので、美味しくできました。

3年がかりで、やっと届いたという(村田)森さんの蝶々の染付皿。




f0213292_10542061.jpg
*きのこご飯 牛肉のくるみ焼き。

当初、薄切りのお肉を、くるみ味噌で焼き付ける予定にしていたのが、お肉が立派だったので、ステーキ仕立てになったそうです。





f0213292_10542738.jpg
*バルサミコ酢きんぴら

お醤油味のきんぴらしか知らなかったので、衝撃的でした。簡単で美味しい!



f0213292_10543430.jpg

*つる紫のお花のお浸し。

可憐な見た目に反して?ワイルドな風味です。好きなお味でした。

f0213292_10544185.jpg
*栗きんとん

湯掻きたてのホクホクの栗を処理したのですが、皆さん「熱~~い」と手が出ず、私が切り分けました。

昨日も、雨風の中ヨットに乗り、男の人も「今日ばかりは手がしわっしわになった~」、と見せ合いっこしましたが、私だけが普段通りでした。。
手の皮まで厚いようです。



f0213292_10544810.jpg
写真はルポン2017公式HPより

今年もルポンに行ってきました。最終日だったので、客席も舞台も熱気がすごかった。

演目は
・J.S.バッハ 「音楽の捧げもの」より「6声のリチュルカーレ」BWV1079
・武満 徹 8つの管楽器のためのソン・カリグラフィ 
・メンデルスゾーン ピアノ4重奏曲第2番 ヘ長調
・モーツアルト ピアノ3重奏曲第6番 ト長調
・メンデルスゾーン 弦楽八重奏 変ホ長調      でした。

武満さん以外は分かりやすかったです。

そして、2曲はそれぞれ違うピアニストだったのですが、同じ楽器なのに、全然音色が違ってびっくりでした。
日本人のピアニスト、小菅優さんの弾むようなモーツアルトにも、会場は拍手喝采でした。


来月は、辻井伸行さんのピアノが聴けるので、今から楽しみです。


人気ブログランキングへ

[PR]
by fm_k | 2017-10-16 12:15 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

9月の和食のお稽古

f0213292_10334087.jpg
9月のお稽古は、重陽の節句の点心でした。八寸皿に盛り込みました。

f0213292_10542541.jpg
た~くさん、作りましたよ。9人+先生+助手さんなので楽勝。






f0213292_10335817.jpg
*小芋ごま寄せ
*鶏鍬焼き
*鮭と長芋市松揚げ
*巻湯葉旨煮
*煎り銀杏

胡麻寄せの小芋は、お月さまに見立ててあります。






f0213292_10340034.jpg

*鰆味噌幽庵焼き (酢漬け大根)
*菊釜いくら盛
*出汁巻玉子

すだちの菊釜は、生徒がそれぞれ作りました。写真は私作。自分で言うのもなんですが、結構上手です。6弁くらいの方もいらっしゃいました。菊ちゃうやん、蓮やん。




f0213292_10340141.jpg
物相で抜いた赤飯。こちら淵がめくれあがっちゃって、下手ですね、私。





f0213292_10341892.jpg
*マスカットといちじくの甘酒塩マリネ。

今月2回目の甘酒マリネですが、前回は甘酒の原酒(薄める前のもの)で、こちらは甘酒そのものであっさりとしていました。




f0213292_10343171.jpg
*菊花豆腐のお吸い物

これも自分作です。木綿豆腐を菊花かぶらの要領で切り、真ん中に菊の花を、そして菊菜を添えました。

お出汁は、いつもお教室では土井さんの真昆布ですが、こちらはうねのさんの最上級利尻昆布と、血合い抜きのまぐろ節で引いたものです。全然味がちが~う。すっきりした感じ。(私は真昆布がすき)





f0213292_10343345.jpg
今回デザートが無かったので、先生が鍵善さんのお干菓子を用意してくださいました。

こちらのお教室に通って、1年2か月ですが、プロの料理と家庭料理の違いというものが、薄っすらと分かってきたような気がします。
いっても、答えはいたってシンプルで、「一つ一つの行程がとても丁寧」。その一言に尽きる気がします。

道具の使い方や火加減等、先生の手元を見ているうちに、その繊細さと一定のリズムに気付いたというか、、とても真似は出来ませんが。







f0213292_10344860.jpg
連休に、ヨットクラブのMさんの新しいグラバンで、淡路島に行ってきました。

大きい!そして広い、速い!!シャンパンも開けて、快適なクルージングでした。

けれども前夜、Mさんの愛犬のポケ君失踪事件があり、真夜中まで探し回ったMさんは超寝不足。ポケ君は終始うなだれていました。





人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-09-29 12:08 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

9月のお料理教室

f0213292_12322009.jpg
9月の料理教室は、和風の献立。わーい。

先生が日本酒をお召しになるようになって、お酒に合う献立が増えて嬉しいです!




f0213292_12322983.jpg
お月見の口取り
*月見卵
*衣かつぎ
*枝豆

本当にお月さまみたいな卵黄は、一旦凍らせてあります。
簡単に作れて美味しいので、定番になりそうです。



f0213292_12330178.jpg
*青菜とキノコの菊花和え

しいたけをじっくり焼いたので、良い香りがしていました。

菊の花弁は、先生が山形で買い求めたもので、乾燥のパックをさっと湯通ししたものですが、便利で使い勝手が良さそうでした。



f0213292_12330327.jpg
*鶏と茄子・獅子唐のさっぱり南蛮

塩麹で漬けた鶏肉を、あっさり目の漬け地に漬けています。


f0213292_12330587.jpg
*野菜ずし

小さめに握ったおすしに、お漬物を載せています。

以前、歌舞伎役者の海老蔵さんが、祇園のお茶屋さんに行ったら、必ず、お漬物のお鮨の出前をお願いすると紹介していたのを見たことがあります。こんな味なのかしらん。



f0213292_12333298.jpg
*長芋饅頭のお汁

根三つ葉、菊花が添えてあります。こちらもお月さまのよう。


f0213292_12333570.jpg
デザートは、いちじくのマリネとコンポートでした。

マリネの果物は、いちじく、キウイ、ぶどうでした。(写真一枚目ガラスのコンポートに入っています)。


前夜、夜間急病センターの当直で、病院の看護婦さんたちとの歓談の中で、市内にある、とある外科のクリニックの内部管理のずさんさを聞いて驚愕しました。

テレビや報道で、そういった事件や事故があるたびに、そんな病院が本当にあるの?と、信じられない思いだったのですが、なんと身近にそんな病院があったとは驚きです。

具体的には、注射や劇薬の管理をしない(職員で盗む人も居るそうです)、使用済みの注射針を放置する、透析のベッドの数を申請より多く置いている、使い捨てるべくフィルターを洗って再利用している。。書いていて腹が立ちます。
何度か保健所から指導が入っているようですが、改善する気がなく、有能なスタッフはこぞって辞めていくそうです。

いっそ内部告発すれば良いのにと思いますが、狭い世界でそんな事をすれば、次の仕事がなくなるのは自明です。

保健所や厚労省は、重箱の隅をつつくようなチェックはする割に、ダイナミックな事を見逃すというか、対応がお役所的で事なかれなのかなと思います。






人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-09-14 13:23 | *Lesson | Trackback | Comments(0)