薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:kitchen ( 21 ) タグの人気記事

熊本 象さんの器展

f0213292_16494409.jpg
ギャラリーとーくさんで開催中の、熊本 象(くまもと しょう)さんの器展に行ってきました。

案内のお葉書を見たら、ビビビときてしまい 「これは見ると買ってしまうな~、危険、危険」。
と思っていたのですが、飛んで火に入る夏の虫になってしまいました。





f0213292_16494413.jpg
唐津の作家さんです。

磁器なので、土ものよりも洋風というか、スタイリッシュな印象ですよね、どれも素敵!

お若い作家さんですが、窯元のお家に生まれ、同じく唐津の岡 晋吾さん、の元で修業なされたそうです。
どうりでビビビとくるはずです。



f0213292_16494412.jpg
本当~に目移りしてしまって、大変でした。

このポットの下に敷いてある銀色のお敷に目がいき、
「こちらは売り物ではないのですか?」と伺ったのですが、テーブルコーディネートの先生の持ち込まれたもので、残念ながら売り物ではありませんでした。

前日に見に来られた、お茶の先生も同じことを聞かれたそうです。
やった~、先生とシンクロ。



f0213292_16494561.jpg
片口の器も迷ったのですが、あとあと、黒唐津の壁掛けの花入れも欲しいのですが、、とりあえず、台付の大きめのお皿と、小皿を購入しました。

台付は、先生とお揃いだそう!ここでもシンクロ。(笑)



f0213292_16494567.jpg
家庭画法のバックナンバー(6月号)に、岡さんと共に唐津特集で掲載されておりました。

なごみは、茶道の雑誌ですが、毎号特集が面白くて楽しみにしています。

熊本さんの白磁は、ほどよく薄くて、繊細で、とってもとっても気に入りました。


f0213292_17064464.jpg
こちらは岡さんのもの。
(家庭画法6月号より)
料理家の大原千鶴さんがお料理を担当されています。

実はここ最近、暑くて、無気力で、ほとんど食欲というか、料理欲が枯渇していたのですが、こんなにすてきなお皿と巡り合えたので、料理(盛り付け?)もがんばりまーす。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-08-04 18:07 | *Living | Trackback | Comments(0)

神戸まつりヨットレース

f0213292_2135574.jpg
天気予報では空模様が危うかった今年の神戸まつり、前夜祭から見事晴れました!

クルーザーレースはグラバンにて本部艇、スタートしてからはゴムボートの我らがアイリス号で、風の止まったレース海面をぶいぶい走っていました。

今年は、外来艇含む48艇の参加。
微風で難しいレースでしたが、全クラス無事フィニッシュできました。



f0213292_2135593.jpg
1週間前に行われた(右 わたくし) ディンギーレースは、安定した南風でした。

今の季節は、暑くもなく寒くもなく、一番気持ちが良いです。

とはいえ紫外線は強いので、今年も飲む日焼け止めヘリオケアでケアしています。

飲んでいるのといないのとでは、あとのヒリヒリ感が全然違います。

日に焼けるのは構わないのですが、シミになったり、ダメージになるのは出来るだけ避けたいです。



f0213292_2136120.jpg
戻ってクルーザーレース。

皆さん、微風に悶えている間に、本部艇でムール貝を食すの図。
(ちらし寿司と、八幡巻はわたし作です)。



f0213292_2136250.jpg
再びディンギーレース。

稀に見る接戦で、2-1-3位の総合3位でした。(3艇でレースしたわけではゴザイマセン)。

清々しく、楽しいレースでした。
来月の月例レースが楽しみです。


f0213292_213658.jpg
そして、、買ってしまいました!たこ焼き器。
土曜日のお昼に小学校から帰ってきたら、新喜劇を見ながらたこ焼き、もしくはお好み焼きを食べて育った関西人なのに、ここ10年以上、たこ焼き器が自宅になかったんです。

たまたまネットで見つけた、イタリアデザインのBRUNOです。
ホットプレートもついています。
とってもコンパクトなサイズで、テーブルに置いても可愛く収まるのがポイントです。



f0213292_2136724.jpg
焼いた側から食べてしまったので、準備写真しかありましぇん。

自宅たこ焼きは、食べるより焼くのが楽しいですよね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-05-20 21:53 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

富井孝志さんの木の器

f0213292_1953397.jpg
年末から志ZUKiさんに注文していた、富井孝志さんの器が出来上がったと連絡を貰い、受け取りに行ってきました。


朝食のプレートをイメージしていたので、早速使いました。
う~ん、いい感じ。

パンはベッカライビオブロートさん。大好きなので、大量に買って冷凍しています。
で焼くと、もちもちふわふわが蘇ります。


過去のリンクの多い記事になってしまいました。
好きなものが、変わらないって事ですね。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-01-28 19:49 | *Living | Trackback | Comments(0)

辻和金網の焼き網

f0213292_10573595.jpg
京都の辻和金網さんで焼き網、あくすくい、胡麻いりを買いました。


f0213292_1121752.jpg
遠赤外線効果で、パンが表面はさっくりと、中はもっちりと焼けると聞いて、注文してから届くのを今か今かと待っていました。



f0213292_11305344.jpg
お昼に届いたので、早速トーストが焼きたくなり、ランチなのに朝食のようなプレート。

うん。表面さっくり、中はもっちり!

今朝は冷凍保存していたクロワッサンを焼いてみたのですが、厚みがあっても問題なく、まるで焼き立てのように再現できましたよ。


お弁当には、胡麻炒りで炒った胡麻をおにぎりにまぶしました。
写真がないのですが、香ばしく出来ました。お昼が楽しみです。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2012-12-06 11:55 | *Living | Trackback | Comments(0)

Vitamix.

f0213292_16165552.jpg
グリーンスムージーを始めて1ヶ月。ついに買ってしまいました Vitamix!!


知ってる人は知っている。知らない人は知らないVitamix(当たり前)。
「ミキサー界のフェラーリ」の異名を取る、それはそれはハイスペックなミキサーなのでございますよ。


Vitamixで検索してみると、色んな人のブログに行き当たるのですが、「梱包」姿で家に届いたところから実況している人も。

そのくらい、ユーザーにとっては特別な製品なんですね。まさにフェラーリ納車!みたいな。


f0213292_16462918.jpg
一分間に37000回転、二馬力1000kwのパワーをもつこのミキサー。とにかくパワフルにあらゆるものを滑らかに粉砕します。

毎朝、果物と野菜を適当に放りこんでは、新たな味の発見を楽しんでいます。
畑て採れたトマト(へたごと)とアメリカ産オレンジ(皮をむいて)。


f0213292_16303928.jpg
上にオレンジをトッピング。
トマトが甘い!レモンを加えるとさらに爽やかになります。


f0213292_16321097.jpg
キウイとモロヘイヤ〜。


f0213292_1647027.jpg
プラムと大葉は鉄分、ミネラルたっぷり。お味もおススメできます。


f0213292_16325265.jpg
キウイ×モロヘイヤもいやな粘りもなく、するする飲めてとっても美味しいです。


写真はありませんが、今朝はパイナップル、マスカット、ロメインレタス、ゴーヤ。騙されたと思ってトライしてみてください。
ゴーヤの苦みはほとんど感じず、後味鼻にふっと通るくらい。美味しさに驚きました。



朝一番にスムージーを飲み、吸収を阻害しないよう1時間開けてからもりもり朝ご飯を食べる生活を続けていますが、未だ夏バテ知らず!
先週のヨットレースも最後まで集中絶やさず頑張れました!再来週もがんばるぞ!!



Vitamixは、dinosさん等通販で手に入りますが、現在品薄のようです。私は京都高島屋さん内 マ ピエスさんで購入し、即日配送して頂きました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2012-08-08 16:39 | *Living | Trackback | Comments(2)

本枯れ節

f0213292_22353866.jpg
ずうっと前から欲しかった鰹節削り器。

自分に巧く削れるのだろうか、鰹節の扱いはどうするのだろう、邪魔にならないだろうか、値段の差は何だろう、、と躊躇していたのですが、
「ウチに使っていないのがあるわよ、良かったらお譲りするわ。」と、いともあっさり手に入れてしまいました。

じゃじゃ〜〜ん。

本枯節(ほんかれぶし)という、鰹を薫製し、さらにカビつけまでした高級品も一緒に頂きました。
茹で干しただけの生利節(市販の削り節の大半はそれを削ったもの)に比べると、風味も栄養価も格段に良いそうです。


カンナの要領で鰹を削り、下の引き出しに溜まるようになっています。


「・・・なっているのは見て分かった。どうして削った写真がないのだ?」


ご質問にお答えします。
巧く削れないのです。

まだ要領を得なくて、棟梁のような薄くてきれいな鰹節の出来映えには程遠いのです!!



f0213292_22483026.jpg
私が削ると、未だ木の屑みたいにしか削れないのですが(泣)、出汁を取るには十分。

すっごく、すっごくいいお出汁がとれます。


写真のスープは、牛蒡、れんこん、南瓜、しめじを太白胡麻油(香りが良い)で炒め、お水に、削りたての鰹をひとつまみ。
ほんのちょっと味醂とお醤油とお塩で味付けしました。


根菜類の甘みと、鰹のお出汁とでとってもとっても美味しい。

大大満足して、日々鰹を削っています。


いつか「棟梁」になれたら、そのときもこちらでご報告しま〜す。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-10-02 22:54 | *Living | Trackback | Comments(0)

富井貴志さんの木工作品

f0213292_121968.jpg
先月もお邪魔させていただいた、うつわ 志ZUKIさんで開催されている、富井貴志さんの個展に行ってきました。



f0213292_12225685.jpg
富井さんは木工作家さん。
木の温もりが感じられる器やカトラリーの数々。

食器でも家具でも、木の素材って優しくていいですよね。


f0213292_12252865.jpg
一口に木といっても、仕上がりは様々で、桜の木、樫の木、その素材はもちろん、漆を塗ったもの、灰で洗ったもの、いろんな表情のものがあり、どれも素敵で迷ってしまいました。


f0213292_12274115.jpg
こちらお花の形の豆皿。
かわいいでしょう!

上から写しているので分かりにくいのですが、ぷっくりしたフォルムで本当に愛らしいんです。


f0213292_1229892.jpg
今回私が買ったのは、こちらのお盆です。

ガラスの花器を置いてお花を飾っても、懐紙をひいて天ぷらを盛ってもいいですね。
前菜を並べても映えそう。

にまにましながら用途を考えています。




でも、、大きなサラダボウルも欲しかった!!

目の前で売れていっちゃったあの子、、、うちの子にならないかい?


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-09-23 12:33 | *Living | Trackback | Comments(0)

うつわ「志zuki」さん

f0213292_14541674.jpg
先日、お料理の先生と「器と美味しいものを巡るツアー」と題し、三田・芦屋と素敵なお店をたくさん回ってきました。


まずは先生御用達のギャラリー・うつわ 志zukiさんへ。


f0213292_1553118.jpg
この日は「太田 良子」さんのガラス展。

鏡を焼いてステンドガラスのように仕上げたというオブジェや、ランプシェード、器の数々。
黄色、青色と女性ならではの繊細な色彩が、やさしくて綺麗でした。



f0213292_1510341.jpg
こちらのギャラリーはオーナーさんの自宅と続いていて、素敵な自宅キッチンでもてなしていただきました。



f0213292_15204587.jpg
村田 森さんの水差し、伊藤 環さんのティーポットと、キッチンにさり気なく置いてあるものも、どれもこれも素敵なものばかり。


別の作家さんのものでも、材質の違うものでも、オーナーさんのセンスの良さなのでしょうね。不思議とテイストがしっくり合っていて、本当に居心地の良い空間でした。
憧れます〜。




f0213292_15274993.jpg
で、こちらで「一目惚れ」してしまったのがこちらの土鍋!

「榎原 陽子」さんという滋賀の作家さんのものです。

このぷっくりした姿と明るい色合いにココロを奪われ、ガラスの器を見にいったはずなのに、土鍋抱えて帰ってました(笑)。


榎原さんは、現在育児休暇中との事。
次の作品はいつになるか分からない、というのも購入の後押しになりました。

器も土鍋も一期一会。

同じく陶芸家という旦那様と共に、きっと幸せな家庭を今まさに築かれているであろう「榎原 陽子」さんに思いを馳せながら、私もこちらの土鍋で幸せな食卓を演出出来ればいいなあ、と思っています。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-08-04 15:39 | *Living | Trackback | Comments(6)

水出し紅茶

f0213292_23171493.jpg
この夏、凝っているもの。
「水出し紅茶」。


作り方は本当に簡単手間要らず!
お水500ccに茶葉6g(ティースプーン2杯)をいれて一晩以上冷蔵庫で置くだけ。


f0213292_23263354.jpg
ルピシアのフレーバードティーを使っています。

左は、甘い香りの「クラッシックブルーベリー」。
右は、緑茶にトロピカルフルーツの香りが華やかな「楽園」。




f0213292_23335673.jpg
フルーツや、ミントをいれてもおいしい。


お客さまにお出ししても、「このお茶美味しい!」と喜んでもらえるし、なにより涼しげなので、いつも何種類か冷蔵庫にいれて楽しんでいます。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-07-23 07:06 | *Living | Trackback | Comments(2)

三木のペティナイフ

f0213292_17111822.jpg
常々、料理は道具に左右されると、そう思っています。

「弘法筆を選ばず」とは言いますが、ただでさえそう大した腕ではない私の場合、その「筆」で料理の出来映えや時間が大きく違ってしまうのです。

以前こちらのブログ内で有次の菜切り包丁の事を書いたのですが、このペティナイフもとっても優れものです!



f0213292_17122776.jpg

タマキさんが「有次もいいけれど、うちで使ってるペティナイフ、軽くてよく切れて、最高よ!」とおっしゃるので、三木(市)の職人さんのところで一緒に買ってもらったものです。

本当に良く切れる。

今朝は果物を切りましたが(写真を撮るために、‘仕込ん’でみました)、軽くて疲れないので、たくさん細く切りたい生姜や茗荷、大葉といったお薬味を切るのにも重宝しています。


しゃくしゃくっと切れて、時間も短縮出来るので、今はこの包丁しか持ちたくない、位の心境です。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-06-24 17:26 | *Living | Trackback | Comments(0)