薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:diary ( 93 ) タグの人気記事

5月の料理教室と寸翁祭

f0213292_16424084.jpg
4か月ぶりに、地元のお料理教室に行ってきました。

大阪での和食のお稽古とは違い、家庭料理ですが、和洋中・エスニック、多岐にわたったお料理を教えてもらえます。

お久しぶりのお仲間や先生とお会い出来て、終始リラックスして楽しい時間でした。お料理はパクチーを多用し、ちょっとエスニック風。



f0213292_16424012.jpg
*揚げ春巻き。
生春巻きの皮を半分に切ったミニサイズです。甘辛味でおいしい。





f0213292_16424162.jpg
*茹でたことアボガドの香味野菜のサラダ。
こちらもレモンと生姜を効かせた、爽やかなサラダです。美味しかったので、帰宅した夜にも作りました。


f0213292_16424116.jpg
*新玉ねぎの丸々スープ。
家では、圧力鍋を使って作っていたのですが、お鍋でことこと煮る方式。こちらの方が美味しく感じました。



f0213292_16424126.jpg
*香味野菜の混ぜご飯。
白ごまで甘い味付けですが、ぱくぱく食べられます。


f0213292_16424265.jpg
*ジンジャーシロップと紅茶とジンジャーのスパイシーパウンドケーキ。

初めて作ったのですが、自家製のジンジャーエールって美味しい!煮だしたエキス以外のものは、スパイスジンジャーとしてケーキに混ぜて焼いています。どちらも甘すぎず、大人の味でした。



f0213292_17392455.jpg
少し前、GWのことですが、姫路神社で河合寸翁祭があり、お手伝いに行ってきました。

江戸時代、姫路藩酒井家に仕えた人で、姫路の財政を立て直した名家老として知られています。

銅像の字は、裏千家淡淡斎お家元だそうです。






f0213292_17392477.jpg
境内に、お花をお供えしました。剣舞の奉納もありました。





f0213292_17392406.jpg
本殿にも、容心流の方々による献花がされました。






f0213292_17392561.jpg
結婚式もとり行われる神社ですので、境内の植木もハート形です。




人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-05-11 18:34 | *Living | Trackback | Comments(0)

夢前・静かな向かい風 

f0213292_12284804.jpg
連休初日、夢前(ゆめさき)にある邸宅レストラン「静かな向かい風」さんの、春のイベントに行ってきました。

もともと山深く自然豊かな土地に、広々としたお庭が贅沢で素敵です。

お向かいの「ピアレ」さんのテーブルウェアのセールで、閉店間際だったにも関わらず、欲しいものが幾つか買えました。



f0213292_12284830.jpg
外観は洋館ですが、中は和洋折衷で居心地の良い空間の「静かな向かい風」さんで美味しいコーヒーとシフォンケーキを頂きました。

予約制のお食事にもぜひ来てみたいです。







f0213292_12284981.jpg
ピアレさんで購入したお皿を使って、いそいそとその日のご飯。

フルーツサラダ。ホワイトバルサミコと蜂蜜でマリネしてあります。

淵がレースになった高台のある洋皿、800円!6~7割引きになっていたと思います。






f0213292_12284949.jpg
ずっと欲しかった、真ん中が凹んでいるスープ皿。4枚4.000円!

喜び勇んで、空豆のスープを作りました。






f0213292_12285062.jpg
到来物の三重県の蛤。

一日目は焼きハマグリにし、二日目はおぼろ蒸し(茶碗蒸し)にしました。
焼けたはなから食べたので写真はなし。






f0213292_12285008.jpg
お肉も食べるべい、と焼いたタン塩。お皿は以前からあるもの。





f0213292_12285174.jpg
スープのお皿を洗って、再びパスタも盛ります。浅利と新玉ねぎの和風パスタ。

盛り盛り盛り過ぎて、お皿の良さが表現できす。(笑)

左に写っているワイングラスはフランス製で1客1.200円でした。
このグラスに、お野菜のジュレを盛りたかったのですが、オクラが無くて作ることを断念。






f0213292_12285165.jpg
私の地味な園芸活動も。

観葉植物や鉢にお水をあげるのに、ジャグを買いました。
探すと無いもので、あちこちうんと探し回った挙句、アマゾンで、Hawsというイギリスの園芸メーカーのものを見つけました。

セージ色といい、大きさと言い、持ちやすさといい、満足しています。




f0213292_12360606.jpg
小さな花壇のお花を少しだけ切っては、室内でも楽しんでいます。









人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-05-02 13:53 | *Diary | Trackback | Comments(0)

大井の切り落としローストビーフ

f0213292_15431813.jpg
大丸神戸店の7F、リビング館がリニューアルしたので、母と行ってきました。

特に期待せずに行ったのですが、期待外れでした。。

真ん中に、造花やハーブ、新しいのか古いのか分からないヨーロピアンな雑貨等のセレクトショップが陣取り、本来あった食器類や、調理器具も隅に追いやられていて、私には見応えがなかったです。

良かった事は、大丸の帰りに寄った、大井肉店でローストビーフの切り落としが買えました。

人気なので、午後に行くと大抵売り切れているのですが、本店にはありました。

サラダとローストビーフ(の切り落とし)、ミニトマトのハニーマリネ、芹の海苔酢です。





f0213292_15431888.jpg
鯛のとろろ昆布和え。

昆布〆の簡単バージョン。酢橘を絞って、さっぱりと食べられます。







f0213292_15431937.jpg
足赤えび。

車海老と似ていますが、お値段控えめだそうです。

冷たい料理ばかりになったので、シュウマイを蒸すつもりが、リクエストにより冷凍庫のピザを焼きました。




f0213292_15431962.jpg
大丸1Fの花屋さん。

こちらをぐるぐる、ぐるぐる徘徊している怪しい女を見かけたら、それは私かもしれません。

この界隈は、街路のお花も素晴らしくきれいです。







f0213292_15432080.jpg
西元町にある、大井本店さん。(写っているのは母です)。

そごう、大丸にも売り場はありますが、大丸は精肉のみでローストビーフは売っていません。







f0213292_15432048.jpg
この時期、クリスマスローズがたくさん咲いています。

白グリーンの八重のものを、お茶の先生にいただきました。





人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-04-27 16:37 | *Living | Trackback | Comments(0)

3月になったので・・・

f0213292_14184870.jpg
3月になったので、飾り扇子を「まいった 鬼さん」から「にこやか ひな」に替えました。

何事も旧式の関西地方では、旧暦で行事をすることが多いので、ひなまつりも4月まで延長です。関東では、すでにお雛様を仕舞う頃でしょうか。






f0213292_14173773.jpg
さて2月は、職場の引越しもあり、慌ただしく過ぎてしまいました。
2月最後の日の、昨日は特に、慌ただしいというよりドス黒いことが続き、心がカサカサするので、3月に入った今日は、お花を買いました。

どやさ。ピンクの薔薇ですよ。

私の黒い心も、ピンク色に染まる、、かもしれない。笑






f0213292_14173854.jpg
乙女チックに、美容ネタです。
先日、美容院で、大枚をはたいて水素水トリートメントをしていただきました。

おかげで髪が潤いましたが、持続させるため、日常のブラッシングを怠らないことにしました。
十和子様ご愛用の、アッカカッパのヘアブラシ。(写真左)
ループ状のナイロンが程よく頭皮を刺激します。

ブラシ界のロールスロイス(そういう触れ込みに弱い) メイソンピアソン(写真右)のブラシで、髪の毛をブラッシングしています。

水素トリートメントをした後、あまりの髪のツヤツヤぶりと、疲れた自分の顔とのギャップに悶えました。
髪は女の顔の「額縁」とはうまく言ったもので、額縁だけ新品で、絵がくすんでいるのも辛いものです。









f0213292_14173893.jpg
そんな私の「午後からリセット」セット。
お昼休みの最後の10分グッズです。

1。目薬をさして
2。ローズのミストをふりかけたあと、ハンドクリームを塗り塗りしつつ、
3。レンジで温めたアイマスクを乗っけて5分間横になる
4。その後アッカカッパ→メイソンピアソンの順でブラッシング
5。ラシャスリップを唇に塗って完了です。









f0213292_14173955.jpg
人が花をみるとき、花もまた人をみる。







人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2017-03-01 14:47 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(0)

2017年の御節

f0213292_17071772.jpg

ブログをご覧になってくださる皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は久しぶりに、家で御節料理を作りました。

毎年、料理教室で合同で作るのですが、今回は1人で、30日まであった仕事の合間と、31日一日で作りました。


f0213292_16121174.jpg
作ったのは、*数の子 *田作り *叩き牛蒡 *松風 *スモークサーモンの砧巻 *擬製豆腐 *鮭と鰆の粕漬け *紅白柿なます *鴨ロース *牛肉の山椒焼き *黒豆
*お煮しめ(花れんこん、花人参、羽子板長芋、結び昆布、こんにゃく、しいたけ旨煮、菜の花 でした。


f0213292_16121107.jpg
31日に届いた赤穂「食いしんぼう」さんのお重。

30品目以上がぎっしり!入っています。どれも美味しい~!!

叩き牛蒡や黒豆等、食べ比べてみると当たり前ですが、プロと素人の差が歴然。唸りながら食べました。



f0213292_16121254.jpg
有次さんで三徳包丁を新調しました。ストレスなく切られて、花蓮根も失敗なくす~いすいでした。

名前を入れると、さらに道具に愛着が湧きます。


f0213292_16121265.jpg
年末は、恒例となりつつある「第九」に行きました。

その前にグランフロントのWolfgang's Steakhouseへ。15時~のハッピーアワーでステーキ、オイスター、ロブスターといただきました。

私、このお店かなり好きです。



f0213292_16121312.jpg
第九はもちろん素晴らしかったけれど、いつも車で、カラヤン×ベルリンフィルの素晴らしすぎる傑作版を聴きこんでいるので、第九というとその演奏がインプットされていて、比べてしまってダメですね。

同じCDばかり聴く癖を直さなくては。。

とはいえ、年末に美味しいステーキを食べて、第九を聴いて、心置きなく新年が迎えられました。感謝。



f0213292_16121407.jpg
初詣には着物で行きます。

鶏年ですが、寅年生まれですが、午の帯。。(笑)

この帯が軽くて、運転しやすいのと、夏に買ったブルーの帯締めが締めたかったのとで、この組み合わせになりました。

明日の初釜には、同じ着物に梅の帯を締めようと思います。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2017-01-06 17:32 | *Living | Trackback | Comments(2)

鮨・希凛(淡路店)

f0213292_10085954.jpg
淡路島の岩屋に新しくオープンした鮨・希凛さんに行ってきました。

明石の希凛さんと同系列、淡路店になります。

白木のカウンターにお客が横一列、1930~一斉スタートの形式でした。


f0213292_10085990.jpg
明石のお店同様、豪勢な盛り合わせ。

初めて知ったのですが、こちらの大将は岩屋生まれで、漁師さんの息子さんだそう。
どうりでお魚が良い訳です。


f0213292_10090017.jpg
鰻の白焼き。

鰻は、白蒸し、白焼き、タレがついていないものが好きです。


f0213292_10121431.jpg
とてもご機嫌な私。

ご覧の通り、ロケーション抜群です。

カウンターで、皆で一斉に一緒のものを食べるの、一体感があって好きです。楽しい。



f0213292_10090191.jpg
今年戴いた中でいちばん大きな松茸。香りだけでなく、歯触りも良いです。


f0213292_10090284.jpg
いよっ、大将!!

たまたま、大将の岩屋の同級生という方が、お隣の席のグループだったのですが、歯に衣着せない会話が、掛け合い漫才のようで面白かったです。

大将は、明石の本土と淡路と、クルーザーで行き来しているそうです。

「エンジンがポンいう(故障)てしもて、どないしよ~」、とお嘆きでした。船は渋滞ナシですからね。魚の運搬にも向いてそう。


f0213292_10090341.jpg
ししゃも、青森のもずく、
お造り、鰻、松茸ときて、ここからがお鮨。

カウンターの中でみんなの視線を一斉にあびて、鮨を握るのってもうスターのようですよね。

f0213292_10090485.jpg
同級生との会話で調子が狂った?のか、私たちのところに2貫(巡)きたトロ。美味しかった~。2つも食べられてラッキー。(笑)

お鮨はすべて下処理がしてある江戸前風で、お醤油も出てきませんでした。最後の海苔巻も含めて、全部で7~8貫でした。


f0213292_10090412.jpg
淡路は泊まりでした。

翌朝の朝ごはん。出発時に芦屋で買い物したので、ベッカライビオブロートさんのパン、メツゲライクスダさんのパテ、グランフードホールで買った果物と野菜でサラダを作りました。

海があんまりキレイなので、ビールを開けました。(理由になってない?)


f0213292_10090528.jpg
夕方早めに帰って、モンティの散歩に行きました。

連休の最後で、姫路にはスムースに帰れましたが、大阪方面は激混みでした。

明日、姫路城二の丸広場で開催される、ル・ポンが楽しみです。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-10-11 12:19 | *Diary | Trackback | Comments(0)

初秋の京都散策・丸太町はら田さん

f0213292_18282020.jpg
京都に行ってきました。

夜のお食事以外、特に行先を決めずに向かったのですが、なんとなく「開運」をテーマに先ずは清明神社に参りました。

その後タクシーで市役所前の広東料理のお店にいき、おビールとおラーメンのち、もう一度タクシーで六堂珍皇寺へ。大きな小野篁の像や、あの世に続く井戸を眺めたのち、六波羅蜜寺へ。

そのまま建仁寺の方面へ歩きました。

それにしても六波羅の辺りは霊気がすごい。(笑)




f0213292_18281866.jpg
建仁寺さんを横切るつもりでいると、書家の金澤翔子展の看板を見つけ、時間もあったので覗いてきました。

風神、雷神の書。

本物の翔子ちゃんの書はすごい迫力で、一緒に展示してある俵屋宗達の複製、風神雷神の屏風がかすむほどでした。



f0213292_18281860.jpg
翔子ちゃん本人!

奥院で開催していた書展を見ていると、ご本人が現れました。購入した本に、「翔子」とサインを書いてくださいました。

我が家は一家で翔子ちゃんとお母さまの泰子さんのファンで、彼女がテレビに出るたびに家族一致で「今日はこの番組を見なければ」と団結するくらいなので、会えてうれしかった。

書展でも、翔子ちゃんの作品と共に、その書に関する、お母さまの心のこもった文章が添えられていて、文、書とも、とても見応えがありました。



f0213292_18281705.jpg
思わぬ出会いに感謝しつつ、建仁寺を後にして祇園界隈へ。(写真は建仁寺)

きものむら田さんで、家で洗えるという長襦袢を注文してきました。素敵な帯が何本も飾ってありましたが、見なかったことにして、帯〆を1本買いました。
ロイヤルブルーで、きれいな色です。

そのまま錦へ。
包丁で有名な有次では、外国人のお客さまを相手に、店員さんが流暢な英語で応対なさっていました。

人込みを避けて麩屋町の方に行き、カフェ?バル?のベルギービールで一休み。よく歩きました。

そのままてくてく、丸太町まで上がり、骨董を扱うお店うるわし屋さんへ。

写真はないのですが、漆塗りを中心に、店内素敵な骨董品でいっぱいでした。きものを買ってなければ、1枚や2枚は買っていたと思うのですが、次回のお楽しみに。

ここからは食のお楽しみ。



f0213292_18282026.jpg
同じ丸太町を、河原町通りに出たたところに「割烹 はら田」さんはありました。

知人に3年くらい前から「とても良いお店だから」と聞いていて、一度伺ってみたかったお店。

直前にも関わらず、あっさりと予約が取れたことに訝しさを感じつつ、恐る恐る行ってみるとなんのなんの。
開店とほぼ同時に、一瞬で予約客で満席になりました。

カウンターにテーブルが1席のみ、てきぱきとした愛想の良い、女優の富田靖子さんをさらに可愛らしくしたかんじの女将さんと、きりっとしたご主人、若いお弟子さんがおひとりのお店です。





f0213292_18282129.jpg
お料理はお任せでお願いしました。

松茸と鱧の土瓶蒸し。このときはまだ、(フルボトルで頼んだ)スパークリングワイン。


f0213292_18282273.jpg
お刺身。

この頃から日本酒に移り、それから何合飲んだんだろう。。。

写真を見たら、すくなくとも4種類のお猪口が写っていました。



f0213292_18282372.jpg
お任せですが、焼き物も何種類かあり、どちらでも好みのものを選べます。

私は鮎の炭焼きを。30分以上かけて焼いてくださいました。とても美味しかったです。

私たち以外は常連とおぼしきお客さんばかりでしたが、一見の私たちにも変わらぬ対応で、とても寛げるお店でした。

箸休めです、と出てきた立派な蟹もずく酢に、小声で隣席に「これ、箸洗いやて」とつぶやくと、すかさずキャッチしたご主人に「休まりまへんやろ?」と笑っていただけました。




f0213292_18282451.jpg
白木のカウンターの中できびきび動かれる板前さん、その後ろには整然と並んだ器の数々。

調理場の様式美にため息が出ます。

タクシーを呼んでもらって外へでると、入店からすでに3時間も経っていました!

ご主人と女将さん、一見の私たちを、まるで親戚を見送るように手を振っていつまでも見送ってくださいました。


f0213292_18312673.jpg
翔子ちゃんのお母さま、泰子さんと。

毎月、エッセイを読ませていただいているので、お話出来て感激でした。

たくさんの出会いがあり、またすぐに京都に行きたくなる旅でした。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-09-15 15:49 | *Diary | Trackback | Comments(0)

和食の料理教室

f0213292_16043990.jpg
夏休み中、大阪のお料理教室に行ってきました。

前回は中華だったので、(私にとって)やっと先生の本領発揮の和食。季節の器の選び方から使い方まで、詳しい講義にも大感激!でした。

八寸は
*とうもろこしムース
*蛸の太白合え
*青梅みつ煮

とうもろこしムースは鬼笹で包み、青梅はほおずきの器です。

我流でやっていた蛸の下処理の仕方を教えていただけて、大収穫。いつでも生ダコ、お待ちしています。


f0213292_16043908.jpg
*そうめんかぼちゃと葛きり 土佐酢和え。

そうめんかぼちゃのしゃりしゃり感と、くずきりのつるつる感が合っていました。

ちょうど平行して、土井善治さんの「おいしいものの まわり」 という本を読んでいて、料理にかける意気込みというか、当たり前のことを追求してやる、という姿勢に驚きました。

こちらのお教室では助手さんが2人いらっしゃるのですが、何か食材を出された後も、先生が
「はいっ、これ冷蔵庫に閉まって!」などときびきびおっしゃるのは、すこしでも劣化させないための、料理人の勤めなんだな、と感じ入りました。

私がもともとから通っている地元の料理教室は、家庭料理で先生の人柄も素晴らしく、料理以前に大切なこともたくさん教えていただき、とても感謝しています。

こちらの料理教室は、包丁ひとつとっても家庭ではとても使わないような大きな包丁で、先生が手際よく調理されるのを見せていただくので、実利的ではないかもしれませんが、講義も料理も、とても面白いです。


f0213292_16044018.jpg
*鶏の昆布じめ。

添えてあるのは、純生こしょう といってインドネシア産の塩漬けの黒胡椒です。
メツゲライさんで見つけたので、自宅用に買いましたが、ベトナム産でした。


f0213292_16044132.jpg
待望の鱧鍋。

瀬戸内の我が家では、大量の淡路産の玉ねぎと食するのですが、和久傳さんのカタログなんかを見ていると、京都ではどうも味付けが違いそうだ、、と興味深かったんです。

お教室では、クレソンと合わせてありました。他に、お豆腐や生麩、湯葉、しいたけ(松茸)等も良いそうです。

玉ねぎは、甘くなりすぎるので、懐石料理やさんの鱧鍋には使わないそうです。
家庭ではもちろん構いません。



f0213292_16044189.jpg



f0213292_16044139.jpg
すだちを搾っていただきます。

すだちを見ると、徳島の友人が、自身が考えた「すだち君」というゆるキャラを県に応募していたのを思い出します。ですので私は、すだちを「すだち君」と君付けで呼んでしまいます。




f0213292_16044209.jpg
*利休汁と石川小芋ご飯。

石川県の小芋かと思ったら、大阪の河南町石川村の早生(わせ)の小芋だそうです。

先生は「和食と一口にいっても、京都と大阪では違います。私の料理は大阪です」。とはっきりおっしゃいます。
そして大阪の和食の原点はやはり湯木貞一さんにあるそうです。
ですので、こちらで使うお味噌も、もともと船場吉兆で使われいた(る?)大源味噌というお店のものだそうで、帰りに心斎橋大丸に寄って買ってきました。


f0213292_16044242.jpg
食後は*パイナップルと緑茶ミントシロップのかき氷 でした。



f0213292_16044230.jpg
余談になりますが、このブログでも何度か紹介した地元の和食やさん、内心接客態度が悪いのが気になっていました。

お料理の値段と中身には満足していたので、不満はいうまいと思っていたのですが、色んなことが度重なって、もう、二度と行くまいと決心しました。(料理は美味しいので、お弁当だけ頼みます。(笑))

幾らたくさん従業員が居ても、従業員というのは、店主、オーナーの背中を見て育つものだと思います。
神戸、芦屋の名だたる有名店の店主と肩を並べてワイン会、勉強会をして、分かったようなことを書いていらっしゃいますが、一体なんのお勉強をされているのでしょうか。。

従業員への不満を、自店のブログで書き綴るあたり、変わった店主だと思っていましたが、自身を顧みることをされないようです。
(私も偉そうには言えませんが。)

そんなこんな?で、近く、お料理、器、店主の人柄すべてにおいて大満足な、あの赤穂の名店に伺うのが、さらに楽しみな今日この頃です。

もちろんレポートします。♪







人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-08-22 12:42 | *Living | Trackback | Comments(0)

水曜ランチ会で持ち寄りパーティー

f0213292_16022554.jpg
夏休み前半、いつもの料理教室の水曜ランチ会のメンバーで集まりました。

今まで、淡路島、赤穂、神戸と色んなお店でランチしたのですが、お盆の最中でレストランの予約が難しく、M家での持ち寄りパーティーになりました。


f0213292_16022604.jpg
お野菜と鯵のマリネにお肉の香味焼き、北海道のチーズ、いわしのオイル煮、炭火焼鶏のせサラダ、水菜のサラダ等、皆料理教室のメンバーと先生なので、お教室の総復習のようなメニューが並びます。

写真にはありませんが、クックパッド先生のガトーショコラも絶品でした。



f0213292_16022661.jpg
Mさんの夏野菜ジュレ。

とても美味しかったので、後日レシピを聞いたところ、「じゃあ一緒に作ってみる?」とお誘いいただき、二つ返事で再びM家にお世話になりました。

温泉卵も10個作らせていただきました。


f0213292_16022692.jpg
ほぼほぼ私だけが飲んだビールとワイン。(笑)


f0213292_16022720.jpg
私は、写真のとうもろこしのムースを作っていきました。

当初、BBQと聞いていたので、軽いものにしたのですが、涼しい室内で豪華な持ち寄りパーティーになってしまい、BBQはしませんでした。

f0213292_16022714.jpg
残った炭火で焼きおにぎりを焼いてくださるMさんのお母さま。

お味噌を塗った焼きおにぎりと、近所の老舗お鮨やさんの巻き寿司をお土産にいただいて帰りました。

どんなレストランより良かったです。


f0213292_16022719.jpg
刺し子のランチョンマットが4枚完成しました。



f0213292_16022825.jpg
このようなセッティングはいかがでしょう。

まだもったいなくて使っていません。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-08-16 18:30 | *Living | Trackback | Comments(0)

6月の料理教室と絶景ランチ

f0213292_10551386.jpg
あっという間に暑い夏となりました。ブログも更新しないまま。。

特に忙しかったというわけでもないのですが、これからぼつぼつ更新していきます~。

まずは6月の料理教室。お芋さんをたくさん使ったメニューです。
*じゃがいもと鯵の野菜たくさんマリネ
*二種のじゃがいもサラダ
*豆のスープ
*トマトの炊き込みご飯
*紅茶とオレンジのゼリー



f0213292_10551315.jpg
オクラ、ズッキーニ、じゃがいも、長芋とお野菜が盛りだくさん。

暑い夏は、お酢や柑橘類の、すっぱい味が食べたくなります。


f0213292_10551440.jpg
ゼリーも器も涼し気です。



f0213292_10551436.jpg
そしてこちらは、昨日(ホヤホヤ)のランチ。
オリエンタルホテルの17F、ステーキハウスの鉄板越しの眺めです。神戸の海が眼下に広がります。

久しぶりのお友だちとのプチ贅沢ランチでした。

「Uちゃんは何が食べた~い?」と聞くと、大抵

「う~ん、なんでもよいけど、、○○が良いかな?」と、ものすごく具体的に指示してくれます。(笑)今回はお肉でした。



f0213292_10551466.jpg
イケメンで長身でニコニコと優しいお兄さんが、目の前で、私たちのために!お野菜とハンバーグ、ステーキを華麗に焼いてくださいました。
寿命が延びました。


f0213292_10551463.jpg
サラダとごはん、香のもの、お味噌汁にデザート、飲み物までつきます。
ご飯も、ガーリックライスを焼いていただきました。

このレストランに限らず、オリエンタルホテルのスタッフの方は、皆さん洗練されていて、親切で大好きです。
駐車場も入れやすいし、好き。



f0213292_10551507.jpg
絶景繋がり。

前日、シアトルでの宝船レガッタの打ち上げを、須磨のタワーマンションの、最上階パーティールームで行いました~。

こちらも大絶景!36Fからの270度オーシャンビュー!!豪華で楽しい会になりました。

肝心のシアトルも、また書きます~。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-07-07 12:32 | *Living | Trackback | Comments(0)