薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
10月の和食のお稽古とルポン..
at 2017-10-16 12:15
物欲の秋
at 2017-10-12 12:33
9月の和食のお稽古
at 2017-09-29 12:08
9月のお料理教室
at 2017-09-14 13:23
8月の和食のお稽古
at 2017-09-01 13:10
カテゴリ

タグ:cooking ( 160 ) タグの人気記事

今月のお料理教室

f0213292_1975356.jpg
4月の料理教室は少し中華っぽいメニューでした。
献立は・・

*麻婆豆腐
*豆乳スープ
*春野菜と浅蜊の蒸し煮
*揚げ茄子の中華マリネ
*杏仁豆腐

でした。

どれも美味しかったのですが、特に良かったのがこちら。
f0213292_1910467.jpg
春野菜と浅蜊の蒸し煮です。

こちらは、お鍋に具材と調味料、胡麻油を注いで火にかけるだけ。
これなら出掛ける前に準備だけしておいて、帰宅してからコンロに火をつけてもあっという間に出来上がります。
浅蜊から良いお出汁が出て美味しいです。

f0213292_1923927.jpg
先生のお宅の大きな中華鍋。キッチンは生姜やニンニクの美味しそう〜な匂いがたちこめていました。

f0213292_19253522.jpg
ところでこちらは我が家で使っている胡麻油です。
九鬼といって四日市のものですが、大手のスーパーには大抵置いてあります。
特に左の太白胡麻油は、あっさりしていて軽いのに、ふんわりと胡麻の香りがして、もう何本リピートしたか分からない程です。

料亭では天ぷら油に使用されているようですが、そんな贅沢使いはとても出来ないので、私は料理の最後に、鍋でカンカンに熱した太白胡麻油をジュっと掛けて、香りと風味をつける技をよく使います。


f0213292_19344335.jpg
デザートの杏仁豆腐。
杏仁パウダーたっぷりで、甘い香り。
フルーツたっぷりで、見た目もビタミン補給もばっちりです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-04-22 09:46 | *Living | Trackback | Comments(2)

懐食「睦月」 oishii

f0213292_2125229.jpg
少し前になりますが、お誕生日週間ということで、家族で「睦月」さんに行ってきました。県立大学前にある和食のお店です。

f0213292_21254449.jpg
先付の‘土筆と芹の白豆腐和え’
前菜は‘ホタルイカ酢味噌掛 瓢亭卵 桜風雅 海老五色揚げ 筍木味噌和え’

f0213292_21424115.jpg
椀盛。‘帆立貝真蒸 生雲丹射込み かぎ蕨 一寸豆 木の芽’

しんじょの中に仕込んであるウニがなんとも美味しかったです。しんじょは、やはりプロの味だなあ、って思います。出汁も。(余談ですが、私が水から取っていた我流出汁ですが、鰹節のチップは必ずよ~く煮出さないといけないそうです。トホホ。。やはり我流ではダメですね。)


f0213292_21304518.jpg
目の前で蚫を捌いていただいて。。

f0213292_21314592.jpg
お造り。最近、スーパーでよく見かける“わさびの葉”を被せてありました。見た目も良いですし、お刺身も枯れず、家でもすぐ使えそうな技です。

f0213292_21323870.jpg
煮魚は大好きな鰈でした。

f0213292_21333745.jpg
こちらはサザエのつぼ焼き。
一旦身を出してよく洗ったものを貝に戻して焼くそうです。砂も噛んでいなくて、取り出しやすくなっています。
f0213292_21403567.jpg
日本料理店ですが、ここのステーキも美味しいんです!

f0213292_2135148.jpg
この店の主で、料理長の大谷さん。
睦月が開業されてから、家族のお祝い事は大抵このお店です。
個室もあるのですが、必ずカウンターで、大谷さんにお料理の事を教えて貰いながら戴きます。



f0213292_21372220.jpg

f0213292_21373782.jpg
お寿司とデザートになる頃には、いつもお腹いっぱいでお持ち帰りになってしまいます。

「睦月」さん、今回もとても美味しかったですし、勉強になりました。ありがとうございました。

睦月  姫路市南八代町20-10 079-294-8500 
                        
人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-04-20 09:33 | *Diary | Trackback | Comments(1)

お花見弁当

f0213292_20304387.jpg
昨日のお花見のお弁当です。早起きして作りました。

献立は・・・

・穴子ちらし寿司
・アスパラガスと牛肉の八幡巻き
・地鶏の照り焼き
・うどの梅肉和え
・うどの皮のきんぴら
・ひじきと蒸し昆布のサラダ
・鮭の西京焼
・胡麻和え(ブロッコリー、ホワイトアスパラ、スナップえんどう)  
です。

もちろんワインも、たんまり持参で。

それにしてもお弁当って、台所でお味見をしている時よりも、お重に詰めて現地で食べる方が数段美味しく感じます。
お外で食べるというシチュエーションもさることながら、やはりお重を大勢で囲めば囲むほど、美味しさもアップするような気がします。

今回、直前の誘いだったにも関わらず、東京から帰って来てくれて一緒にお弁当作りから手伝ってくれたY子ちゃん、本当にありがとう。
一緒にお花見が出来て、本当に楽しかったよ。

来年も、みんなでお花見したいね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-04-13 09:32 | *Living | Trackback | Comments(2)

鯛の押し寿司

f0213292_23215834.jpg
今シーズン初めて、鯛の押し寿司を作りました。

f0213292_23222960.jpg
明石の天然鯛です。別名桜鯛というだけあって、本当に桜色。

f0213292_2324254.jpg
塩を多めで、昆布〆にします。

f0213292_23265495.jpg
まず鯛を敷き詰め、大葉と山椒の実を散らし、ご飯を詰めます。
下の板にサランラップを敷いておき、上の板で押し出したあと、そのままサランラップでくるんでしまうと始末が良いです。
そのまま暫く置き、酢飯と鯛が馴染んでから切り分けます。


f0213292_23343177.jpg
ただのおにぎりでも同じ事なのですが、こうして竹の皮に包むと、竹の殺菌作用で安心して行楽やヨットに持って行けます。

しかも、素朴な割にいかにも「ごちそう」って感じがするのか、皆に喜んでもらえます。
自然の素材なので、エコでもありますし、私の必殺!竹の皮です。
デパートでも5枚で300円くらいで売っています。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-04-08 10:03 | *Living | Trackback | Comments(0)

強力な助っ人

f0213292_2145447.jpg
キッチンでの私の心強い助っ人。クイジナート(左)とバーミックス(右)です。

よく使用するものは使いやすいところに出しておく、が私の信条です。後ろに並んでいるのも、よく見る料理本たち。
ぱらぱらっと見て、その日の献立の参考にしています。

特に「行正り香」さんの料理本が大好きです。
エッセイに写真、お料理のテーマに合わせた、行正さんお薦めのCDの紹介もあり、料理をしない日でも眺めているだけで十分に楽しめます。


f0213292_21455912.jpgマッシュポテトも一瞬で出来上がり。


f0213292_21461056.jpg











バーミックスは鍋にそのまま入れられるので本当に便利です!こちらは菜の花のスープ。2~3cmに切った菜の花をスープストックで煮て、潰してから牛乳でのばしました。


f0213292_21462097.jpg
ビーフシチューのお肉の下にマッシュポテト。人参、玉葱、セロリもバーミックスで潰してシチューのデミグラスソースにしました。
前回のタンシチューが圧力鍋の時間を読み誤り失敗してしまったので、今回はお鍋でことことと。

蓋を開けたり、閉じたり、お味見したり。覗き見しながら作るのが好きです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-03-12 15:35 | *Living | Trackback | Comments(0)

I LOVE 韓流

f0213292_2212225.jpg
韓流スターのファンではありません。
韓国料理が好きです。今日はお昼にピビンパを作りました。
色んな野菜をナムルにしていきます。


f0213292_22121640.jpg
こちらは韓国の春雨。日本のものより歯ごたえがあって、しっかりしています。野菜と炒めてチャプチェにします。


f0213292_1574281.jpg
お昼ご飯のピビンパ。
スプーンでごっちゃ混ぜにして頂きます。(写真を撮るのに焦ってお箸をセッティングした私。)
お野菜がたくさん摂れる韓国料理ってヘルシーですよね♪

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-03-10 15:16 | *Living | Trackback | Comments(0)

手前味噌ですが・・・。


前回のお料理教室の続き・・・。
実はここ数年、自家製味噌を作っています。
こちらもお教室で。皆さんと手分けしての大仕事です。

f0213292_20452530.jpg
一晩お水に浸けたお豆をことことと煮ます。




f0213292_20455873.jpg






糠とお塩と煮汁を合わせて‥




f0213292_20465316.jpg











潰します!我が家から持ち込んだ‘クイジナート’。
先生のものと2台併せてこの日ばかりはフル稼働です。


f0213292_20501214.jpg
お団子にして、タッパに空気を抜きながら詰め込みます。






f0213292_20505638.jpg











一丁上がり〜。
後は待つだけ。秋祭りの頃に出来上がります。

手前味噌ですが、やはり自分で作ったお味噌のお味は格別です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-03-09 09:44 | *Living | Trackback | Comments(2)

トマトソース煮込み

f0213292_20282067.jpg
今月のお料理教室。メニューは
○鶏肉のトマトソース煮込み
○ホットグリーンサラダ
○グリッシーニ
○オレンジゼリー         でした。


f0213292_20294528.jpg
トマトソースは多めに煮ておくと、ラタトゥイユとしてパンにつけたり翌日以降も楽しめます。


f0213292_2030317.jpg
自称「パン職人」の私はグリッシーニを主に担当。
今回はドライイーストを使用しましたが、そろそろ気温も上がってきたので、天然酵母を起こそうかな〜。


f0213292_20315879.jpg
黒胡椒とパルメザンチーズを練り込んであります。
ドライトマトやバジルも美味しそうですよね。


写真では目立っていませんが、ホットグリーンサラダもアンチョビとカリカリベーコン、パルメザンチーズが効いていて、とても美味しかったです。

今回はややメニューが少なめ。。
なぜなら、このあと大仕事が待っていたのです。→次週につづく。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-03-04 10:18 | *Living | Trackback | Comments(0)

料理画報

f0213292_21265347.jpg
皆さま、このブログのタイトルをご存知でしょうか?
何を隠そう(隠してない)「料理画報」でございます。わたくし、「料理画報」のくせに料理がほとんど出てこない事に胸を痛めていました。。やっと、やっとひさ〜しぶりにお料理したので、ご紹介させていただきたく思います。

タンシチューです。



f0213292_21342660.jpg

お肉を焼くことから始めます。
この「おこげ」をこそぎながら野菜を炒めたもので、デミグラスソースを作ります。

f0213292_2135362.jpg

付け合わせのフルーツサラダ。マスカルポーネチーズとサワークリームであえます。



f0213292_21372015.jpg
じゃーん。出来ました。

「お料理してエライね。」と褒めていただく事が多いのですが、ただ無心にお野菜を切ったり、お鍋に向き合う時間は、私にとってとてもリフレッシュになるのです。
どこまでも続く高速道路をドライブしているような感覚でしょうか。

好きな音楽でもかけて、ワインをちびちび飲みながらの料理はもうサイコー。たまにターンとか、キッチンで一人キメてしまうほどです。

しかも出来上がりを美味しいと食べてくれる家族や友人がいるから、さらに喜び倍増なのです♪


追伸:出来上がりのシチューが少ないのは、圧力鍋で炊き過ぎて、すっかり煮汁がなくなってしまったせいです。つまり失敗作です。。。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-03-01 09:35 | *Living | Trackback | Comments(0)

粕汁

f0213292_2215880.jpg

なんだか写真が縦横おかしな感じですが、これで合っています(笑)。

先日、お料理教室で作った「粕汁のしゃぶしゃぶ小鍋仕立て」先生、すみません。勝手に名前をつけました。
これは、普通の粕汁を一人鍋に盛り、牛蒡と里芋を先に炊き、あとのお野菜はピーラーで薄切りにする等素早く火が通るようにし、お魚(写真は鰤と鮭です。)と共にしゃぶしゃぶしていただくもの。

今日のように寒い日には、このように小鍋で湯気がたっているお汁ものがテーブルにあるだけで、とても暖かい気持ちになれます。

ちなみにこの酒粕とお味噌にもこだわりがあります。また追々ご紹介していきたいと思っております。


T先生、いつも素敵なレシピを教えてくださって、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-02-11 22:01 | *Living | Trackback | Comments(0)