薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
10月の和食のお稽古とルポン..
at 2017-10-16 12:15
物欲の秋
at 2017-10-12 12:33
9月の和食のお稽古
at 2017-09-29 12:08
9月のお料理教室
at 2017-09-14 13:23
8月の和食のお稽古
at 2017-09-01 13:10
カテゴリ

ホームポート!!


f0213292_20581348.jpg
f0213292_20582325.jpg

















こんばんは。モンティです。犬、シーズー5歳です。
今日は、ドラマ『不毛地帯』に夢中の飼い主・kayoに替わって、ボクが須磨ヨットハーバーを案内するわ!

なんや、昨日的形やったからなあ。ちゃんと須磨も案内せんとあかんやろゆうて。
的形もええとこやけど、須磨もええで〜!


f0213292_2124318.jpg

こっちやで!
前に見える丸いのが、クラブハウス。
立派なクレーンも、去年完成したんや。

f0213292_21154530.jpg

ウッドデッキもあるねん。夏には、ここでBBQするねんで。ボク、ハーバーでここが一番すきや!
こうして自分たちでペンキの塗り替えもするねん。今年の夏も楽しみやあ。

f0213292_2124699.jpg

ボクもたまには、こうしてヨットに乗せてもらうねん。
このフネは“ダイアナ号”(ベネトウ)。外国では、ヨットは女性名詞やから、女の人の名前を付けることが多いみたい。


f0213292_212926.jpg


おっと「いちもくさん(mumm30)」!!
飼い主kayoが、クルーで乗せてもらってるフネやで!かっこええな〜。めちゃ早そうや。

まあクルーっていうても、飼い主kayoはせいぜい重石の役割しかしてへんやろうけど。。でも、えらい楽しそうにしてるから、「いちもくさん」の皆さん、kayoのことあんじょう、たのみます。

須磨ヨットクラブの皆さん、いつも本当にありがとうございます。ハーバー管理事務所の皆さん、これからもみんなが楽しめるヨットハーバーを、守っていってくださいね。ボクもいつも遊ばせてもらって、感謝しています。


f0213292_22261482.jpg

             モンティでした〜。
[PR]
# by fm_k | 2010-02-19 08:19 | *Yacht | Trackback | Comments(2)

的形YHレポート


f0213292_20501017.jpg
f0213292_20502347.jpg















昨日は、家から近い的形ヨットハーバーまでGodSpeed-kappaの井口さんに会いに行ってきました。

井口さんはGSK(グラクソ・スミスクラインではありません。念のため(笑)。)のバウ(一番前)のポジションを任されているベテランセーラーで、私とは、家が近いせいもありヨットの事で何かとお世話になっています。
今回も、今いちヨットの上でのクルーワークが分からない私のために、J24(という種類のヨット。サイズ的に基本の動きが分かりやすいそうです。)のDVDを持ってきてくださいました。


f0213292_2194767.jpg
船台までかっこいいGodSpeed-kappa(Vite31)










趣のあるクラブハウス。

f0213292_21213363.jpg


f0213292_21241938.jpg















この日マストを取っ払って、ベネトウ(フランスのとても美しいヨット)の整備をしていた奥村ボートのハラチャン。後ろの黒い建物がかの有名な『天満屋』さん。
いつもその華麗なクレーン捌きで、船の上下架をしてくれています。
[PR]
# by fm_k | 2010-02-18 07:55 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

嵩山堂はし本

f0213292_16363930.jpg
f0213292_16462582.jpg













玄関の飾り棚に掛けているお軸を、節分の鬼からおひな様に替えました。
本来は、飾り物を替えるべき節目の日があるのかもしれませんが、遊びで飾っているので気にしていません。

写真は、京都の六角通にある嵩山堂(すうざんどう)はし本のもの。
季節ごとの飾り扇が出ています。
手書きのものですが求めやすい値段な上、扇を替えるだけで気軽に季節のしつらえ気分が味わえます。


f0213292_16544344.jpg
お茶席で使う「懐紙」もいつもこちらのもの。芦屋の大丸さんにもお店があります。

右は、今年の干支の虎の柄入り、左は定番のもので、松竹梅のすかし模様が入っています。




ちなみに節分の鬼の扇がこちらです。名前は「まいった鬼さん」。
f0213292_17242535.jpg


こんなに愛嬌のある鬼さんなら、居てもらってもいいかも。
[PR]
# by fm_k | 2010-02-17 17:25 | *Living | Trackback | Comments(0)

有次 【ありつぐ】


f0213292_18363922.jpg

有次の菜切り包丁、おろし金、盛りつけ用箸です。

盛り箸は、料理の先生のお宅で使わせていただいてから「先が細くて、持ちやすくていいな〜。」と憧れていたもので、週末に行った京都で、錦市場まで足を伸ばして買い求めてきました。
今からの季節、お花見弁当なんかを詰めるのに良さそうですよね。

菜切り包丁は以前に阪急梅田店で購入したものです。すぱっと野菜の繊維が断たれて切れ味が良く、木のまな板(写真は木屋のいちょうのものです)と合わせて使うと、トントン とさも料理が上手そうな音がして、料理の腕前が数段上がったような錯覚がする程です。

実際に切った野菜の断面もなめらかで、確実に料理を美味しくしてくれるのですが、実はほとんど使っていなかったのです。。

なぜなら錆びるのが怖くてしまいこんでいたから(笑)。

今回、有次さんに伺った際、おそるおそる聞いてみると、職人さんが本当に丁寧にお手入れ方法を教えてくださいました。

一日の料理が終わって包丁をしまう前に、クレンザーを少し付けた普通のスポンジの固い面で、まな板にぴったりと付けた鋼の部分を一方向に磨くように洗う。そして持ち手、連結部分はごしごしと往復して洗い、よく乾かしてからならば、他の包丁と同じ様にシステムキッチンの包丁収納に入れて仕舞って構わない、という事でした。

f0213292_1942988.jpg

一番右の普通のスポンジです。包丁用に他の油もの用と分けました。

f0213292_1911799.jpg

原了郭(はらりょうかく)さんのお薬味トリオも、伊勢丹にて欲しかった丸木筒のものを買ってきました。本当に香り高くて、美味しいです。
[PR]
# by fm_k | 2010-02-16 19:17 | *Living | Trackback | Comments(2)

秘密兵器

f0213292_1631721.jpg


「どうしてそんなに元気なの?」
「そんなに活動的で、疲れて寝込むことはないの?」

・・・私が周りの人からよく言われる言葉です。健康に産んでくれた親に感謝しつつも、実は困ったときの救世主、私の元気の源ともいえる秘密兵器があります。

プラセンタ。

耳にされたことがある方も多いとおもいますが、プラセンタとは胎盤エキスの事です。

その胎盤をエキス化して抽出したものが、写真のラエンネック(アンプルと内服カプセル)です。
プラセンタは、ビタミン、ミネラルを始めアミノ酸、酵素、核酸、糖類など様々な栄養素を豊富に含み、その主な働きは、

○細胞の修復・再生
○コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産
○活性酸素の除外
・・・等、多岐にわたります。また、その肝細胞を増殖させる作用により、日本国内ではC型肝炎の保険適応もされています。

残念ながら、私たちが美容と健康のために摂取するには保険外となり、100%自費負担となりますが、巷にあふれるサプリメント類の中では、医学的根拠がはっきりしているものですので、私も自信を持ってお薦めする事が出来る製品です。

私は、1~2週間に一回、写真のアンプル4本と、ビタミンBmixとを混合したもの
(手前の注射器2本分・10cc)をクリニックで打っていますが、クリニックの受診が面倒な方、注射はちょっと・・・という方には、同じく写真後方の内服カプセルもあります。


尚、写真のJBP Porcine100は、医療用アンプルを製造している会社のもので、医療機関のみの取り扱いとなります。
また、アンプルはヒト胎盤より抽出したもの、内服はヒトからのものが認可されていないため、現段階では、ブタの胎盤由来となっています。


また、対象年齢、性別に規定はなく、個人差もありますが、28歳以上の女性、特に女性ホルモンが減少する更年期以降の方には特に有用であると考えています。

私は、ヨットレースの前日や、疲れが溜まったときなどに一本(実際は注射2本)、もしくはカプセルを3粒ほどポイっと飲みます。


秘密兵器・・・思いっきり公開してみました。





※写真は、許可を得て撮影しております。一般の方にはアンプル、注射器でのお譲りは出来ません。
[PR]
# by fm_k | 2010-02-15 18:17 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(0)