薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
10月の和食のお稽古とルポン..
at 2017-10-16 12:15
物欲の秋
at 2017-10-12 12:33
9月の和食のお稽古
at 2017-09-29 12:08
9月のお料理教室
at 2017-09-14 13:23
8月の和食のお稽古
at 2017-09-01 13:10
カテゴリ

日本酒の会とラ・ボナ・フォルケッタ最後の晩餐

f0213292_10210783.jpg
8月は、集まってお酒を飲む機会がたくさんありました。

豪華なお料理が並ぶのは、料理の先生のご自宅での「日本酒の会」です。本当に豪勢!!










f0213292_10210883.jpg
レッスンの一環、ということで、先生と生徒さん数名で作ってくださった酒肴の数々。残念なことに、私は時間ぎりぎりでお手伝いできませんでした。う~~、作り方知りたかった!

お盆休みに、先生が北陸、北海道を旅行された際に買い揃えてくださった食材です。








f0213292_10210891.jpg
後でお伺いしたところ、「バジル塩麹」に漬けたという貝柱が、特に美味しかったです。

もう、お酒がすすむすすむ、、、。のみすぎました。





f0213292_10210953.jpg
お酒を飲むと、(飲まないでも)よく記憶をなくす私。。この日も、後から「同席した友人に「すご~く難しい話をしていた」。と言われ、そういえば犯罪者の腦について、県警の方と熱(苦し)く語った記憶が。。

記憶はなくすのに、お土産のお弁当はしっかり持ち帰り、冷蔵庫に入れてました。物を無くしたことが無いのが自慢です。






f0213292_10210997.jpg
こちらは別の日、8月いっぱいでお店を仕舞われる、ラ・ボナ・フォルケッタさんで最後のワイン会。

常連の方々に連れていってもらったので、私は最初で最後のディナーでした。
シェフは、この後、腕を買われて、広尾のイタリアンのお店に行かれるそうです。

初めて行っておいてなんですが、とっても美味しかった!!







f0213292_10211005.jpg
純粋な北イタリア料理のお店、ということでピザはありません。

お料理も、パスタも洗練されたお味でした。なにより、まだお若いオーナーシェフと奥様が、美男美女で、爽やかで、とても好感が持てました。

料理も、ピアノの演奏も、習字もヨットも、何をするにも結局は技よりも人柄が出るので、こちらのシェフでしたら東京でも成功なさるだろうな、と確信して帰ってきました。








人気ブログランキング
[PR]
# by fm_k | 2017-08-31 11:12 | *Diary | Trackback | Comments(0)

グランブルーで盛夏のワイン会

f0213292_12233489.jpg
先日、いつものメンバーで、いつものお店でワイン会でした。

いつも続きですが、毎回違ったワインを紹介してくださる、オーナーシェフ、ソムリエの宮崎さん。今回も美味しかったので、記しておこうと思います。

先ずはシャンパン。ペルトワモリゼというお値打ちシャンパンでした。



f0213292_12233596.jpg
2品目は、なんだかおいしかった魚介と(忘れた)夏野菜を3種のソースで。

合わせたワインは、サンセールの白ワイン。






f0213292_12233514.jpg
ドメーヌ・ドールニーのソービニヨンブランでしたが、あっさりとして飲みやすいのに味わいのある、とても美味しい白ワインでした。







f0213292_12233687.jpg
しゃがいものスープ。






f0213292_12233694.jpg
温かいお魚料理に合わせたのは、クリスチャンモローのシャルドネ。こちらのお店ではよく頂く銘柄です。







f0213292_12233727.jpg
お肉料理は、鴨のロースト。赤ワインは、ロマネ村のピノノアールでした。








f0213292_12233708.jpg
このあとデザートの上に、デザートワインもいただきました。

今月は、このあと日本酒の会に、イタリアワインも会も控えています。まるで吞兵衛みたいではないか。(まるで違うかのように言う)。







f0213292_12233865.jpg
ごちそうさまでした。









人気ブログランキング
[PR]
# by fm_k | 2017-08-17 15:09 | *Living | Trackback | Comments(0)

海の日

f0213292_10223880.jpg
海の日、の前日はヨットレース。青い空と海!白い帆!美しいですがアッツいです。

この日はコミッティで、モーターボートで本部艇だったのですが、暑さと船酔い(ボート苦手)でへばってしまいました。

まるで鬼の霍乱かのように、「どうしたん?珍しい~」とみんなに心配?されましたが、私だって人並みに船酔いするんだい。





f0213292_10223809.jpg
さて祇園まつりです。今年は3連休とあって、連日30万人の人出だったとか。見てみたいけれど、沿道は暑そう。

お茶のお稽古場での、お床のミニ山鉾で気分だけ味わいます。



f0213292_10223903.jpg
祇園まつりといえば、鱧とちご餅。

京都出身のMさんが、亀谷伊織さんのお干菓子と一緒に買ってきてくださいました。



f0213292_10223968.jpg
ブログが、料理(教室)画報になっているので、おうちごはんでも、、と言っても朝ごはんです。(パンも焦げてる)

料理らしい料理は、左上の鶏のスープくらい。。スムージーは、トマトとオレンジです。


f0213292_10223962.jpg
7月の料理教室で作ってから、切らすことなく作っている鶏のスープ。

鶏手羽とセロリ、生姜と白胡椒の粒を入れて、90分煮込みます。





f0213292_10224028.jpg
先日の夕ご飯。

二日続けて食べた岩牡蠣が、クリーミーで最高でした。

胡瓜の蛇腹切に凝っていて、毎日のようにもろみか、お酢の物で食べています。

他には、串の屋の串カツを温めなおしたもの、トマトのサラダ、焼き茄子等です。


f0213292_10224046.jpg
お昼ご飯は外食。

土用の丑が近いからか、鰻屋さんは始終ひっきりなしのお客さんでした。



人気ブログランキング
[PR]
# by fm_k | 2017-07-20 10:53 | *Diary | Trackback | Comments(0)

7月の料理教室

f0213292_10162120.jpg
7月の料理教室は、夏のおもてなし膳がテーマでした。

竹篭に盛り付けるだけでも、涼し気でおもてなし風です。






f0213292_10162159.jpg

*夏野菜の揚げ浸し ジュレがけ
*平目の落とし文
*獅子唐鋳込み揚げ
*鶏肉の黒酢煮
*鰻巻き
*胡麻豆腐
*蛸ときゅうりの酢の物








f0213292_10162266.jpg
*和風担々麺
5月のレッスン時に作った、混ぜご飯の甘辛ひき肉の展開料理です。

お素麺を、一人分づつ糸で縛って、きれいに盛り付けています。








f0213292_10162233.jpg
夏野菜の揚げ浸しは、そば猪口に盛るので小さめに切っています。

プチトマトの甘酢漬けでさらに華やかに。







f0213292_10162275.jpg
平目の落とし文は、平目の薄造りに、人参、胡瓜、茗荷、南瓜、生姜の細切りを巻いています。







f0213292_10162344.jpg
鰻巻きもきれいに出来ました。

獅子唐の鋳込み揚げは、ひき肉でせずに、鶏の胸肉をそのまま使っています。

当直明けに行ったので、いつもよりも食欲UP、ぺろりと食べてしまいました。







f0213292_10162325.jpg
帰宅してから、野菜の揚げ浸しを猛然と作りました。








f0213292_10162484.jpg
鱧寿司も作りました。

グラホで買った寿司酢を使い、中には山椒の実を混ぜています。

後は、冷製チキンスープと、剣先烏賊とたいらぎ貝のお刺身、蛸の柔らか煮でした。こうして書きだしてみると、魚に偏った食生活かもしれないと自覚しました。







人気ブログランキング

[PR]
# by fm_k | 2017-07-13 12:01 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

7月の和食のお稽古

f0213292_12263027.jpg
7月の和食のレッスンは、どうしても日程が合わず、ヨットをキャンセルして日曜日に行ってきました。

7月に入ると、値段が高騰する鱧を使って、豪勢な鱧寿司を作ってきました。





f0213292_12263197.jpg
*冷製和風コンソメ  
手羽先肉と昆布水でお出汁をとったコンソメスープ。 上手に写真が撮れなかったのですが、添えてある酢橘のお皿は、糸巻きで七夕を演出しています。






f0213292_12263107.jpg
*ラオス風焼肉(ラープ)
熱くなると食べたくなるエスニックな味付けです。 
上に乗っている輪切りの柑橘はキャビアライムといって、指で押すとキャビア状の粒粒が飛び出してきました。




f0213292_12263225.jpg
*夏野菜の焼き浸し。 茄子、ヤングコーン、甘長。

茗荷、柚子、生姜、大葉等の薬味を細かく刻んだものを、漬け地に入れています。







f0213292_12263291.jpg
関西では、天神祭りから祇園さんまでが鱧の季節といわれますが、もてはやされる7月に最も値が張り、その時期、最高級とされる韓国産は1kg あたり2万円もするそうです。

こちらは沼島(淡路島)のもので、とても大きな鱧でした。




f0213292_12263356.jpg
*鱧寿司と新生姜の甘酢漬け。

たまたま私が切り分けたのですが、高級魚を均等に分けるのに細心の注意を払いました。。。





f0213292_12263337.jpg
*梅シロップ  寒天

ガラスの下には、昔、短冊の代わりにして願い事や歌を書いたという「かじの葉」が敷かれています。

仕方なしに行った日曜日でしたが、平日とまた違ったメンバーで、超美人のキャリアウーマンさんにもお会いできました。

実はその方、先日NHKに出演された際に、あまりの美人ぶりにネットで噂になったほど。知性溢れ、透明感のある美人に、骨抜きになった休日でした。。







人気ブログランキング
[PR]
# by fm_k | 2017-07-10 12:52 | *Lesson | Trackback | Comments(0)