薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月の料理教室と「女の機嫌の直し方」

f0213292_10320213.jpg
6月の料理教室は、燻製料理でした!
献立は

*燻製料理(ベーコン・サーモン・煮玉子・カマンベールチーズ)
*冷製ラタトゥイユ
*アボガドの白和え
*味噌とヨーグルトの簡単漬け物
*枝豆ご飯
*水無月



f0213292_10320253.jpg
先生の燻製鍋。

大袈裟な装置がなくても、こんなにコンパクトなお鍋で燻製が楽しめるのですね。

蓋がガラスなので、中身が見えて良い感じ。早速ネットで注文しました。

豚肉にハーブ入りの塩をして、1週間ほど寝かせたものを、15分程度スモークします。





f0213292_10320359.jpg
魚介類は7~8分、卵とチーズはそれぞれ2分程度スモークしました。

アボガドの白和えは、ピータン入りで中華風。仕上げにワンタンの皮を揚げたものを飾るのですが、歯応えがあって美味しいです。





f0213292_10320338.jpg
自家製味噌と自家製ヨーグルトのダブル酵母の床で作った簡単漬け。

酵母は身体に良いので、ぬか床にもトライしてみたいです。





f0213292_10320302.jpg
夏野菜のラタトゥイユは、お水を一滴も足さずにお野菜の水分だけで炊き上げます。






f0213292_10320486.jpg
たっぷりですが、ぺろっと食べてしまいました。

ラタトゥイユは、パスタやオムレツ、お魚のソースにしたり、展開が出来るので、多めに作り置きしようと思います。







f0213292_10320461.jpg
梅干しと、茗荷でピンクに色づいた枝豆ご飯。

見た目もさることながら、とっても美味しかったです。



f0213292_10320550.jpg
葛粉仕立ての水無月。ごちそうさまでした。

今、クローゼットの片付けと、アルバムとレシピの整理をしています。

こちらのお教室に通って10年。レシピも10年分あるので、膨大です。見返していると、よくこんなに様々なレシピがあるものだと感心してしまいます。

せっかく素晴らしいレシピを伝授してもらっているのに、レパートリーはその何分の一かも増えていないので猛省中。

過去10年分を少しづつおさらいしようと思います。




f0213292_10320533.jpg
雑誌の書評で目にして、さっそく買って読んだ「女の機嫌の直し方」。

男女の腦は、まるで別物といっても良いくらい違い、感じ方はもちろん、見えるものまで違うそうです。
ですので、AI(人工知能ロボット)に搭載する対話エンジンやビューセンサーも、2パターン用意し、切り替え型にしないかぎり、ふたつのしこうを持つロボットは作れない、作ったとしてもフリーズしてしまうそう。

そのくらい別物の異性の間には、世界を真っ二つに分ける深い溝があるわけですが、その違いを知れば、溝は案外狭く、越えること、理解することは可能だと著者は言います。

男性に向けた本ですが、もちろん女性が読んでも面白く、痛快な内容でした。読んでよかったです。







人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-06-16 11:38 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

静かな向かい風のランチ

f0213292_12260995.jpg
夢前にある、「静かな向かい風」さんにランチに行きました。完全予約制の邸宅レストランです。

最初に出たサラダは、前の畑で採れたてのお野菜をふんだんに使ったもの。

畑に寄って、にんじんと、ラディッシュ、レタスを買って帰りました。






f0213292_12261041.jpg
きくらげの真丈。 筍とじゅんさい。





f0213292_12261056.jpg
このようなお部屋でいただきました。母の日の当日ではなかったのですが、母にプレゼントです。

一日限定二組までだと思うのですが、この日は私たちだけで、さらに贅沢な空間でした。





f0213292_12261108.jpg
お刺身。
「ツマ」のにんじんが、きれいな蝶々に切ってありました。お刺身も美味しいです。





f0213292_12261147.jpg
アブラメの味噌焼き。





f0213292_12261236.jpg
イベリコ豚のグリル、オレンジソース。上にのっているのは細切りのポテトフライ。





f0213292_12261275.jpg
生湯葉の冷製茶碗蒸し。
冷たく冷やしたときに、ちょうど美味しい塩加減って難しいので、覚えておこうと、よく味わって食べました。




f0213292_12261200.jpg
ご飯とお汁。

まるでボンボンでも入っていそうなおしゃれな蓋つきの器の中身は、カラフルな山菜のちらし寿司でした。





f0213292_12261369.jpg
デザートはほうじ茶プリンに、紅茶。
器も楽しく、景色も良く、ゆっくりと出来て、もちろん美味しい、とってもとってもお値打ちなランチでした。





f0213292_12261377.jpg
ランチの前に、ネイルにも行った母。初ジェルネイルにご満悦でした。今後は毎月通うそうです。

「来月も、このコースにしようっと」と、ネイルもランチも、同日に予約して帰りました。



人気ブログランキング
[PR]
by fm_k | 2017-06-05 15:54 | *Living | Trackback | Comments(0)