薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新の記事
グランブルーで盛夏のワイン会
at 2017-08-17 15:09
海の日
at 2017-07-20 10:53
7月の料理教室
at 2017-07-13 12:01
7月の和食のお稽古
at 2017-07-10 12:52
6月の和食のお稽古 
at 2017-06-26 15:53
カテゴリ

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

AmericasCup 福岡大会

f0213292_16112257.jpg

Louis Vuittonアメリカスカップ福岡大会に行ってきました。

アメリカスカップ本大会の前哨戦となるレースで、いわゆる「ヴィトン杯」と呼ばれるレースです。

現在、カップ保持国であるアメリカを含め、イギリス、ニュージーランド、スウェーデン、フランス、そして日本の六か国がこのヴィトン杯を戦っていて、勝ち抜いたチームが、最終的にはアメリカとの1対1のマッチレース(アメリカスカップ)に進みます。

孫さん率いるSoftbank Team Japanが出場したことで、この福岡大会が、アジア初のアメリカスカップとなりました。

世紀の瞬間に立ち会うべく、福岡に行ってきました!

あと、アメリカスカップの詳細については、複雑なので結構あやふやです。さらっと読み流してくださいね~。(笑)



f0213292_16104387.jpg
ヴィトン杯使用艇は、こちらのAC45F 45フィートのフォイリング、水中翼で浮くヨットです。異次元です。

この異次元ヨットが一目見たくて来ました。

Softbankチームと、オラクルBMWチーム(アメリカ)の2艇が写っていますが、ずらっと6艇河口に並んでいました。6艇とも同型です。

この45フィート艇をみた私の最初の感想は、もちろん「かっこいい!!」ですが、同時に「思ったよりも小さい!?」でした。

雑誌やテレビで見ている限りでは、迫力がありすぎて、もっと巨大なんだとばかり思ってました。なんだか乗れそう?一気に親近感です。
ちなみに乗り込んでいるのは、各艇オリンピックの金メダリスト始め、名だたるセーラー揃い。


そうそう、出場国は6か国と書きましたが、正確には、各国のヨットクラブ対抗で、乗っているクルーも、そのほとんどが外国人です。
ですので、アメリカチームの船長がNZ人だったり、日本チームの船長もNZ人だったりします。とにかくNZ人が多い印象です。

アメリカスカップの長い歴史でも、アメリカとNZのカップの取り合いが見どころだった時代が続きました。

アメリカスカップといいながら、最初のレガッタ(レース)は、1851年にイギリスで行われ、ビクトリア女王主催でした。
そのレースにアメリカ号が勝ったから、栄誉を称えて「アメリカのカップ」アメリカスカップとなりました。

第35回となる今大会は、イギリスも出場し、カップ奪還が期待されています。

そしてこのヴィトン杯シリーズはイギリスが優勝しました。おめでとうございます。


f0213292_16104306.jpg
そういえばルイヴィトンはモエグループでしたね。

モエのシャンパンブースでかけつけ1杯、2杯、、とやっていると、知り合いが次々やってきてくれます。
基地みたいになってきました。

ここ地行浜、ヤフオクドームの真ん前なのですが、同じ日に、ドームで韓国のアイドルグループ、ビッグバンのコンサートがあり、道中、博多駅、新幹線、どこもかしこもすっごい人出でした。

「まさかヨットレースがこんなにメジャーとは!でもなんか雰囲気が違う、、?」と半信半疑だった疑いは、ドーム前に停まっていたグループのツアートラックを見て直ぐに晴れました。



f0213292_16104590.jpg
福岡大会、そしてヴィトン杯シリーズの表彰式に向かいます。

レースはなんだかよくわかんない内に終わりました。(笑)

レースは、砂浜の観覧席から、よく見えたんです。驚きました。画期的です。もしかしたら世界初ではないでしょうか。
けれども、5分前のホーンは鳴らないし、P旗は上がらないし、上下マークはゲートマークでしかもサイドマークも、海上のマークというマークが近いし、多いし、どこを回ってるんだか私にはよく分からなかったです。

予習していった私にも分からなかったので、普段ヨットに縁のない観客の方々はどうだったのでしょう。

でも、目の前を異次元ヨットが走る姿は、誰がどう見ても「おおっ」となりますよね。私も充分、十二分に楽しめました。

表彰式に出るのが主催者への儀礼だと思っているので、レース後も残りましたが、少数派でした。

この後博多で、華味鶏の水炊き鍋を頂きました。とっても美味しかったです。

偶然会った関東のヨット関係者の方との話も弾み、写真は1枚もありません!



f0213292_16104622.jpg
さて、ひとり言は終了。
ここからはいつもの料理画報です。

今年もリースを作りました。先生のお庭の花材をふんだんに使わせていただきました。

野趣味あふれるリースが3つ出来ました。



f0213292_16104610.jpg
はなみどりの写真がないので、少し前に行った、沖縄料理のお店の、カラフルな前菜です。

一つ一つ、お野菜の説明を丁寧にしてくださるので、説明が終わるころには半分くらい食べてしまいます。
ちゃんと聞いています。


f0213292_16104746.jpg
前菜、スープ、こだわり卵のオムライス、パスタ、デザートと盛り沢山で、どれも本当に美味しいお野菜、味付けでした。

写真はパスタです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-11-21 18:43 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

和食のお稽古・11月

f0213292_12031461.jpg
和食のお稽古に、大阪まで行ってきました。

一番に着いたので、お花やさんが生け込まれて帰るのと、すれ違いでした。今日も素敵なセッティングです。



f0213292_12054333.jpg
献立は、晩秋を意識したものでした。

柿釜は、どちらかというと日本料理屋さんでは使われず、田舎風の家庭料理のごちそうだということです。

早速、自宅でおさらいしました。そのお話はまた後ほど。。


f0213292_12031673.jpg
*茹でいかとセミドライ蓮根の太白炒め。

セミドライ蓮根って、どこに売ってるのかしらん?と思ったら、自分で干すそうです。

きのこや白菜も、室内でも構わないので、少し干すと美味しくなるそう。早速やってみよう。

f0213292_12031764.jpg
*柿みぞれ酢和え

大根や蕪をおろしていれたみぞれ酢です。柿釜は器代わりで、厚めに作ってあります。

自宅で父に出したところ、食後に「卓上ナイフをくれ」。と言うので、「スプーンにしたら~?」としぶしぶ渡したら、柿の皮をくるくると剥いて、そのままカプりと食べてしまいました。

なんというコペルニクス的発想!てっきりほじるとばかり思っていたのに。



f0213292_12031722.jpg
*ひろうす 菊菜あんかけ

こちらも直ぐおさらいしました。

見るとやるとでは大違いで、いざ自分が全部作ってみると、教室で食べたように完璧には出来ない!

大根のお汁を切るのが甘かったようで、えぐくなったし、なめこを1袋全部いれたら多過ぎたし、人参も長く切り過ぎた。あまつさえ繋がっていた。

せっかく、帰りに阪急百貨店の麩嘉さんで、同じ紅葉麩買ったのにな。



f0213292_12031885.jpg
*海老芋唐揚げ 柚子味噌和え

里芋よりねっとりして美味しい海老芋です。富田林産が最高とされているそうです。

「揚げたてをつまむのが最高なのよ!」と先生。3つのうち一つは、鍋のそばか各自の口に入りました。

もちろん、丁寧に作った柚子味噌は美味しかったです。


f0213292_12031958.jpg
*鰆のごまだれかけ

鰆は、先生が藁でいぶしてくださっていまいた。

「藁を注文したら、ハイジのベッドに出来るくらい大量に届いたの!」とおっしゃっていましたが、その後が気になります。

鰆は紀伊のものが最高だそうで、こちらも紀伊産です。

「でもね、じきに食糧難の時代がくるから、産地にばかりこだわってはダメよ、食材も残さないように使わなくては!」 とも先生。



f0213292_12031985.jpg
いかには、エゴマスタードという、えごま入りの粒マスタードが和えてあります。

家ではタスマニアマスタードを使っていますが、よりあっさり目の味つけでした。


f0213292_12032018.jpg
鰆は、ごまだれごとご飯にのせて、玄米茶とあられをかけて吉兆さん風のお茶漬けに。

滅法美味しかったです。



f0213292_12032004.jpg
帰りに、阪急百貨店に寄りました。

地下2階の「京のれん」と、有次のあるリビングの7Fのみで、他の階はほとんど降りたことがありません。

有次さんで、包丁が買いたいのですが、錦の本店に行くと種類がたくさんあるうえ、名入れもしてくださるので、せっかくだから錦で買いたい、しかし京都は遠いし混んでいる。。と悩み中です。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-11-17 13:00 | *Lesson | Trackback | Comments(0)

11月の料理教室・晩秋のご褒美弁当

f0213292_10264449.jpg
11月のお料理教室に行ってきました。


テーマは「晩秋のご褒美弁当」。なんのご褒美でしょう~。

とにかく、美味しく作って、美味しく食べてきましたよ。

作ったのは、

*鰆の幽庵焼き
*合鴨の味噌漬け
*牛肉の八幡巻
*揚げ蓮根と厚揚げの煮物
*柿ときゅうりの胡麻和え
*焼ききのこと水菜のおひたし
*さつま芋のオレンジジュース煮   です。



f0213292_10264527.jpg
お弁当って、詰めるのが難しくて、楽しいところですね。

みんなそれぞれ自分のものを詰めました。

お料理は、全部美味しかったですが、鴨の味噌漬けが特に気に入りました。

漬け地に、酒粕を使っているので、ふんわりと芳醇な香りがします。


f0213292_10264644.jpg
ご飯は*穴子とエリンギの炊き込みご飯 です。

柚子がふってあります。お弁当箱もいい感じ。


f0213292_10264638.jpg
おまけ・城崎ロープウェーからの眺めです。

紅葉は未だでしたが、今週になってぐっと寒くなったので、きっと今頃色付いていることでしょう。

蟹、、、食べたいなあ。


話題が変わるのですが、最近、ふとした拍子に鏡を見て、自分の顔のこわばりにびっくりする事があります。

ほうれい線でしょうか、目の渇きでしょうか、とにかく顔が怖い!

昨日、テレビを見ていたら、バストアップのため、首(デコルテ)の筋肉を鍛えるエクササイズが紹介されていました。首から顎のあたりまで効きそうなので、地道にやろうと思います。








人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-11-10 13:22 | Trackback | Comments(0)

Nishimuraya Ricca

f0213292_11422942.jpg
城崎温泉に行ってきました。

蟹の解禁直前で、空いてた!のんびりできました~。

西村屋さんのホテル招月庭です。


f0213292_11423033.jpg
「森のプライベートスパ」の露天風呂。

館内に5万坪の森があるそうです。

こちらのプライベートスパは素晴らしかったですが、大浴場もほぼ「プライベート」 貸し切り状態でした。

特に大浴場内の「森のミストサウナ」がアロマの香りも、霧の細かさも、窓から見える森林の景色も、何もかもが最高でした。



f0213292_11423173.jpg
お食事は館内のレストランRiccaにて。

*岡ちゃん卵のフラン
但馬牛のコンソメと紅カニの餡 久美浜産モッツアレラ。

解禁前で、蟹はこの前菜だけでしたが、手が込んでいて、十分満足した一品でした。



f0213292_11423159.jpg
*但馬の幸・アンティパシトミスト9種 全部とても美味しかったです。一品一品噛みしめて頂きました。

八鹿豚の生ハム 網野港より平目のカルパッチョ 葉山港より紅ズワイのクリームコロッケ
葉山港より甘海老のラビオリ 津居山港より鯵のベッカフィーユ
香美町村岡「香味煙」より燻製味噌と野菜の但馬有機野菜 但馬すこやか鶏のサテー
甘藷・安納紅とゴルゴンゾーラ岡ちゃん卵のキッシュ 但馬鹿ノプロシュットコット


f0213292_11423287.jpg

出石産の有機小麦を使ったパン。

有田焼の器も素敵で、お料理どれも美味しく、シャンパンがすすみます。


f0213292_11423316.jpg
*豊岡産「バターナッツ」のポタージュ 湯葉とアーモンド


f0213292_11423472.jpg
*網野港より鯛・柴山港より鱈白子但馬産キノコのパピヨット 豊岡りゅう製麺所よりカンパネッラ

このカンパネッラというパスタが絶妙で、ソースがよく絡んでとても美味しかったです。



f0213292_11423411.jpg
*お口なおしの 但東産 能勢勇さんどぶろく「八平達磨」のグラニテ


f0213292_11423582.jpg
*但馬牛熟成肉の炭火焼
中務ファーム・有機ホウレン草ガーリックソテー Teams・神鍋産メークインのマッシュポテト

表面がカリっとして、中がジューシーな絶妙の焼き加減の美味しいお肉でした。


f0213292_11423658.jpg
*神鍋産黒林檎のパイ
岡ちゃん卵のバニラアイス


最後まで、感激し通しのお料理でした。

ご飯だけ食べに、レストランに来ても価値のあるお店だと思いました!



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-11-07 13:36 | *Diary | Trackback | Comments(0)