薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

木の家具を求めて~今田町散策~

f0213292_10301642.jpg
PCを置いていたデスク兼チェストがどうにも使いにくいので、一念発起して誂えることにしました。

いつもお世話になっている、料理教室の先生に紹介していただいた職人さんで、今田町にお住まいと工房があるので、散策がてら行ってきました。

お昼は、写真のDONO(ドーノ)さんに。


f0213292_10301679.jpg
松茸のピザ。

香りもさることながら、もちもちした生地で、おいしいです。


f0213292_10301650.jpg
生ハムとサラダのピザ。
他に、マルゲリータを持ち帰りしました。

山裾の公道沿いに、お蕎麦屋さんと並んであるのですが、ここだけ突然にぎわってた~。


f0213292_10301715.jpg
そのお蕎麦屋さんとの間にあるノウムベーカリ(know mu bakery)さんでパンを買いました。

ベンチで寛いでらしたご夫婦と、しきりにお話?をするモンティ。


f0213292_10301781.jpg
その後作家さんのところに。
1時間近くかけて、丁寧に相談に乗ってくださいました。
出来上がりは春になりますが、今からすごく楽しみです!

町の中の道沿いに、ずらっと立杭焼の窯元が並んでいました。

兵庫陶芸美術館のお隣のカフェ。


f0213292_10301713.jpg
ノウムベーカリーさんのパンで朝ごはん。

麦の香りがして、サクサクふわふわの食パンがとっても美味しかったです。

山が近くて、空気の良い今田町。
意外と近かったので、今度はお蕎麦やさんにも行ってみたいです。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-29 10:50 | *Diary | Trackback | Comments(0)

わたしのピアノ

f0213292_15261753.jpg
空を飛んできたピアノが無事に部屋に収まりました。

納品するまでは 「そう広くもない部屋で、窮屈になったらどうしよう」、と不安でしたが、案外すっぽりと、まるでそこにあったかのように収まってくれました。


f0213292_15261840.jpg
とっても美しいんです!

外観だけでなくて、艶やかで、和音にすると特にビブラートかかった素敵な音がします。
そのうえ、フローリングのあまり家具もない部屋なので、澄んだ音がスコーンと響く感じ。

置き場所問題もさることながら、技術もすっかり衰えた今、本当に弾くのだろうかと一抹の不安も大いにあったのですが、
こうして上蓋を開けて、さらに音を響かせながら、飽きることなく練習曲をもくもくと弾く日々です。


f0213292_15261871.jpg
ピアノが欲しいと思ってから、何度も地元のピアノ店を巡り、インターネットでも調べ、最後に行きついたのが県外のピアノ店でした。

輸入ピアノを豊富に扱っている事と、調律、調整に力を入れていることに惹かれ、すぐに連絡を取り、ピアノ選びで迷っていること相談もし、幾通かメールを交わし、岡山市のお店まで足を運んできました。

その場で購入を決めたのが、このペトロフです。

チェコのピアノ会社で、細部に渡るまでチェコもしくはヨーロッパ製。
自国で誠実に作られているというところが決め手でした。

そして、3日がかりでの納品調整を終え、インシュレーターも、岡山市の同社特注のマホガニーの切り出しで誂えたもので、イタリア製の椅子と共に、ピアノがやってきました。


部屋のじゃまになるどころか、ピアノの美しい佇まいに、周囲を散らかしては台無し、埃も精密機器のピアノに悪いしと、お掃除にも熱が入ります。

これも嬉しい誤算でした。


f0213292_15261967.jpg
メトロノームにもこだわりました~。
ドイツ製のウィットナーです。



f0213292_15261919.jpg
ピアノの上蓋はぱっか~ん開けたいので、ピアノ背後のチェストに置いています。

かりかりネジを巻いて、速さの目盛りを合わせ、ベルを拍子に合わせ、コツ、コツ、コツ、チ~ン、と軽快にリズムを取ってもらっています。




f0213292_15261979.jpg
基礎からやっています。

いずれきちんと習うつもりですが、いまはハノンとツェルニーを淡々と。(笑)

あんなり嫌いだったハノンですが、改めて奥が深いことに気付きます。

幼い頃は、速く、力強く弾くことばかりに目が向いていたのですが、いまとなれば、いかに正確な指使いで、一音一音丁寧に弾くことの大切さと難しさを感じます。

特に難しく思うのがP(ピアノ)です。弱く弾くということの難しい事!
ただ弱い力で弾くのではなく、意図して抑えないといけない。

ちょうど、人間も、芯の強さが無ければ優しく、柔和になれないのと同じだなと感じ入りました。
こういった事を思うのも、大人のピアノならではかもしれません。

色んな楽しい発見をしながら、もう一度ショパンまで辿り着くため奮闘しています。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-27 16:34 | *Diary | Trackback | Comments(0)

ル・ポン国際音楽祭と新光源氏物語

f0213292_21250280.jpg

家のお勝手口に、ピアノのトラックが着いたの図です。

大うそです。

チケット難のル・ポン国際音楽祭に行ってきました。


f0213292_21250349.jpg

赤穂城跡特設会場。
来場のお客さま、華やかな方が多かったです。

こじんまりとした屋外会場で、演者との距離も近く、ホールとはまた違うハーモニーや雰囲気が楽しめました。

最近、ピアノを買ったばかりの私は、このピアノに釘付け。
スタインウェイの木目のフルコン、見た目そのままの優美で、まろやかな音でした。



f0213292_21250357.jpg
ベルリンフィルの第一コンマスの樫本大進さんが音楽監督のこの音楽祭は、来年で10年を迎えます。

大進さんにゆかりのある赤穂、姫路。
今までも、姫路城二ノ丸、赤穂城本丸、書写山円教寺、閑谷学校等 歴史的建造物で屋外コンサートを行ってきました。

大進さんのヴァイオリンも、ストラディバリかガルネリのどちらかのようですが、ハッとするような音色でした。

一流の演者による名器の演奏を、こんなに近くで聴けて、本当に幸せなひと時でした。


f0213292_21250300.jpg
こちらも同じくチケット難!

宝塚花組公演、新光源氏物語にも行ってきました。

先の公演を観ていた母から
「幕開けが見所だからね、絶対に絶対に遅れちゃダメよ!」と念を押されていました。

本当に圧巻の幕開け!
焚きしめたような香りもすごい。
あっという間に光源氏の世界にトリップ出来ます。

目から、耳から美容液、たっぷり注入できた一週間でした。


f0213292_21250491.jpg
こちらは実践編。
4月から、ヘアビューロンのドライヤーを使い、髪のお手入れに気を使ってきたつもりなのですが、3か月ほど前から、こちらの資生堂リナセントを併用したところ、とても調子が良いように思います。

なんでも、3か月、半年と続けてみないと結果はすぐには出ないものですね。

髪は女の命といいますが、私は額縁だと思っています。
華美である必要はないけれど、清潔感を保ちたいものです。

f0213292_21250435.jpg
とはいえ額縁の中身も、、。

あまりコスメを買うことが無くなってしまったのですが、この秋の新色のリップを買いました。
ダーリンという色で、白っぽいピンクベージュです。

リップを塗って、乾いたら透明のグロスを塗るのですが、これが本当に一日中色落ちしない。

夕食に、鶏の手羽先をかぶりついてもまだ健在でした。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-26 15:23 | *Diary | Trackback | Comments(0)

空飛ぶピアノ

f0213292_11090446.jpg
連休のある日、待ちに待ったピアノが来ました!!

なんと空を飛んで!、、いえふつうにトラックで来ましたが、私の部屋に上げるのに家庭用エレベータでは入らず、結局クレーンで吊ってのお輿入りとなりました。

船が吊られる姿はいつも見ているのですが、ピアノ、しかも窓から搬入の一部始終に手に汗握りました。

待ち臨んだピアノでしたが、この日は搬入(を見守る)だけでいっぱいいっぱいで気持ちに余裕がなく、触ることもできませんでした。

ピアノについては、別記事でたっぷり書きます。




f0213292_11090459.jpg
暦の上では平日でしたが、私は連休でした。
色んなところに、お出掛けしましたよ。

連休初日はランチと、アウトレットにお買い物へ。

三田のアウトレットは出来たとき直ぐに一度いったきりで二度目の来訪でしたが、すごく広くて、圧倒されましたが、ラルフローレンでお安くゴルフウェアを買うことができました。
次回ラウンドが楽しみです。


f0213292_11090510.jpg
そして、ど~ん。

戴きものの、頂き物(御裾分け)。伊勢海老をいただきました。
珍しいので、写真、写真。

「う~~,海老さん、ごめんやで!」と叫びながらの包丁入れ。。

滅多にしないので、本を見ながら見よう見真似です。


f0213292_11090570.jpg
串をさして、ガス火で炙ったのですが、バーナーでもよかったかしらん。

頭の部分はグリルしました。

やっぱり海老は現地で炭火で焼いてもらうのが一番おいしい!



f0213292_11090559.jpg
空飛ぶピアノ、別アングル。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-25 11:00 | *Living | Trackback | Comments(0)

10月の料理教室

f0213292_10183636.jpg
一旦涼しくなったと思ったのに、また昼間は気温が高い日が続いていますね。

10月の料理教室に行ってきました。すっかり秋の献立です。


f0213292_11312653.jpg

*鶏肉のから揚げ、葱ソースかけ。

こちらは以前、習ったレシピですが、新しくレッスンに入られた方からのリクエストで。

あっさり目に味付けしたから揚げに、お葱のソースをたっぷり絡めていただきます。久しぶりに食べたけれど、やっぱり美味しかった。



f0213292_10183748.jpg
*きのこと鶏つくねのすまし汁。

丁寧にとったお出汁はほとんど味付けはせず、鶏のつくねの甘みと、きのこから出るお出汁で、十分美味しいお椀になりました。


f0213292_10183898.jpg
*秋の恵みの焼きマリネ。

お野菜やきのこを丁寧にグリルして、黒酢のきいたマリネ液に漬けました。
お弁当のおかずにぴったりですね。


f0213292_10183843.jpg
*焼栗ごはん。

銀杏も入っています。栗を少しバーナーで炙って焼き目をつけています。


f0213292_10183938.jpg
*甘酒のシャーベット。

今月も美味かったです。




f0213292_10183974.jpg
そしてお教室は、10周年を迎えました。

先生、おめでとうございます。

私は通って8年になるのですが、本当に毎月楽しみで、一つ一つ、宝物を詰めるようにレシピを伝授してもらっています。

お教室で親しくなった皆さんとも、レッスン以外でも仲良くさせていただき、貴重な縁を繋いでいただきました。

これから20年も、30年も、続きますように。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-24 10:48 | *Living | Trackback | Comments(0)

芸術の秋?

f0213292_15103660.jpg
また更新がご無沙汰中ですが、元気に過ごしています。

唐突ですが、目下マイブーム中の「エアピアノ」!楽譜はツェルニーリトルピアニストです。
iphoneのアプリのメトロノームをちくたくやりながら、日々「ド~、そ~、らーー」(私は超・音痴)とやっています。

もともとは、4歳から14歳までずっとピアノを習っていたのですが、大人になってからはほとんど弾くこともなく、、10年前にはピアノも人に譲ってしまって、ピアノを触ることも弾くこともなくなっていたのです。

いつかピアノを再開したいな~と思いつつ早や?年。いつか、というならば一刻でも早くした方が長く楽しめるではないか、と このたび、思い切ってピアノを再開することにしました。




f0213292_15103757.jpg
当初、自室で気軽に弾ける電子ピアノを予定していたのですが、電子ピアノではタッチが軽く、均一で、弾いているうちに物足りなくなるのは目に見えている、、。

部屋も、無理をすればベビーグランドピアノくらいなら置けるかも、、と写真のように場所をシミュレーションしてみたり、買うとなれば国内外のピアノメーカーをインターネットで調べ、近所のピアノ店に日参し、果ては県外のピアノ店まで足を運び、、。

なが~いながい、ピアノ選びの旅でしたが、私はエアピアノから脱却できるのでしょうか。
(でもこのエアピアノ、実はめっちゃ楽しいんです。)



f0213292_15103806.jpg
ゴルフもぼちぼちがんばっています~。
頑張っているわりに、こちらは上達しませ~ん。

飛距離は伸びているものの、相変わらずアプローチとパターが壊滅的。

先日も、グリーン手前のバンカーから、グリーン向こうのバンカー往復びんたの魔の無限ループ。

気候と景色だけを楽しんでいます。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-15 17:23 | *Diary | Trackback | Comments(0)