薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

北浜レトロ


This photo of Kitahama Retro Building is courtesy of TripAdvisor

昨日の続きです。

美術館のあとは、北浜まで足を延ばして以前から気になっていた紅茶専門店、北浜レトロへ。

なんでも1912年竣工の文化財指定の建物らしいです。

大阪らしく、ふぐや蟹と同じく大きなポットの看板が出ているんですよ。
外観写真を撮り忘れたので、お借りしました。



f0213292_15145327.jpg
店内、1Fは紅茶やお菓子の販売、2階が喫茶室になっています。



f0213292_15145394.jpg
スコーンや焼き菓子、ケーキも販売しています。

在英の友人(日本人)が、
「イギリスのケーキってな、めっちゃ甘いねん。食べた途端脳天直撃する甘さで、血糖値どば~って400くらい上がりそう。インスリン枯渇せえへんのやろか?」

と不思議がっていたのを思い出しましたが、大阪製イギリススイーツはどれも美味しそうです。



f0213292_15145424.jpg
メロンショートケーキと、アッサムティーにしました。

紅茶はもちろん、ケーキは普通以上に美味しかったです。

しかも土佐堀川が眼下に望めるグッドロケーション。癒されます~。




f0213292_15145475.jpg
さてさて、そんな素敵な大阪でしたが、夕食は芦屋に移動しました。

お昼ご飯とケーキでお腹がいっぱいだったので、軽くバルでも、ということでラポルテのラッフィナートさんへ。

リストランテラッフィナートのカジュアル版ですが、ここがすごーく良かった。

本当に気軽に美味しいお料理が食べられて、大満足。
ハッピーアワー価格で美味しいスプマンテが楽しめたのも幸せ気分。

リストランテでは、コースでちょっぴりポーションのパスタが美味しくて、美味しくて。

「味を覚えて帰る」。と、最後までお皿を舐めるようにしていた私です。


f0213292_15145480.jpg
うずらのグリルもパリパリジューシー。

夏野菜と烏賊のフリットも、ブルスケッタもひとつひとつが好みの味でした。

ありがとうございました。



f0213292_15145494.jpg
おまけ。

最近、運命の出会いを果たしたクレンジング、洗顔料です。

オシエムのタイムラインソフトスオッシュといいます。

イギリスのメーカーですが、マニアックで余り売れないのか、一度日本撤退したようです。
また買えなくなると困るので、地味に宣伝してみました。

私の表現力では良さが伝えられないので、とにかく使ってください。きっと損はしません。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-30 18:07 | *Living | Trackback | Comments(0)

東洋陶磁美術館

f0213292_11381600.jpg
大阪の、東洋陶磁美術館で開催されていた、「黄金時代の茶道具ー17世紀の唐物」展に行ってきました。

16-17世紀というと、千利休、古田織部といった茶人の台頭により茶道が開花、発展していったまさに黄金時代です。

その時代の戦国武将が、命の次に大事にしたという井戸茶碗等の大名物が多数出展されていました。



f0213292_11381652.jpg
重厚ながら、自然光をふんだんに取り入れた、とっても気持ちの良い建物でした。

展示スペースも、一点一点が広いスペースに解説付きで置いてあり、ゆっくりとみることが出来ました。

秀吉や、その部下の戦国武将たちが実際に手にし、大事にしてきた茶碗が、自分の目の前にあると思ったら不思議な気持ち。。




f0213292_11381678.jpg
さて大阪まで来たお食事は、お昼にルクアイーレにある高麗橋吉兆さんでいただきました。

ルクアはどちらも長蛇の列ですが、予約していたのでスムースです。
*先付と一献。



f0213292_11381616.jpg
*鱧と玉子豆腐のお椀。


f0213292_11381757.jpg
*お刺身。
器も涼やかです。

f0213292_11381799.jpg
*八寸。



f0213292_11381787.jpg
*焼き物 。

このあと、たき物、ごはん、フルーツと、たっぷりとした懐石を、白ワインとともにいただきました。

外の喧騒を忘れる空間でした。




f0213292_11381700.jpg
戻って中之島。

美術館は、大阪市役所や中央公会堂にもほど近かったのですが、その中にあって一際目をひいたこの建物、なんと図書館でした。

中に入ってみた~い!と思ったのですが、日曜閉館。。。残念。

中之島界隈は、梅田と心斎橋の間にありながらそのどちらとも違う、落ち着いた都会の雰囲気です。

この後、北浜にも足を延ばしたので、後日アップしようと思います。




f0213292_11381819.jpg
面白そうな本を買いました。

歴史に疎いので、時代背景とともに勉強しようと思います。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-29 12:35 | *Living | Trackback | Comments(0)

6月の料理教室はお弁当

f0213292_11212329.jpg
今月のお教室は、夏のお弁当でした。

夏野菜を、色んなアレンジで常備菜、お弁当のおかずに何種類も作ってきました。



f0213292_11212399.jpg
鶏肉そぼろと、豚ミンチは甘めの肉味噌仕立てにし、他のお野菜と合わせました。

作ったのは、*トマトの甘酢漬け *トマトの卵とじ *トマトのじゃこ和え *豚じゃぶしゃぶ 
*かぼちゃとさつまいものサラダ 

お弁当には、酢を効かせたものが多く入ります。


f0213292_11212301.jpg
写真に写っているのは、、
*ピーマンとじゃこの炒めたん *ピーマンと茄子、こんにゃくの味噌炒め。 ピーマンでは他に*ピーマンとトウモロコシのマヨネーズグラタンを作りました。

*ささみときゅうりのマヨネーズ和え *鶏もも肉の塩焼き にはグレープフルーツを合わせてあります。



f0213292_11212433.jpg
*豚梅しそ *かぼちゃの鶏そぼろ煮 *かぼちゃコロッケ *茄子の肉みそ炒め *茄子のポン酢かつお *揚げ茄子と夏野菜の中華マリネ *人参グラッセ *人参のラペ  *きんぴら  

以上、全19品でした!!
あ~たのしかった。



f0213292_11212431.jpg
こちらは、お茶のお稽古でいただいた「水無月」。
ご存じ、6月の夏越の祓のお菓子です。

図書館で借りた、木村宋慎さんの一日一菓をゆっくり見るのが楽しみです。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-22 11:41 | *Living | Trackback | Comments(0)

ホワイトハウス心斎橋店

f0213292_16562428.jpg
15年来お世話になっている美容室「ホワイトハウス」さん。
ずっと芦屋店ですが、前任のSさんの居る心斎橋店に行ってきました~。

写真のお二人は15年間、私の髪を切ってくださっているOさんとSさん。母も芦屋店でOさんにお世話になっています。

50周年パネルの前でパチリ。

若いアシスタントさんに「わたし、50年のうちの15年通ってるねんよ」というと、「ひぇ〜」って驚かれました。



f0213292_16562479.jpg

たまには心斎橋まで足を延ばしてみるのも良いですね。

サロンは、御堂筋の並木沿いのとっても眺めの良いところにありました。
ヘッドスパもしてもらって、大満足。

こちらの美容室、一見セレブ風(?)を装っておきながら、中身はとっても体育会系です。

中途採用ナシ、全店(芦屋、大阪、心斎橋、神戸、広尾)合同運動会、社員旅行(かくし芸大会含む)があるというから驚き。

とてもアットホームな雰囲気で、ファミリー意識が高いように思います。

これからもずっとお世話になります。





f0213292_16562435.jpg
お向かいの大丸心斎橋本店はとっても重厚な雰囲気。

入った途端に中国語の嵐の洗礼を受けましたが。。(笑)

このエレベーターに、いつも目が奪われます。





f0213292_16562503.jpg
エスカレーターを降りて、デパ地下へ。お弁当を買いました。

老舗料亭のお弁当の、味付けや盛り付けに興味津々です。

こちらのお弁当も美味しかったですが、たん熊北店さんのお弁当が、内容に比してリーズナブルで、かつ美味しいと思います。



f0213292_16562588.jpg
なんと!
梅田阪急で「ミスアレクサンドル」なるものを見つけました!!

アレクファンの私ですが、そんな妹ブランドがあるとはこの瞬間まで知らなかったのです。

ブランドのAのロゴに囲いがある下がアレクで、上がミスです。
本家のものよりも、カジュアルなデザインや色が多いそうです。(素材、工程、値段は同じ)。

梅阪の若い店員さんが、本家アレクの事を「ねえさん」。と呼ぶのが面白かったです。
吉本新喜劇の、ヤスエねえさんみたい。




f0213292_16562575.jpg
久しぶりに書いたら、いつも以上に纏まりがわるいのですが。。

先のお茶会の記事にも書いた、池田さんの備前の花入れに、大好きな紫陽花をいれました。

バラ以外は全て、お茶の先生のお庭のものです。








人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-12 17:41 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(0)

新緑のお茶会

f0213292_14333667.jpg
5月の末に、初めて自分が亭主のお茶会を経験しました。

茶名披露のお茶会です。

とはいっても、2割程の働きで、お道具も、他のこともほとんど先生にお世話になり、なんとか会が出来ました。


f0213292_14333639.jpg
ほぼ先生のお力ですが、せっかくのお茶会なので、全部披露しようと思います。

お軸は、淡々斎お家元「風竹奏清音」。

お香合は、一文字青貝、花入は宍粟の近藤興斎さんの耳付籠です。


f0213292_14333625.jpg
茶杓は海田曲巻さんで、銘は「虹の彼方」。
記念にと、先生から戴きました。


f0213292_14333649.jpg
風炉の設えです。

写っていませんが、建水は池田吉輝さんの備前餌袋、蓋置は黒田宗傳の竹蓋置です。


f0213292_14333670.jpg
この度、唯一自分で新調したのがこの四方風炉です。透かし模様になっていて、おしゃれでしょう。

釜は、社長にお借りした大国藤兵衛の筒釜。


f0213292_14333728.jpg
お茶碗は、お茶のおけいこを始めた際に、加藤庄造先生ご本人から頂いた窯変天目茶碗です。

水差しは先生とっておきのペルシャの青紋、お茶入れはガレで、お茶入れの蓋は、京都の清課堂さんに造っていただいたものです。



f0213292_14333709.jpg
点心をご用意しました。
*ひさごご飯 小茄子のお漬け物
*日の出さつまいも
*そら豆(入れ忘れた!)
*鶏丸
*擬製豆腐
*蛸酢
*はっちくの木の芽和え
*焼き穴子
*トマトジュレ(切子)
*苺

椀ものは、お豆腐に、間引き人参、ほうれん草、彩湯葉を散らしました。

午前、午後と合計21名のお客さまで、水屋も含めて25名分用意したのですが、慣れない水屋でてんやわんや。
入れ忘れあったり、お豆腐が冷めてしまったりと、料理に限らずですが、後から反省すること盛りだくさんでした。



f0213292_14333742.jpg
主菓子は、一不二さんで銘は「花のいろ」。
水色が美しい器は、相生の川原有造さんの宙吹きガラスです。

f0213292_14333702.jpg
お干菓子は甘音屋さんの鈴の音等。

会場は、イーグレ姫路のお茶室をお借りしましたので、蹲の代わりにお干菓子器が青漆蹲盆です。

姫路城が真正面に見られて、すごく景色の良いお茶室です。


f0213292_14333716.jpg
永楽のあやめ。

お稽古を始めて16年でしょうか。時間ばかりが経ち、この度茶名を拝領しましたが、中身はまるで若輩の私です。

これを機に、お茶を理解し、深め、自分の中に拡げられるよう努力していきたいです。

本当に素晴らしい先生に巡り合えて、お稽古の場で多くの知己も得て、それは私の人生の宝物です。それもお茶があってのことなので、この道を大事にしていきたいと思っています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-06-03 15:27 | *Living | Trackback | Comments(0)