薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

沢村貞子の献立日記

f0213292_11414478.jpg
雑誌「和楽」で拝見してから、沢村貞子さんに興味が湧き、何冊か著書を取り寄せて読んでみたらとっても面白かったです。
切り口抜群のエッセイもよかったのですが、こちらの一冊は、フードスタイリストの高橋みどりさんが、
沢村さんの「献立日記」と料理を紹介された本です。

沢村貞子さんは女優さんですが、映像を見た記憶も、お名前も知りませんでした。けれども、冒頭の黒柳徹子さんの寄せ書きだけでも、その人柄にぐっと惹きつけられました。

f0213292_11414647.jpg
沢村さんが57歳から84歳まで、毎日つけられた献立日記。
「女優業と家事と、どちらを取るかと問われたら、家事をとる。女優は辞められても、生活は止められない。」
と言い切った沢村さんの、丁寧な日々の暮らしの記しです。

鯛の薄造りの翌日は、鯛のあら炊きであったり、食材をうまく使い回されている様子と、
季節ごとのメインと副菜、常備菜の取りあわせ等、眺めているだけでも楽しいです。

老夫婦お二人の食卓、こんなに豊かで丁寧だったのですね。






f0213292_11414986.jpg
私の昨日は、、
朝・コーヒー、柿、靭公園近くのパン屋さんで買ったおしゃれなサンドイッチ、オレンジジュース。
昼・(夕方)にコンビニの鍋焼きうどん、コーヒー、きんつば
夜・白和え(柿、ほうれん草)、かわはぎの煮つけ(しめじ)、おでん(こんにゃく、大根、手羽先)
・・・でした。

昨日は、大阪遠征していました。靭公園周辺って、都会の真ん中なのに、緑が多くて、
今はバラが咲き乱れていて、まるでNYのセントラルパークのようです!

午後からお馴染みYちゃんと、Yちゃんのクリニックに一緒に出勤して、二回目の悶絶フォトをうけてきました。





f0213292_11415282.jpg
で、フォトはともかく、、「kayoちゃん、ほっぺたの辺り脂漏性皮膚炎起こしてるよ~、エンビロンじゃなくて、ニゾラール塗っといて」
と言われてしまいました。
「に、ニゾラール?それって真菌、つまりカビてるってこと?」
「うん。カビ~」。

ショックーーー!!
顔にカビ!顔に抗真菌薬ですよ!

でも、言われたとおりに素直に従うわたし。そもそもカビなんて、身体中に存在しているそうです。

ニゾラール無いから、マイコスポール塗ります。(涙)

美容道は、なかなかのケモノ道のようです。(涙涙)





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-30 12:33 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(0)

10月の料理教室

f0213292_10411788.jpg
昨夜の雷雨はすごかったですね。
今朝、お会いした方が「気付かず寝ていた」。とおっしゃっていました。一日バス旅行で、疲れてぐっすりだったそうです。
それはさておき10月の料理教室です。


f0213292_10452318.jpg
*季節のフルーツたっぷりサラダ。
栄養素たっぷりのもち麦に、2種類のチーズ、柿、梨、枝豆が入っています。
もち麦のぷちぷちした食感が楽しいです。






f0213292_10411871.jpg
*和風ビーフシチュー。
デミグラスソースではなく、赤味噌と白味噌で調味してあります。
土手鍋好きとしましては、嬉しい味付け。お肉もやわらか~く仕上がっていました。




f0213292_1041181.jpg
*びっくりワンタン。
数枚に一枚が激辛なわけではなく、、大きさがびっくりの海老入り揚げワンタンです。
シチューに使った赤味噌で、即席甜麺醤を作りました。




f0213292_10411921.jpg
*柚子ライス。
松の実入り。食感やアクセントを考えながらレシピを組み立てるのは大事ですね~。
最近、とある本を読んで、つくづくそう気づきました。また、紹介しますね。

余談ですが、最近、鳥取県八頭町の、30kg○万円という超高級ブランド米を一握り(笑)おすそ分けしていただきました。
おそるおそる炊いてみたのですが、たいそう美味しかったです。
普段あまりお米を食べない私は、目からうろこでした。





f0213292_10412046.jpg
*あずきのセミフレッド。
セミフレッド。。初めて聞きました。食べました。
アイスクリームより、あっさりしていて私には食べやすかったです。




f0213292_10412077.jpg
じゃ~ん。
ゴルフ始めました。(今頃?!)
スポーツの秋ですし、何か新しい事を始めたくて。
びしばしレッスンを受けて、年内に山デビューを目指しています。






[PR]
by fm_k | 2014-10-27 11:02 | *Living | Trackback | Comments(0)

京都

f0213292_11223710.jpg
京都に行ってきました。
昨日は時代祭で、平安神宮から御所まで、行列があったのですが、私たちの行程もばっちりそのルート!混雑を避けるために、駆け足気味ですが行きたかったところは全部まわれましたよ。

地下鉄市役所前を降りて、お目当てのお店、清課堂さん へ。錫製品のお店です。
とっても素敵な満月皿を買いました。
お世話になった大切な方へのプレゼントです。






f0213292_11223836.jpg
余り来ることのなかった界隈ですが、風情のある街なみに、骨董品屋さんや、おいしそうなパンやさん、むかしながらのクッキー屋さん等目白押しで、ゆっくり散策したかった!
梶井基次郎が「檸檬」を執筆したという果物やさんもこの辺りだそう。

柳桜園さんで新茶を買いました。




f0213292_112241100.jpg
地下鉄で二駅。東山三条まで行き、念願の「並河靖之七宝記念館」へ。
館内、お庭のみ写真撮影可でした。

素晴らしかった~~!七宝焼というと、色彩がぎらぎらしたイメージですが、まったく違う、柔らかい、どこまでも可愛らしい色にこまやかな細工。ため息モノです




f0213292_11224579.jpg
この松の枝振りも絵のようでした。
お庭の苔も可愛らしかった~。ここのおうちに住みたい。




f0213292_11224723.jpg
タクシーで移動して、円山公園内の長楽館でアフタヌーンティー。
ビールを追加しているのはわたし。





f0213292_11225087.jpg
館内がそれはそれは豪華で。
見学もさせていただきました。
明治時代のお金持ちは本当にお金持ちだったのですね。






f0213292_11225358.jpg
最後は安定の京都駅伊勢丹でお弁当購入。
今回はぬかりなく予約して、菱岩さんと、和久傳さんの二段弁当。
菱岩さんは、しっかりとした味付け。
和久傳さんは、やっぱり鯛ちらしが感涙もののおいしさ。





f0213292_11225685.jpg
こちらも感動の、長楽館の、、お手洗い!
思わず写真に撮ってしまいました。
ヨットのステンドグラスに息をのんでしまいまいました。

2Fのお手洗いは、全体がオレンジ色で、そちらもよかった。。
住みたい。(二度目)

やっぱり大満足の、京都でした。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-23 11:49 | *Diary | Trackback | Comments(0)

須磨離宮 ルアン

f0213292_9324356.jpg
大丸カードの優待で、須磨離宮公園の邸宅レストラン ル アンさんに行ってきました。
あんなに毎週のように須磨に通っているのに、初めてで道迷いました。。
しかも通いなれた月見山インターの本当に本当にすぐそば。灯台下暗しとはこのことですね。




f0213292_9324625.jpg
大正ロマンを感じる邸宅。
随所に贅沢に使われたステンドグラスが、とてもきれいでした。


f0213292_9324990.jpg
お料理は限定メニュー。お得でしたよ。
*鮮魚マリネのオレンジ風味
フレンチキャビア添え

目の前が須磨の海だけあって、美味しい紅葉鯛でした。
プチトマトにも中にはトマトムース、飾りでドライトマトと凝っていました。
パンの付け合わせも、須磨の海苔が練り込まれたバター等、地元色があり、楽しかったです。
パンもどれも美味しくて、4種類も食べてしまいました。




f0213292_9325285.jpg
*甘みを最大限に引き出した野菜のポタージュ
カプチーノ風

蕪のポタージュでした。上部の泡は、蕪の葉っぱの部分を使ったものだそうです。
パプリカと、ベーコン添え。




f0213292_93255100.jpg
*香ばしく焼いた鮮魚
トリュフ風味の西洋ごぼう

お魚はイサキ。薫り高いトリュフソースと。




f0213292_9325856.jpg
*国産牛フィレ肉の朴葉包みロースト 柚子風味
フレッシュフォアグラのサラダ添え

古式ゆかしいフレンチを想像して行ったのですが、どのお料理のあっさりめの味付けで、口にあいました。




f0213292_933165.jpg
フォアグラは、マデラ酒のソースで、お皿を分けて出されました。
これから、家で生レバーを食べるときは、フォアグラだと思って食べます。




f0213292_933498.jpg
そして昨日は皆既月食でしたね。
須磨離宮公園は、その名も月見山にあります。
名前の通り月がよく見える高台なので、他の皆さんもスマホを手にテラスで撮影会をしていらっしゃいました。




f0213292_933793.jpg
*バリエーション ド ショコラ 冬の味覚と

そんなこんなでデザートはテラス席で用意してくださいました。

こちらのレストランの庭園は、名勝指定もされているそうです。
11月の半ばには、建物の裏の日本庭園の紅葉が美しいそうなので、11月中に一度ランチに伺いたいです。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-09 09:32 | *Diary | Trackback | Comments(0)

9月の料理教室

f0213292_16331311.jpg
9月の料理教室のときの写真です。台風もいって、すっかり秋めいてきました。
関東地方の方はこれからが大変ですね。被害がでませんように。


f0213292_16331469.jpg
*秋鮭と季節野菜の彩り和え黒酢あんかけ。
この季節、かならず一品は入る揚げ浸し。今年は黒酢あんかけでした。この黒酢あん、なんにでもおいしそうです。




f0213292_16331533.jpg
*豚ばら肉とひじきのさっと煮。
毎回、レシピを手打ちして、項目別にDropBoxに保管するのですが、「野菜料理」か「肉料理」か迷った一品。
さっと湯通しした豚バラがあっさりで、かつひじきをごちそうにしてくれました。「肉料理」に入れましたよ。

f0213292_16331558.jpg
*胡麻豆腐。




f0213292_16331613.jpg
*さつまいもとじゃこ・昆布の炊き込みご飯。
*かぼちゃの味噌汁。(写真なし)
細切りの出汁昆布は、色んな料理につかえて便利です。




f0213292_16331746.jpg
*おはぎ
一口サイズでししたが、一個しか食べられなかった。。
最近、食べられる量が減ってきた気がします。飲み物はいくらでも飲めるのですが、、、。
料理教室も、若い方たちが入ってきて、メンバーが増えたようです。
いつも同じ曜日に行くので、同じメンバーで和気あいあいとやっています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-06 10:24 | *Living | Trackback | Comments(0)

エンビロン


f0213292_10255374.jpg
滅多に見ないテレビなのですが、使っている化粧品エンビロンのテレビCMを目にしたので、「私が書かなければ!」と無駄な使命感に燃え、レポートいたします。
そもそも使い始めた発端は、友人Yちゃんの勤める大阪のクリニックにて、Yちゃんの手による悶絶絶叫フォトフェイシャルをしてもらった後、「アフターケアにエンビロン使ったら良いよ」。と薦められ、地元で唯一エンビロンを扱うこちらのクリニックで揃えてもらいました。

「運命を変えるスキンケア」と謳われているだけあって、効果あります~。

エンビロンは、紫外線の強い南アフリカで開発されたブランドで、一番の特徴は、レチノール(ビタミンA)が配合されたいることです。そして個々の肌の段階に応じて、レチノールの配合の違う化粧品を、専門家が選んでくれます。
私は、シークエンスの1と、クリームの2を混ぜて、朝晩使っています。

施術の際、かけてくれたタオルケットを蹴り飛ばすくらいのハイレベルで、Yちゃん直々にフォトを当ててくれたのですが(涙)、その後なんのトラブルも無かったのは、エンビロンのイオン導入エステと、ホームケアのおかげかと思います。

紫のローラーは、ころころ顔に転がすことによって、その後につけるクリーム等の浸透を良くします。せっかくの有効成分なので、余すことなく肌に届けたいものですね。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-03 11:08 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(2)

高台寺和久傳

f0213292_1721072.jpg
まだ夏の記事なのですが、高台寺の和久傳さんに連れていってもらいました。京都に記録的大雨が降った日でした。
外の喧騒を忘れる数寄屋建築のお座敷です。


f0213292_1721282.jpg
床の間には、青々しい葉が涼しいお花。



f0213292_1721557.jpg
夏のお料理なのですが、素晴らしかったので、記念に書き留めます。
鱧の湯引き。



f0213292_1721844.jpg
鮑の肝ソース和え。滅多にしませんが、家でたま~に作るものと全然ちがいます。
肝を濾すとこんなにまろやかなのだなあ、、とわかっていても(減るのが勿体なくて)濾せません。



f0213292_172215.jpg
賀茂茄子の椀物。
ずっと写りこんでいる竹筒は、オブジェではありません。。美味しい和久傳謹製の日本酒です。
割りたての竹の香りと相まって、美味しいお酒でした。



f0213292_1722468.jpg
かわはぎの薄造り。高知だったか、、とにかく四国でした。いつも食べている淡路のものより、淡泊で繊細に感じました。



f0213292_1722748.jpg
控えの間に、板前さんがぞろりといらして目の前で焼いてくださった焼き物三種。
天然鮎、いちじく、鰻。




f0213292_1723053.jpg
いちじくは、生姜醤油で。甘い甘い焼き茄子のようでした。
鮎は、かっと目と口を見開いていましたが、これだけ美味しく焼いてもらったら本望だろうな、、と思いました。




f0213292_172332.jpg
浜名湖の天然鰻。
鰻は大好物なのですが、こんなに美味しい鰻は生まれて初めて食べました。




f0213292_1723632.jpg
ずいきの白和え。
和久傳さんは、もともとは大徳寺の門前料亭なので、大徳寺納豆が使ってあります。





f0213292_1723976.jpg
車海老の酢の物のこの一椀は、この蓮根の美味しさに目を見張りました。
何気ない食材がこうも美味しいのは、まさしくプロの技ですね。





f0213292_1724243.jpg
〆のごはんは、もちろん白ごはんを一杯いただいて、あとはお茶漬け6種のなかから、好きなだけ選べます。
「へしこ」をお願いしました。




f0213292_1724974.jpg
水菓子はマスカット、あと、お薄にわらびもちをいただきました。
本当に良い経験が出来たことと、いつも自分とは違う視点でアドバイスをくださり、話を聞いてくださる方があることに、感謝しています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-10-02 10:35 | *Living | Trackback | Comments(0)