薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

風和里・水無月のお料理

f0213292_1920613.jpg
丹波篠山の風和里さんに行ってきました。
前回は寒い日でした。今回は初夏のお料理。
*先付けは黒豆豆腐と新蓴菜。 涼やかで美しいです。


f0213292_19223331.jpg
お部屋は離れでした。
前回は、入ってすぐのテーブルの間だったのですが、こちらは掘り込みになっています。
作家さんの素敵な器が展示販売してありました。


f0213292_19235346.jpg
*八寸。
トマト豆腐に一番に手をつけました。左上のおからは、柚子胡椒風味でした。


f0213292_19255177.jpg
白魚!珍しいものです。

f0213292_19264610.jpg
鱒の手鞠寿司も大葉の風味で爽やかでした。



f0213292_19275430.jpg
*椀物。玉蜀黍の摺り流し。豆乳仕立て。 濃厚なスープの中に、玉蜀黍が軽く炙ってあるものが浮き実で入っていました。
細やかです。


f0213292_19293844.jpg
*向附け。平目のお造り。


f0213292_19301723.jpg
*煮物。米茄子と穴子の餡掛。
ほっこりした米茄子に、ふわふわの穴子。茗荷と筍、ししとう。
穴子にちょこんと溶芥子。
「日本酒追加ね!」って言いたいところですが、本日運転手。。追加どころか一滴も飲めず、涙が出そうな私でした。

f0213292_19322688.jpg
*箸休め。うすい豌豆と長芋のゼリー寄せ。

お箸、全然休まりません。止まりません。


f0213292_19333669.jpg
*天魚の汐焼。

もう〜〜、どうですか?拝みたくなりませんか?私はなります。川魚大好きなので。頭からがぶりといきました。塩の振ってある尻尾以外ぜ〜んぶ食べてしまいました。なむ〜。

f0213292_19344623.jpg
*山葵風味の枝豆。
ほおずきにはトマトのアセロラ煮。鱧のゼリー寄せ。

くう〜〜っ、日本酒〜〜〜(心の叫び)


f0213292_19362765.jpg
*新生姜ごはんと浅蜊の味噌汁。

f0213292_19382682.jpg
え〜、見たまんま。。
お酒飲めないからって投げやりになるな?
はいはい。*抹茶アイスと無花果のコンポート。

コンポートに、生クリームと紫陽花色のクラッシュゼリー、穂紫蘇があしらってありました。
穂紫蘇の風味が良かったです。コンポートに合うなんて新発見でした。
満腹でコーヒーは飲みませんでした。


7月の予約を取ろうとしたら、行きたい日はすでに満室との事でした。ガクッ。。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-25 19:41 | *Living | Trackback | Comments(4)

御影・ふくあかり

f0213292_20465666.jpg
以前から気になっていた阪急御影の「ふくあかり」さんに行ってきました。
土山人で修業をされたという手打ち蕎麦、楽しみです。
そして加西市の酒蔵富久錦さんの関係でもあるんですね。日本酒が豊富で嬉しいお店です。


f0213292_20493236.jpg
てっきり予約不可だとばかり思っていたら、出来ました。こちらの松花堂弁当。食べたかったんです〜。


f0213292_20503141.jpg
さっくり揚がったかき揚げ。

f0213292_20505597.jpg
家の味に近かった筑前煮。

豚冷しゃぶのサラダも、出汁巻き、鴨ロース、おひたしもどれも一つ一つが丁寧に作られた、というお味。
一品一品口にしては「うん。美味しい!」「うん!美味しい」。と、鼻息も荒く言ってしまっていたようで、同伴者に「美味しいのは、分かったから。。。」と嗜められました。



f0213292_20543434.jpg
十割蕎麦と、玄挽蕎麦。
土山人さんのものと、味は大分違って感じました。細めで美味しゅうございました。


f0213292_2055597.jpg
すぐそばの深田池。
見えているマンションのすぐ上は華道小原流会館で、道から見えるお庭の花々が美しいです。

池の東屋で、富久錦さんの美味しい日本酒を頂きながらぼや〜っとしたら楽しいだろうなあ。。(笑)





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-24 21:03 | *Living | Trackback | Comments(0)

絶品ボンレスハム

f0213292_2111514.jpg
先週の日経新聞の何でもランキングで、地元播州ハムのこちらのハムが見事一位を取っていました。

ミーハーな母親が朝刊を見るや否やすぐに買いに走ったところ、1週間後の今日、届きました。
その日の午後に注文した人によると、8月の入荷と言われたそうです。(6/22日現在、10月以降の入荷だそうです)。


f0213292_2133522.jpg
こちらがそのハム。
賞味期限もあるので知人と半分こ。知人宅に届けたところ、そこのご主人に「まあ食べなよ、飲みなよ」。と大変な歓待を受けてしまいました。

お土産に畑で作った紫玉葱にセロリ、いんげん豆までも。すっ飛びわらしべ長者です。


f0213292_2172084.jpg
前日のまぐろの漬け。

f0213292_2174815.jpg
茄子と生姜の甘辛煮。

f0213292_2183321.jpg
今朝、「旅サラダ」で放送していた岐阜の郡上市の天然鮎を見て、これまたすぐさま母親が魚屋さんに頼んだ鮎。夢前川から来たのかな?

f0213292_2111328.jpg
とうもろこしご飯。

今日は久しぶりに予定のない土曜日で、ゆっくりと料理をするつもりだったのですが、思わぬ歓待ですっかり満腹になり、料理を作る気が失せました。
父親は「今日のご飯これだけ?!」と不服そうでした。母と私だけステーキを食べた事は黙っておいて、「ヘルシーで良いでしょう!」と誤摩化しました。


f0213292_21163774.jpg
梅の甘露煮を作りました。
水の分量を(850cc→1850ccに)間違えて、目が覚めるほどすっぱい甘露煮が出来上がりました。
今日はもう気力が無いので、明日砂糖を加えて煮直そうと思っています。

ああそうだ、ハムの感想。
正直なところ、あんまりハムを食べないからよく分からないです。ステーキの方が好きです。(笑)


追記: ステーキに押されて昨夜は印象薄でしたが、今朝、朝食に切ったところ、とても美味しかったです。
しっとりして、ふくよかな味で、日本人の口に合うなぁと思いました。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-22 21:23 | *Living | Trackback | Comments(0)

6月の料理教室

f0213292_10424127.jpg
やっと梅雨らしい天気になってきましたね。
6月の料理教室はお酢をきかせた、涼やかなメニューでした。

f0213292_10523155.jpg
*太刀魚の南蛮漬け。


f0213292_10535648.jpg
ぎらっぎらの太刀魚ちゃん。あんまり美味しそうに揚がっていくので、「このまま塩で食べたい」と言って「それじゃレッスンにならないでしょ」。と先生に諭されました。。


f0213292_10565790.jpg
たっぷりの夏野菜で。。


f0213292_10575038.jpg
*夏野菜の煮もの。昆布水と、トマトでいいお出汁が出ます。お野菜ひとつひとつの味が感じられる一品でした。
さっそく家でおさらいしました。
播州ハムのベーコンと、煮豆も入れて和風ラタトゥイユ風情に変身しましたが。。


f0213292_1102814.jpg
*簡単青しば漬け。
田舎なので夏になると胡瓜とお茄子をいっぱい頂きます。今年の夏は、このしば漬けで消費しよう!


f0213292_111758.jpg
*アスパラガスのスープ。
ガラスの蓋つきは、同じものをすり流し風にしました。


f0213292_1115550.jpg
*フルーツ白玉。


今日も恵みの雨です。
紫陽花が好きなので、歩いていても車を運転していても、そこかしこに咲く紫陽花の花に見惚れて進みません。
雨に濡れた紫陽花が殊の外好きなので、雨靴をはいて散歩に行きたいです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-20 11:04 | *Living | Trackback | Comments(0)

赤穂・くいしん坊

f0213292_1035042.jpg
かんっかん照りのある日、念願の赤穂にあるくいしん坊さんに行ってきました。



f0213292_10383485.jpg
*八寸。枝豆ひとつを取っても、梅酢で風味が付けられていたりと手の込んだものばかり。
味噌漬けチーズはこちらの名物の一つで、持ち帰りも出来る他、倉敷の平翠軒でも購入可能です。


f0213292_10414092.jpg
*刺身。瀬戸内の鯛は昆布〆になっていました。

よく、明石鯛といいますが、一説によると明石海峡の西側の鯛の方が美味しいとかなんとか。。私自身も、小豆島で釣れたといって頂いた鯛が、大きさも程よく、過去最高に美味しかったです。(口に合うのかもしれません)。


f0213292_10452622.jpg
*鱧の南蛮。自家製のしば漬けが載せてあります。


f0213292_10463046.jpg
*椀物。海老しんじょ。
噂に高いこちらのお出汁。おいしかったです~。


f0213292_10482082.jpg
*穴子おこわ。
この一口サイズが良いですね~。


f0213292_10485423.jpg
*貝柱と鯛。
この辺りですでに日本酒3合目を注文した私です。。


f0213292_1051263.jpg
*天ぷら。白身魚の大葉巻。びっくりするくらい美味しかった。


f0213292_1052163.jpg
*万願寺に海老。


f0213292_10523814.jpg
*由比漁港の桜海老かき揚げ。



f0213292_10534093.jpg
*能登半島のもずく。


f0213292_1054368.jpg
何度も何度も、目の前で(出汁の)味見をされていた葛餡かけ。
*自家製の胡麻豆腐と湯葉、芋茎。


f0213292_1056495.jpg
*ちりめん山椒ご飯とお漬物。全部自家製だそうです。


f0213292_1059516.jpg
*水菓子。


f0213292_1111633.jpg
お昼のコースは12時から、カウンターで他のお客様と一緒に一斉に頂くシステムのようです。

皆でカウンターの中の若主人を見守りつつ、一種連帯感を持ったお食事でした。また行きたいです。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-18 11:05 | *Living | Trackback | Comments(0)

12th Takarabune Regatta*day trip

f0213292_1556214.jpg
じゃ~ん。host familyとの一日観光旅行はわたくしアテンドで姫路、御津ツアーでございましたっ。


f0213292_15591184.jpg
チャーターバスでぶんぶん行きますよ~!

外国人から圧倒的リクエストの多かった姫路城。地元だけに、張り切ってます、私。


f0213292_1601377.jpg
天空の白鷺見学。皆さん意外な程すっごく真剣に見入ってました。


f0213292_1652230.jpg

f0213292_20595896.jpg


いい天気でさいこう~。

そしてバスで移動して向かった先は、、、


f0213292_16111992.jpg
御津の料理旅館「潮里」。
目の前は新舞子の海で、この日も潮干狩りでにぎわっていました。


f0213292_16185775.jpg
お料理す~ごく、喜んでくれた。

そしてこのお店の特徴は、日帰りでも露天風呂に入られることなんです。


写真あるんだけどな~。。(男湯)写ってないんだけどな~。(何が?)
ブログUPはNGとしておきます。(もちろん私が撮ったんじゃないですよ!)



f0213292_216613.jpg
「もう、ここの子になる~」(とは言ってない、たぶん)。とぐずる皆を引きずって連れて行ったのは、お隣の町、室津。

f0213292_210479.jpg
国道250号線は海岸沿いを走る別名七曲り。瀬戸内の美しい風景が広がります。実はこの景色が見せたくて、行先を決めました。

f0213292_1628241.jpg
石畳の旧市街を歩き、賀茂神社で涼を取り、海から帰ってきた漁船を見学に室津漁港へ。


f0213292_16291416.jpg
のん~びりした一日を過ごすことができました。

この旅行で宝船の公式行事は全て終了しました。
準備期間からすると、あっという間の4日間で、ドタバタの余り記憶も薄いくらいなのですが、こうして改めて写真を見てみると、たくさんの思い出を残してくれたなあ、と思います。

皆さんありがとうございました。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-10 12:26 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

12th Takarabune Regatta*Trophy Banquetとお茶席

f0213292_150459.jpg
第12回宝船レガッタは、なんと初めてとなる日本側の勝利。
30数年前、故秋田博正元会長が、シアトルに送った「宝船」Trophyがついに須磨に戻ってきたのです。


f0213292_20572583.jpg
レース委員長のStacey.デニス・コナーの気分 だそうです。次回必ずや奪還すると宣言していました。



f0213292_15133366.jpg
復興支援songの「花」をアレンジした歌のサプライズプレゼントに会場涙。。


f0213292_1513941.jpg
そしてやっぱり踊る私たち。


f0213292_15221365.jpg
バンケットの前に、ホテルの控室を利用して茶席を設けました。


f0213292_2057502.jpg
f0213292_15211284.jpg

f0213292_15284114.jpg
いつもお世話になっているT先生の尽力で、きちんとしたお席が出来、皆さんにも喜んでもらえました。


f0213292_15291746.jpg
パーティー参加は71名。
最後まで、宿泊のお部屋やパーティーの料理、席次に至るまで、変更ばかりなのにも関わらず、根気よく対応して頂いた神戸ポートピアホテルのM様にも、本当に感謝しています。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-08 10:33 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

12th Takarabune Regatta*race day1.2

f0213292_1148577.jpg
この行事のメインイベント、日米チーム対抗のヨットレースはJ/24という5人乗りのヨットで、二日間にわたり行われました。


f0213292_11501240.jpg
レーサーはもちろん、ご覧の運営ボート、観覧艇、陸では朝ごはんにランチボックス作りと、み~んなそれぞれの部署でがんばりました!



f0213292_12113411.jpg

シアトルからのお客様の内、non-レーサーの3名は、レース一日目は丹波篠山に、二日目はクルーザーで淡路の百段園までクルージングに。

イベント前に、日本で何がしたいですか?とお聞きしたところ、「美術館、庭園、茶道、陶芸、和食、温泉」といったリクエストがありました。
「すべて叶えてあげようじゃないか!」と迎接担当(わたくし)と、実行委員長のOさん、その他会員の皆様と日夜、どんな行程を、どう組むか、、本当に悩み、話し合い、相談して、、楽しかったです。

私は一緒に行けなかったのですが、丹波篠山も、淡路も大満足で帰ってこられていました。


f0213292_12214992.jpg
レース一日目の夜は、クラブルームですき焼き&BBQパーティー。すき焼きが大うけだったようです。
ここでも日米対抗ダーツ大会。


f0213292_12251651.jpg
今レガッタで総合優勝だったhungoverチーム。須磨伝統のJ/24チームです。



f0213292_12273679.jpg
シアトル団代表のBensonさんご夫妻と。シアトルヨットクラブの名誉会員であられます。
前回訪問時、空港まで送っていただきました。今回は、お迎えに行けてよかった。


明日はトロフィーバンケットとお茶席です。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-07 12:32 | *Yacht | Trackback | Comments(0)

12th Takarabune Regatta*1日目

f0213292_1082776.jpg
早や一か月が過ぎようとしている宝船レガッタですが、やっと画像も揃ったので書こうと思います。

私にとって初日、は空港お迎えの5/8でしたが、公式行事はこの5/10から始まりました。

ポートピアホテルからヨットハーバーに到着するシアトルからの皆さん。神戸市から楽団の皆さんもお越しいただいて、華々しくopening ceremonyが行われました。


f0213292_1014065.jpg
楽団の皆さん。華を添えてくださり、また両国の国旗掲揚も厳かなものになりました。


f0213292_20504146.jpg
シアトル側chair personのSさんのスピーチ。元は須磨ヨットクラブで活躍されていた女性です。
現在はシアトル在住。mini12にも乗られるセーラー。料理と書道と、茶道の先生でもあります。

f0213292_10154717.jpg
和田宮神社様による安全祈願。
かしこみ、かしこみ~。



f0213292_103617.jpg
その後オリエンテーションを終えて、ハーバー4Fのレストランで昼食会。
前回とってもお世話になったStacey夫妻。


f0213292_20553938.jpg
夜のwelcomepartyでは鏡開きもしました。クラブ特製のロゴ入り升で振る舞われた美味しい日本酒に皆さん大喜び。

会員T様による二胡の演奏にうっとり。そして三味線の演奏では、みんなで阿波踊りの大渦になりましたよ。


f0213292_10344859.jpg
今回、ボランティアで公式通訳をしてくださったO先生と。私の高校時代の恩師でもあります。そのスマートで、ウィットに富んだ通訳で会場を沸かせてくれました。


f0213292_10475794.jpg
この日の昼間に、神戸市の矢田市長表敬訪問で、シアトル市長からの信書を渡してきた彼ら。
市長室土産のキャップを被って。

どうして似合うんでしょう..


レース初日の二日目に続きます。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-06-07 10:51 | *Yacht | Trackback | Comments(0)