薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4月の料理教室

f0213292_21330100.jpg
ブログUPが遅れがちです。。
今、来月のイベントに向けて、大変慌しく(気持ちだけ)過ごしております。
そんな4月の終わりの料理教室でしたが、久しぶりにゆっくりと料理をすることで、とても癒されました。

f0213292_2141583.jpg
*木の芽和え。
手作りの焼き味噌と青寄せをあわせた、手のこんだもの。やはり手をいれると美味しさが違います。


f0213292_2155085.jpg
*若竹汁。 私が担当しました。一番だしのとり方が、イマイチだったかも。。
先日、三宮の「和香」さんでいただいた若竹煮はびっくりするくらい美味しかったので、そのイメージで味付けしたかったのですが、当然ながら程遠かったです。。


f0213292_2161929.jpg
*筍ごはん。土鍋でご飯を、お鍋で筍を別々に炊いて、蒸らす段階であわせました。


f0213292_2163427.jpg
*炒り鶏。しっかりと炒りつけて香ばしさをだすのがポイントです。もちろん筍入り!


f0213292_2164772.jpg
*煮豚。 
春のお野菜をたっぷりとあしらいに使って旬の一皿に。


f0213292_2172018.jpg
*そば粉のパンケーキ。 甘すぎなかったのと、蕎麦好きなので、一皿全部ぺろりと食べてしまいました。(えっ?いつの間にタッパーにしまったの?と聞かれました。タッパーではなくお腹にしまいました)。



f0213292_2173979.jpg
おまけの和香さんの若竹煮。
筍が新鮮なのと、ごくごく薄口のお出汁が絶妙でした。味を覚えるためにも、今季中にもう一回食べたいな。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-04-25 21:11 | *Living | Trackback | Comments(0)

まとの

f0213292_21203837.jpg
恒例の、誕生日祝いの家族食事会に、今年はお節でもお世話になる「まとの」さんに伺いました。




f0213292_2122068.jpg
白木のカウンターで。手前は母(初登場)です。


f0213292_21221128.jpg
先付けは湯葉の炊き合わせでした。
ほんのり温かくて、淡い味付け。
豆のグリーンとのコントラストが美しかったです。

ちょっと寒かったので熱燗と。


f0213292_21222424.jpg
ここの大将はなんといっても「へんこ」です。
毎回「写真なんか、撮らんといてくださいよ。しょーもない料理やのに」。
と言われ、諦め、、でも今日は、撮っちゃったもんね。(全部ではないけど)。



f0213292_2122355.jpg
鰆。
美しい八寸は、私の写真の腕が悪く、ブレてしまったので載せません〜。
大将、呆れるもの。。
ただでさえ「えらい、ええレンズ使うてますなぁ」。と言われたのに。。


f0213292_21224956.jpg
なんといっても、まとのは天麩羅が美味しいと思います!
少なくとも、姫路一だと思います。
白魚をたっぷり堪能した後、塩が引かれようとしたので、
「え〜っ?!もう、終わり?」と思わず言ったら、


f0213292_21225975.jpg
鯛の白子も揚げてくれました。
「よぅ、食べますなぁ。痛風なりまっせ」。ですと。


f0213292_21231169.jpg
若竹煮。



f0213292_21233042.jpg
珍しく、ステーキ。
付け合わせが、さすが繊細でした。


f0213292_21232077.jpg
雲丹だけ食べた後のお寿司。
持ち帰りにしました。

「欲張って、天麩羅お代わりするからでっせ!」と窘められました。。



まとのさん、御馳走様でした。


そしてお誕生日祝いは続きます。
うふふ。
念願のお店にも来訪予定ですが、写真を撮る勇気と余裕があれば、撮ってきますね。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-04-09 18:12 | *Living | Trackback | Comments(2)

三ツ山大祭

f0213292_15164522.jpg
3/31〜4/7の間、播磨国総社で三ツ山大祭が行われています。

といっても、何のことか姫路市民の私ですら分かっていません。
横綱白鵬が土俵入りを奉納したり、流鏑馬があったりとなんだか賑やかそう。


この三ツ山大祭、なんでも天慶2年(939年)から連綿と続く由緒正しいお祭りだそうです。
天文2年(1533年)からは、今と同じく20年に一度の式年となったそう。それから一度も欠けたことがないというのだからすごい事です。


総社の前を通りかかるたびに、置山の先っちょが見えていたので、お祭りの始まる前日に、見に行ってきました。


f0213292_152211.jpg
国中の神様をお迎えする「小袖山」。


f0213292_1525285.jpg
播磨国の大小明神をお迎えする「二色山」。


f0213292_15261789.jpg
九所御霊大神をお迎えする「五色山」。


お迎えした神々を、本殿の神様が、このとき神門の屋根の上に特別に設けられる門上殿までお出迎えされるそうです。


ですので前日のこの日は、まだ神様いらっしゃいませんでした。(しかもその時点で、その事を知りませんでした)。
「大きな山やね〜」。「大祭中にお参りしたら、八難苦役を免れるんだよね?」とか呑気に言ってました。

ところが今日(4/3)、総社の前を通ったときに改めて見てみると、なんだか神々しかったのです!本当に。

それで帰宅して、三ツ山大祭について調べて、納得したところです。



f0213292_15364117.jpg
おまけ1、明石・希凛さんの美しい盛り合わせ。

先日訪れ、若き大将が釣り好きだと知りました。
須磨ヨットクラブの釣り大会に、包丁一本〜♪ 持って、遊びに来てくれないかなぁ。笑




f0213292_15405719.jpg
おまけ2.ボクも白身のお魚が好きだワン!by モンティ。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2013-04-03 15:43 | *Diary | Trackback | Comments(2)