薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

一月の料理教室

f0213292_7133282.jpg
1月の料理教室はベトナム料理でした。

お料理の先生が、ご家族でベトナム旅行をされたので、そのお土産の食材をつかっての本格派?ベトナム料理です。


f0213292_713542.jpg
ベトナム料理では外せない「鶏肉のフォー」。
手羽先で鶏ガラスープをとりました。

フォーは、ベトナムでは「素うどん」状態で出てきたものを、テーブルで各自香草やもやし、唐辛子を盛ったり、ライムを搾って好みの味付けにするそうです。


f0213292_7141884.jpg
「クレソンと牛肉のサラダ」。ベトナムの調味料「ヌクマム」でお肉に下味を漬けています。

ヌクマムはいわしのような小魚を発酵させたもので、タイのナンプラーによく似ています。

f0213292_7144542.jpg
「揚げ春巻」。
南北に長いベトナムですが、こちらは南部のお料理だそうです。

ヌクマムをベースに、唐辛子や砂糖、ニンニクで味付けしたヌクチャムでいただきます。

春巻きの皮は、米粉を溶いてクレープ状に焼いたものを天日で干して作ったもので、日本で売っているものよりもかなり小さなサイズ。

ベトナムの家庭では庭先にすのこ?を立てかけてたくさん干してあったそうです。

春巻きの皮の「藁の目」はそこからきているのですね!


f0213292_7151680.jpg
「バナナとタピオカのチャー」。ベトナムコーヒーと。

チャーは、日本でいう「おしるこ」のようなもの?冷やしぜんざいといったおころでしょうか。

ベトナムコーヒーは底にコンデンスミルクが入っていて、溶かしながら好みの甘さに調節します。


香草大好きな私には、アジア料理はたまりません。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-27 11:29 | *Diary | Trackback | Comments(2)

ダックツアーで神戸観光

f0213292_2103416.jpg
私の住んでいる姫路市は、比較的神戸に近いのですが、先日思いっきり「神戸観光」して来ちゃいました。


f0213292_2114862.jpg
こちら、水陸両用バスのスプラッシュ号。

このバスで、神戸の市街地と海の入り口を一周する、というツアーに、5月に神戸で開催される宝船レガッタの観光案内下見に行ってきたのです。


f0213292_2154738.jpg
ポートタワー下の中突堤からレッツゴー!



f0213292_2174697.jpg
旧居留地を巡り、フラワーロード、三宮駅から北野異人館へ。


f0213292_2183014.jpg
バスにはガイドさんも乗っておられて「あそこがSONEです。こちらが帽子のマキシムです」。と神戸で有名なお店も教えてくださいます。


f0213292_21101399.jpg
トアロードを南下して、ハーバーランドの「はねっこ橋」へ。

こちらのスロープからディンギーのごとくざっぷ〜〜ん、と入水です!



f0213292_2112819.jpg
期待していた「海」」でしたが、残念ながら入り口をくるくると回るのみでした。


トータル80分。いつもの神戸を、また違う視点から見られて楽しかったです。

ただ、この日の神戸は氷点下!この冬一番の寒い日に、張り切ってデッキ席に出っぱなしだったので、めちゃくちゃ寒かったです。


日和の良い日に、是非おススメします。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-22 21:15 | *Diary | Trackback | Comments(2)

初釜

f0213292_18184979.jpg
先日の初釜のご紹介です。

その年の最初のお茶会。
このブログでも何度か書きましたが、本当に心尽くしの、お目出度いお茶席で、この初釜で毎年「ああ今年も良いお正月だったな〜」、と本当のお正月が迎えられたような、そんな気持ちになります。

写真の兎の絵馬は、先生が年末に行かれた伊勢神宮のものです。



f0213292_18225999.jpg
まず控え室で客同士が顔を合わせて、お軸も拝見し、手水所を通って席入りします。

お手前は炭手前から。
黄色のお香合は可愛らしい兎ちゃんです。


f0213292_18244860.jpg
初釜といっても、練習も兼ねているので私たちは客兼水屋のお手伝いです。

最初にお客さまにお出しする一服。秋から冷凍されていたという「つくばね」が見事でした。


f0213292_18284439.jpg
この日のお客さまは15名。
こうして水屋にお膳を並べて準備します。

温かいものを温かく、美味しく出すのは、懐石料理の基本ですが、、水屋は大変です。


f0213292_18302741.jpg
ごはんは「一文字」によそいます。これが結構むずかしい。
この後、お味噌汁もご飯も2回「おかわり」します。


f0213292_18331266.jpg
お料理がこうして回ってきます。
先生が作ってくださった筑前煮とSさんの黒豆。初釜でこうして頂く料理の美味しいことったらありません。


f0213292_1835227.jpg
くわい。(芽が出るかしら。)

f0213292_18352447.jpg
椎茸の含め煮。


f0213292_183612100.jpg
僭越ながら、ローストビーフは私作です。
水屋やお運びを手伝うため、「お詰め」に座っていたので、料理が最後のほうであんまり写真が美しくなく、スミマセン。


f0213292_1853992.jpg
心尽くしの椀もの。



f0213292_18374529.jpg
こちらは湯葉の炊いたん。


f0213292_18382067.jpg
最後にお漬け物が回ってきます。
取り箸の先が留め節になっているのが分かりますでしょうか。
「これで留め=最後ですよ」の合図。


f0213292_18393923.jpg
あられ(本来はおこげ)入りのお白湯が回ってきます。
先ほどのお漬け物と一緒に、お茶漬けにしてお茶碗を綺麗にして頂きます。最後に懐紙で何もかもを清めます。禅寺と同じ要領ですね。



f0213292_18433624.jpg
お料理をいただいている内に、炭もおこってお湯が沸いてきます。
そこからお濃茶。

お正月の主菓子は「花びら餅」。真ん中に炊いた牛蒡が挟んであります。


f0213292_18453946.jpg
初釜だけは、金と銀の塗りのお茶碗でいただきます。


f0213292_1847039.jpg
お干菓子をいただいて、あとは銘々にお薄を点てていただきます。
この頃になると、すっかり和んで生徒同士、先生を囲んで色々と話が弾みます。(足もすっかりしびれが切れるころです)。


f0213292_18484224.jpg
皆さんありがとうございました。今年も一年、宜しくお願いいたします。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-15 18:50 | *Living | Trackback | Comments(2)

初詣

f0213292_20331424.jpg
まだまだお正月気分です。

皆さんは初詣に行かれましたか?
私は元旦に必ず地元の氏神様に初詣に行きます。

その上今年は、元旦以外にお友達とお出かけついで?に大阪の住吉大社にもお参りしてきました。



f0213292_20393512.jpg
境内入ってすぐの反橋。かなり急な勾配でした。



f0213292_2041587.jpg
住吉大社は4つのお宮さんからなり、一宮〜三宮は海の神様。第四のお宮さんは神功皇后が祀られています。


今年一年、これからもずっと海の上の私達をお見守りくださいね。




f0213292_20465324.jpg
ここ「すみよっさん」は、全国でも指折りの初詣参拝客を誇る神社だそうです。

この日は平日だったので、覚悟していた程の人出ではありませんでした。


神様に願い事が届いたでしょうか。


人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-08 20:50 | *Diary | Trackback | Comments(0)

今年最初の反省

f0213292_9233890.jpg
今年最初の反省と後悔、それは、、

昨夜やっと年賀状が書けました。
正確には、作れました(PCで)。


毎年、独身をいい事(?)に、年賀状は「最低限来た人に返す」。というなんとも心のない事をしていました。

当然枚数も少ないので、きれいな絵の入ったものを買って来て、ちょいちょいとコメントを添えていたのですが、PCで写真をいれて作れば簡単にオリジナルのものが出来るんですね。(いまさら)。

こんな事なら、年内にやればよかった。。


来年からは、写真も文面も厳選して、きちんと元旦につくようにしよう、と反省しきりです。



人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-05 11:22 | *Diary | Trackback | Comments(0)

御節

f0213292_12493672.jpg
2011年の御節です。

私が作ったものは、漆塗りのお重のもの。
白木のものは料理屋さんの「まとの」さんのものです。


f0213292_12511574.jpg
「まとの」の一の重。さすがに美しい!伊勢海老が豪華です。

f0213292_12522464.jpg
私の一の重。
黒豆、田作り、たたき牛蒡、紅白なます、数の子、かまぼこ。



f0213292_12533679.jpg
「まとの」さんのお料理は京風で、薄味でとっても美味しいです。

私が料理教室に行くまでは、忙しい母に代わって、毎年我が家はまとのさんのお重でした。
4年ぶりのまとのさんのお重。やっぱりプロの味は違います。


f0213292_12564818.jpg
二の重。ローストビーフ、鴨ロース、焼き穴子。


f0213292_12574042.jpg
三の重。煮しめ。梅人参、花蓮根、手綱蒟蒻、里芋の白煮、椎茸の含め煮、伊達巻き。


f0213292_12592122.jpg
「まとの」さんのお品書きです。これを見ながらわいわい言って食べるのが楽しいです。



f0213292_13033.jpg
おまけ。
家庭で作る御節のいいところは、たくさん出来ること。
手間は同じですからね、、家族だけの時には、こうしてオードブル風に盛りつけて頂きました。


今回の御節は、蒲鉾と伊達巻き以外全て手作りです。田作りのみ玉木さんにお裾分けしていただきました。
当初はかなり不安だった御節作りですが、3日間に分けて、のんびり作りました。
御節といえども、普段の料理の延長線上なので、思ったよりも大変ではなく、楽しく作る事が出来ました。

それもこれもお料理の先生を始め、普段からお世話になっているみなさまのお陰です。

それに、ブログを見て下さる方々がいらっしゃるお陰で、とても励みになっています。
本当にありがとうございます。


 
今年一年、みなさまにとっても良い一年となりますようお祈り申し上げます。





人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2011-01-03 13:12 | *Living | Trackback | Comments(2)

謹賀新年

f0213292_8593049.jpg

あけましておめでとうございます。


今年も一年、色んな事にチャレンジしつつ、少しでも成長していけたらいいな、と思っております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


2011年 正月
[PR]
by fm_k | 2011-01-02 09:01 | *Diary | Trackback | Comments(0)