薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
大井の切り落としローストビーフ
at 2017-04-27 16:37
久しぶりの希凛
at 2017-04-21 15:29
和食のお稽古・端午の節句
at 2017-04-14 12:10
野点・着物で中華
at 2017-04-04 16:29
3月の和食のお稽古
at 2017-03-17 19:26
カテゴリ

<   2010年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

グリーンピースのスープ

f0213292_20303265.jpg
ここ数日、やっとお天気が良いですね。

初夏を思わせる緑が美しいグリーンピースを頂いたので、早速スープにしてみました♪






f0213292_20344066.jpg
f0213292_20345391.jpg











ブイヨンでも良いのですが、畑で採れたせっかくのグリーンピースなので、野菜からスープストックを作りました。

とはいえ野菜の‘はぎれ’をくつくつ煮るだけ〜。


上の写真の渋いおじさんが格好いい計量カップは、葉山はマーロウのプリンの容器です。しっかりと目盛りがうってある上に、パイレックスで耐熱性で丈夫なのでめっちゃ活用してます。

神戸っ子の家にはモロゾフのプリン容器があるように、あちら(神奈川)ではマーロウなのかな、、とか思いつつ愛用しています。





f0213292_20424093.jpg
お昼ごは〜ん。

カレーのご飯も豆ごはんです。

翡翠色のグリーンピーススープ、見た目も綺麗です。


ただいま料理人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-30 20:50 | *Living | Trackback | Comments(0)

作家の愛したホテル

f0213292_2155035.jpg
今、読んでいる本です。

伊集院静氏の『作家の愛したホテル』。
“日経おとなのOFF”で連載されていた当初から、楽しみに読んでいました。

伊集院静氏といえば、若い頃に『逗子なぎさホテル』に長期逗留した話は有名です。

まだ若く、無名だった彼を「出世払いでいいから。」と宿泊させ、バーで飲ませ、自由気ままに、そうっと見守ってくれた安穏の場。

そのホテルを裏切る事なく、成功し、“おとな”になった彼は今もなお、パリに、ドーヴィルに、NYに・・世界中にその逗子なぎさホテルの面影を追いかけているのではないか、、と私には思えます。

誰よりも“ホテル”の恩恵に与った彼だからこそ、その善し悪しの基準は独特で、愛にあふれています。

ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、日本と、世界中のホテルや街が題材になっており、ヨーロッパに行ったことがない私にも、その空気感まで伝わるエッセイです。

ベッドで一話読んで、そうっと眠りにつきたい本です。





・・・なのですが、もう一冊。

この「作家の愛したホテル」を読んで、思い出した本がありました。




f0213292_21321327.jpg

浅田次郎著、「カッシーノ!」

こちらは、伊集院氏と同じく作家で、賭博をこよなく愛する(しかも二人は年齢も一つ違い)浅田次郎氏の“ヨーロッパカジノ紀行”です。

浅田次郎といえば「鉄道屋」「メトロに乗って」、最近では中国の歴史大作「蒼穹の昴」などで有名な日本を誇る偉大な作家ですが、反面「勇気凛々瑠璃の色」や「プリズンホテル」等のちょっぴりアウトローな分野においても、右に出る者はいないと常々思っています。

ちなみにこの「カッシーノ!」。よく見たら出版元は「幻柊社アウトロー文庫」。(なんだそりゃ?)

とにかく、この本も面白いです。
純粋な江戸っ子で、かの中村勘三郎をして「浅田さんは、歌舞伎の脚本を書いたら絶対面白いはずだ」。と言わしめた軽妙な語り口調で伐って伐ってきりまくり。

ヨーロッパのカジノというカジノ、高級ホテルというホテルを泊まり歩き、遊びまくり賭けまくり、オチつけまくりの抱腹絶倒エッセイです。


お二人に、この二冊に共通しているのは「大人の男よ」「日本の親父よ」大人らしく、男らしく、生きようじゃないか。というメッセージ。

男でも、親父でも、大人でも?ない私ですが、微笑ましく、羨ましく読んでいます。

最後に、「カッシーノ」から引用。




わが敬愛する森鴎外は、八面六臂の生涯の末に、「何だ、つまらない」の一言を遺して逝った。少なくとも、八面六臂の大活躍が理想の人生ではあるまい。むしろ私は、八面玲瓏たる人生を全うせんがために、この先も遊び続けようと思う。
遊べよ、日本人。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-28 22:01 | *Diary | Trackback | Comments(0)

レーズン酵母

f0213292_7252411.jpg
さて皆さん、こちら何か分かりますでしょうか・・・?



答えは、『レーズン酵母』!!

正しくは、レーズン酵母起こし中。

そろそろ気温も高くなってまいりましたので、今年も自家製酵母のパンを焼くべく、レーズン酵母起こしを始めました。

“酵母起こし”と大袈裟に言っていますが、レーズンと湯と砂糖を瓶に入れて発酵を待つだけです。だいたい5日間ほどでぶくぶく元気よく泡立つ(はず)です。

その後、ヨーグルト酵母、元種作りという作業があって、やっとパンが焼けます。

元種作にはいろんな手法があるようですが、私はこの方の本を参考にして作っているので、彼女のいわば門下生です。


レーズン酵母から直接元種を作る一般的な手法よりも、ヨーグルト酵母を挟む彼女の作り方は、まさに「急がば回れ」の諺通り、確実で失敗が少ないです。


師匠!(←勝手に)今年もよろしくお願いいたします!!





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-27 11:42 | *Living | Trackback | Comments(0)

朝野菜ジュース

f0213292_11574155.jpg
今朝の朝ご飯です。
tarzanの一件から、すっかり野菜ジュースにはまっています。





f0213292_1221957.jpg
トマトとほんの少しのはちみつをバーミックスにかけました。

ジューサーもいいのですが、野菜の皮や繊維をそのまま摂れるバーミックスが今の気分です♪

左のチーズは“カチョカバロチーズ”。
太めに切って、フライパンでじんわり焦げ目がつくまで焼きます。







f0213292_121339.jpg
f0213292_1211220.jpg











今さらですが、トマトは抗酸化作用のある「リコピン」を多く含むうえに、ビタミンCやビタミンB6、整腸作用のあるペクチンなど各種栄養素の宝庫、まさにKing of 野菜です。

ちなみにコップ一杯で、トマト1個分です。

チーズのほうは、バルサミコ酢を煮詰めたものとオリーブオイルをかけています。

朝食にチーズや豆製品等のたんぱく源を摂ると、太りにくい体質になるそうですよ。
毎朝、カチョカバロを焼いてはいられませんが(笑)。


人気ブログランキングへ







[PR]
by fm_k | 2010-05-26 12:19 | *Living | Trackback | Comments(0)

創部75周年

f0213292_1643454.jpg
先日、とある大学ヨット部の75周年記念行事に(卒業生ではないのに)同行し、琵琶湖まで行ってきました。




f0213292_1662268.jpg
琵琶湖周遊船の“ビアンカ”を借り切ってのお食事付きクルーズでした。


f0213292_168283.jpg
f0213292_1683920.jpg













超バンカラな応援団によるパフォーマンス。

生まれて初めて近くで見させて頂いて、感激しました!



f0213292_16174639.jpg
琵琶湖では、この日ディンギーの関関同立戦が行われていました。
波もなく、風も穏やかで、レースというよりも気持ち良さそう。


それにしても、ヨット部75年の歴史というのはすごいですよね。

そうそうたるメンバーのOBの皆さんも結束が固く、現役のヨット部員を応援している気持ちを表すために、こうして5年に一度はOB、現役混ざっての会合を催しているそうです。
心強い事ですね!


この日の琵琶湖はとてもお天気が良く、湖西の山々や湖岸の美しい景色も楽しめました。
船上でのビュッフェのお料理も美味しかったです。


f0213292_16314530.jpg
おまけ。
ビアンカを降りてから、桂キャンパスの中にあるレストラン ラ コリーヌに行きました。

写真は前菜からホワイトアスパラガスとサーモンのジュレ。

こちらのレストランは勿論、一般の方も利用できるようです。
学内にあるせいか、ワインの値段設定なんかも安くて、お料理も美味しかったです。
おすすめです。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-25 16:47 | *Yacht | Trackback | Comments(2)

ラルフローレンの服

f0213292_219375.jpg
ふと立ち寄ったデパートのラルフで、花柄のワンピースと白いスカートに出会いました♪


f0213292_21114480.jpg
去年のもので、セールになっていたのです。ラッキー!!

シルクシフォンの素材で、色使いはもちろん裾のフリルが動くと揺れて、めちゃくちゃ可愛い。




f0213292_21145781.jpg

f0213292_2117851.jpg

スカートは麻素材で、「RL」の刺繍が施してあります。

平面に置いているので分かり辛いですが、たっぷりとした生地で、ふんわりとしたシルエットです。


ブレザーは、ヨット関連で正式な場に出ても恥ずかしくないようにと、去年キャプテンタマキさんで誂えてもらったものです。




f0213292_2127546.jpg
f0213292_21271659.jpg

生地はもちろん、ボタンも裏地も好きなものから選びました。

正式な場でなくとも「紺」×「白」は大好きな組み合わせです。
今年はマリン流行りで、この紺ブレが大活躍中です♪

余談ですが上の花柄のワンピース、日焼けしてやや筋肉質の私が着るとまるで「テレビ出演のため衣装を着せられた女性アスリート」。のようです。。
ま、それもよか。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-24 07:03 | *Living | Trackback | Comments(0)

5月の料理教室

f0213292_19353393.jpg
月に一度のお料理教室。
今月は、

*鰆の木の芽味噌焼き
*絹さやの卵おとし
*新ごぼうの白和え
*鯵のつみれ汁
*抹茶わらび餅          ・・・でした。


f0213292_19375417.jpg
f0213292_19382823.jpg

f0213292_19385329.jpg












先生のお宅では、ご飯はいつも土鍋炊きです。
お米がつややかにふっくら仕上がって、とっても美味しいです。

絹さやの卵おとしは、卵とじにするよりも黄身が半熟で、とろりと仕上がります♪

ひと味違ったお魚の食べ方、つみれ汁も、丸ごと鯵の旨味や栄養が摂れるパンチのある一品でした。




f0213292_1942117.jpg
お待たせ♡デザートはお抹茶のわらび餅パフェ風。

先生が煮てくださっていた小豆、甘さ控えめで美味しかった〜〜です!

今月は新緑をテーマに、ヘルシーでお野菜たっぷりメニューでした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-21 13:59 | *Living | Trackback | Comments(2)

神戸まつりヨットレース〜レース編〜

f0213292_21234333.jpg
前夜祭の翌日、日曜はレースでした。


f0213292_2125182.jpgf0213292_21251978.jpg














今回は、いつもの「いちもくさん」ではなく、こいさんのもう一艇のレース艇「WindSailar」(Corel45)での参加です。
ジブファーラー、電動ウインチ付き、最近GPSプロッタも付きました。つまりいたれり尽くせり〜。

レース艇っていえるのか?な潤沢すぎる整備ですが、とっても厳しいレーティングいただきました☆(Tさんが聞いたら「順等じゃっ!」って怒るのでしょうが。正直、レーティング基準なんか私にはてんで分かりまへん。)




f0213292_21375124.jpgf0213292_2138885.jpg
















写真は先ほどから左、レース艇(Corel45)。右、クルージング艇(グランドバンクス)です。

レース艇は軽量化第一のため、船内もこんなに殺伐(笑)としています。
前夜、私とY子の泊まったグラバンは、チーク材でとっても重厚で豪華。一般の方がイメージされるヨットって、こんなじゃないんでしょうか?

いえ、左のCorelもある意味と〜っても、贅沢です。



f0213292_2148923.jpg
無事に1st finishしました。
(しかしレーティングが厳しく、修正で*位に。。)

とはいえ私は大きな、慣れないフネでいつも以上に何の役にも立てず、重石としてどっかりと乗せてもらっていただけなのですが。。


それでも、今年の神戸まつりヨットレースは49艇と多くの参加で、お天気も良く、事故もなく。1st homeもしたし♪
とっても楽しく、気持ちよく終えることが出来ました。


運営を始めとする関係者の皆さん、遠いところ参加して下さった外来艇の皆さん、グラバンのMさん、そしてこいさん始め「いちもくさん」の皆さん、本当にありがとうございました。


人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-20 14:35 | *Yacht | Trackback | Comments(2)

山田 浩之さんの器

f0213292_18261188.jpg
料理の先生に誘っていただいて、ART SALON有方さんで開催中の山田浩之さんの陶展に行ってきました。


f0213292_18292210.jpg
信楽焼の作家さん。
お若く、現代アートにも通じてらっしゃる方で、モダンな作品が並んでいました。

f0213292_183045100.jpg
亀の形をした酒器。これ実はすごく気に入りました。
日本酒は飲まないのですが、お水を張って、小さなお花を生けてもすごく絵になりそう!



f0213292_18345958.jpg
私は、直径約25cmほどの鉢を購入。

たっぷりした姿の、土ものの器って好きです。何を盛っても、美味しそうに見える気がして。
(収納場所の問題もあり、なかなか増やせませんが。。)


有方さんの催されるサロンは、センスが良くて、声を掛けていただくのが楽しみです♪



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-19 18:46 | *Living | Trackback | Comments(2)

Tarzan

f0213292_1843698.jpgf0213292_1852822.jpg














神戸まつりヨットレースの結果はひとまず置いておいて、今日は雑誌『Tarzan』のお話です。

私は、Tarzanを毎号買うほどマッチョな女子ではないのですが、たま〜に、ごくたまに、特集記事が面白そうだったりすると気になって読みたくなってしまいます。

今号は、「賢い野菜。」

これ、ヒットでした〜〜。

すごく勉強になる!

野菜に多く含まれるビタミンやミネラルの基礎知識から、野菜ごとの栄養価や旬の時期、新鮮な野菜の見分け方や保存法に、栄養価を損なわない調理法まで盛り沢山の内容でした。



f0213292_18224269.jpg

素直な性格(感化されやすい、ミーハーな、とも言う。)の私は、早速台所の奥に眠っていたジューサーをひっぱり出し、冷蔵庫にあったセロリとオレンジジュースで生野菜ジュースを作ってみました。


う、う〜ん・・・美味しい。。

セロリの独特の青い香りや苦みは健胃作用のあるフラボノイド類のセセリンやキサントインによるもの、またアビインという精油成分は精神を安定させ、不眠やイライラを解消する。(Tarzanより。)
・・と、知って飲めば有難さも倍増。


最近、季節の変わりめのせいか、紫外線の降り注ぐ中お外にばかり居るせいか、お肌の調子もイマイチなんです。

暫く、朝の生ジュースを継続しようと思います。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-05-18 18:35 | *Beauty*Health | Trackback | Comments(4)