薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
グランブルーで盛夏のワイン会
at 2017-08-17 15:09
海の日
at 2017-07-20 10:53
7月の料理教室
at 2017-07-13 12:01
7月の和食のお稽古
at 2017-07-10 12:52
6月の和食のお稽古 
at 2017-06-26 15:53
カテゴリ

カテゴリ:*Living( 293 )

クリスマスリースとobaketsu

f0213292_11593833.jpg
今年もクリスマスリースを作りました。

枝も、花材も、お花の先生のお庭(山)のものがほとんどなんです。


f0213292_11593963.jpg

ズームアップ。
生の林檎もくくりつけていますよ。

いよいよ年末って感じです。
「慌ただしいわ〜」と皆さんおっしゃいますが、忘年会にクリスマス、お正月とイベント目白押しの12月が、私は大好きです。


f0213292_17005318.jpg

大掃除というほどではありませんが、マイブームの窓拭きや、拭き掃除のお供に、オバケツ新調しました!

姫路市の南八代の「渡辺金属工業」さんで、100%国産材料、手作業で作られているバケツなんです。
バケツに丁寧語の「お」をつけたあたりに、自社製品への誇りと愛情を感じます。

機能美を感じる造りなんですよ。

ちなみに、こちらのおでん缶も、同社作成だそうです。
知らずに愛用していました。


f0213292_17005478.jpg

室内スリッパも新調しました。アグのムートンです。

ムートンは裸足で履くのが好きなので、裸足前提の草履仕様です。
モフモフで気持ちよさそう!

膝にはリアルモフモフのモンティです。




人気ブログランキングへ


















[PR]
by fm_k | 2015-12-05 17:00 | *Living | Trackback | Comments(0)

於家菜

f0213292_17135384.jpg
久しぶりの友人と、三ノ宮でランチでした。
於家菜(シーカサイ)さん、初めて行くお店で、西村コーヒーを曲がって「この辺りかな~」と探していると、ビルの前に人が並んでおられて、、そこでした。

入口すぐに、大きな水槽。おいしそうな蟹ちゃんがごろごろ居ましたよ。


f0213292_17135429.jpg
予約をしていたので、直ぐに入れました。

お昼のコースが食べたかったのだけれど、友人が「軽くていいよ~」というので、合わせて日替わりランチの牡蠣の焼きそばと、海老のワンタンスープとエビスの生ビールで乾杯。

お隣のお席のマダムの、次々と細々運ばれるランチセットを横目で見ながら、「おそばでこんなに美味しいんだから、次はコースを食べよう!」と心に誓いました。

先日の新月のお近くです。
ハンター坂周辺は美味しいお店が多そうです。

f0213292_17135415.jpg
1年以上ぶりにあった友人ですが、昨日も会ったかのような話のはずみっぷりです。

タイプは違うのですが、励ましたり、励まされたりと凸凹具合がうまくいくのでしょうか。楽しい一日でした。

〆は大丸さんのtoothtoothカフェで、和栗のモンブラン。
(似合わないものを食べたら、あとで胸やけがしました)。



f0213292_17135418.jpg
で、その翌日の夕ご飯。
その友人に貸していた京都のお酢やのお酢レシピ本が戻ってきたので、そこから、カリフラワーと胡桃のマリネと、ニラたま豚。

やっぱりこの本、好きです~。

f0213292_17135494.jpg
あとは、先日お稽古で習った鯛の昆布〆ですが、器は白くないものがよかったかも。


f0213292_17135588.jpg
デパートの地下で買った、老舗料亭のお鍋。
レンジでチンすると、固形のお出汁が温まります。「蒸し野菜と、地鶏の温サラダ」と二種類買いました。

レンジでチンではありますが、お出汁の味や、付け合わせの胡麻ダレの味を家でよ~~く味わって、再現に勤しむには好材料です。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-12-04 17:49 | *Living | Trackback | Comments(0)

レストラン新月

f0213292_10465089.jpg
とっても素敵なお店に連れていったいただきました。
神戸・ハンター坂にある「レストラン新月」さんです。

最初にアミューズがでたあとの、前菜盛り合わせ。(二人分です)

季節感のある小皿に、美しく盛られた数々のお料理。

どれも美味しかったですが、特に、鯖のお鮨と、鴨ロースの生っぽさぎりぎりなところが、私の好みとも合って、この後のお料理への期待が一気に膨らみます。



f0213292_10465178.jpg
創作和食?フレンチ?
とにかく、手の込んだ、複雑~なお料理ばかりでした。(覚えられない!)

淡路の原木椎茸をメインに、イタリアのポルチーニ茸が風味づけされたグラタン。
カダイブ?でしたか、外国の素麺のバチみたいなのがパン粉代わりに上にのっています。


f0213292_10465198.jpg
琳派風の紅葉のお皿には、これもまた多国籍なお料理。

中には、ミルクと甘く煮た林檎を土台に、南淡路のお野菜、フォアグラ、蛸、そこに潰したなんとか(パイ生地っぽいの)に、ソースがかかっています。

赤いジュレソースは、バルサミコとの事でした。
混ぜてたべると、豪華なアップルパイになりました。

前菜もそうだったのですが、ここまで全てのお料理に「淡路の~」とついたので、
「淡路産が多いですね」と言ったら、
「僕の生まれが淡路なんです」。とシェフ。ご実家は、洲本でお寿司屋さんを営まれているそうです。





f0213292_10465183.jpg
椀物。
白みそ仕立ての、、なんかおいしいの!

とにかく、おしゃべりに夢中なのと、ワインを飲むのと、食べるのと、マルチタスクだったもので。(笑)

ちなみにワインは、最初からシャルドネをいただきました。
ほぼ1本私が空けましたが、余程いいお酒だったようで、翌朝も爽快な目覚めでした。


f0213292_10465142.jpg
あえて崩して写真を撮りました。
淡路の鯛、はりいかに、のどくろ、よこわが、魚醤をベースにした千枚漬けで巻いてありました。
(やっとレポートらしき事が書けた)


f0213292_10465219.jpg
海老のグラタンっぽいスープ。
すごく濃厚なお出汁でした。

f0213292_10465289.jpg
鯛の、磯部揚げ風。
中に、もちろん淡路の鯛と、薄いお餅と、海苔が、湯葉で巻いてあり、フュメドポワゾンの白いソースに、八丁味噌仕立てのダブルソースに、生の粒マスタードが添えられていました。



f0213292_10465283.jpg
この後お口直しのシャーベットがあり、焼き加減を聞いてくださり、お肉です。

シャーベットは、お店のスタッフ方が「酢橘のシャーベットです」。と出してくださったのですが、すかさず、女性の方が
「今日から白バルサミコです。酢橘は昨日までです」と訂正してくださったのもご愛敬。

シェフは本当に、生まれ故郷の食材を愛してらっしゃるのですね。
お肉も、淡路牛でした。


f0213292_10465293.jpg
土鍋ご飯。
ワイン1本飲んだのに、お代わりまでしたのは私です。



f0213292_10465372.jpg
デザートも完食でした。
真ん中のお芋さんは、さつまいもの皮で巻いた、マスカルポーネチーズケーキでした。確か。

こんなにサプライズに満ちたお料理は、初めてでした。

ごちそうさまでした。



人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-11-30 11:45 | *Living | Trackback(1) | Comments(0)

11月の料理教室

f0213292_12354731.jpg
11月の料理教室は、新しいiphone6s で写真を撮りました。
4K動画?も撮れるらしいですが、未だ理解していません。

それにしても雨の日が続きますね。
山茶花梅雨というそうですよ。

それでは、11月のレッスンは・・・


f0213292_12354892.jpg
*鯛の昆布〆と*擬製豆腐。
昆布〆は、御節用に、しっかりと〆たものです。

先生が、富山に旅行に行かれた際に、買われてきた柔らかい羅臼昆布で〆ています。
富山の方は、昆布をたくさん召し上がられるそうです。



f0213292_12354824.jpg
淡路の立派な「お鯛さん」。
〆るのがもったいないくらいですね。

お刺身と、鯛しゃぶでも食べた~い。


f0213292_12354811.jpg
*すじ肉と大根の胡麻味噌煮。

ごく少な目の量の調味料で味つけしてあるのですが、すじ肉からいい出汁が出ています。


f0213292_12354993.jpg
*柿と胡瓜の胡麻和え。

胡麻つながりでもう一品。
胡麻2種は、帰ってその日のおさらいしました。



f0213292_12354936.jpg
*大根菜飯。
煮物で使った大根の葉っぱの部分と、こちらにも、出汁をとったあとの昆布がたっぷり入っています。



f0213292_12354950.jpg
*柿のごろごろゼリー
柔らかく熟した柿と、硬いものと、干し柿が入っています。
柿の甘みだけなので、しつこくなく、ペロリと食べられました。



f0213292_12354911.jpg
車で聴いているCD。

ルポン以来、樫本大進さんのバイオリンばかり聴いています。
「クロイツェル」も本当にかっこいいし、ソナタ4番の冒頭がツボで、そればっかりリピートしちゃいます。

映画「007」の記念CDも欲しいのですが、車でしか音楽を聴かないので、何十曲も入っているものを最後まで聴くのには何日もかかりそうです。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-11-19 12:53 | *Living | Trackback | Comments(0)

お祝いのお茶会

f0213292_12310672.jpg
11月最初の日曜日、お茶のお教室で一緒の方が、準教授の資格を拝受された、お祝いのお茶会でした。
FさんYさん、お二人揃っての拝受です。

春と同じ、書写山の交流庵です。


f0213292_13014331.jpg
待合は、須磨対水さんのお軸。
日本料理の「吉兆」の名前を付けられた画家さんらしいです。


f0213292_12310684.jpg
薄茶席のお軸は、大宗匠。永楽のお花入れには、紅白の椿。

准教授ともなれば、お二人ともすばらしくいいお道具をお持ちです。
また、それぞれの個性の現れたお道具で、感心いたしました。

f0213292_12310697.jpg
濃茶席のお道具。
(写真用に並べてあります)

楚々とした、Yさんらしい取りあわせ。特に、水差しが色も形も絶妙です。
袴の紋付が象嵌してあるので、狂言袴細水差というそうです。

余談ですが、Yさんの入れられるお花は、Yさんの手によるものだと直ぐにわかるくらい、上品で、可憐で、私には一生かかっても逆立ちしても入れられないような佇まいです。



f0213292_12310717.jpg
主菓子は、建仁寺そばの松壽軒さんの亥の子餅。器は、三田青磁さんです。

中に柿と銀杏が入っていて、味噌餡で、信じられないくらい美味しかったです。



f0213292_12310719.jpg
お干菓子もすごい。
亀屋伊織さんの吹き寄せです。

身内で褒めそやしてなんですが、最高のお菓子ですよね。
私だったらこんなお茶会、最高に嬉しいです。




f0213292_12310849.jpg
高杯に飾ったお菓子の包み紙、「玄猪包み」というそうです。

1の亥の日には、このように菊の葉を挟んで、2の亥の日は紅葉、3の日は銀杏だそうです。

日本人の祖先は雅だし、文化を継承する京都のお菓子屋さんもすごいなと感じ入ります。


f0213292_12310813.jpg
こちら、どうでも良いのですが私作のサンドイッチです。(笑)自分たちお水屋用に作っていきました。

茶道雑誌「なごみ」に載っていたもので、ローストポークを、味噌マヨネーズと紫たまねぎで挟んだものと、焼き海苔とスライスチーズを挟んだ2種です。

ポークのほうには、色んな野菜のピクルスを入れました。



f0213292_12310822.jpg
最後に、可憐なYさんの茶花。









人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-11-02 13:22 | *Living | Trackback | Comments(0)

空飛ぶピアノ

f0213292_11090446.jpg
連休のある日、待ちに待ったピアノが来ました!!

なんと空を飛んで!、、いえふつうにトラックで来ましたが、私の部屋に上げるのに家庭用エレベータでは入らず、結局クレーンで吊ってのお輿入りとなりました。

船が吊られる姿はいつも見ているのですが、ピアノ、しかも窓から搬入の一部始終に手に汗握りました。

待ち臨んだピアノでしたが、この日は搬入(を見守る)だけでいっぱいいっぱいで気持ちに余裕がなく、触ることもできませんでした。

ピアノについては、別記事でたっぷり書きます。




f0213292_11090459.jpg
暦の上では平日でしたが、私は連休でした。
色んなところに、お出掛けしましたよ。

連休初日はランチと、アウトレットにお買い物へ。

三田のアウトレットは出来たとき直ぐに一度いったきりで二度目の来訪でしたが、すごく広くて、圧倒されましたが、ラルフローレンでお安くゴルフウェアを買うことができました。
次回ラウンドが楽しみです。


f0213292_11090510.jpg
そして、ど~ん。

戴きものの、頂き物(御裾分け)。伊勢海老をいただきました。
珍しいので、写真、写真。

「う~~,海老さん、ごめんやで!」と叫びながらの包丁入れ。。

滅多にしないので、本を見ながら見よう見真似です。


f0213292_11090570.jpg
串をさして、ガス火で炙ったのですが、バーナーでもよかったかしらん。

頭の部分はグリルしました。

やっぱり海老は現地で炭火で焼いてもらうのが一番おいしい!



f0213292_11090559.jpg
空飛ぶピアノ、別アングル。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-25 11:00 | *Living | Trackback | Comments(0)

10月の料理教室

f0213292_10183636.jpg
一旦涼しくなったと思ったのに、また昼間は気温が高い日が続いていますね。

10月の料理教室に行ってきました。すっかり秋の献立です。


f0213292_11312653.jpg

*鶏肉のから揚げ、葱ソースかけ。

こちらは以前、習ったレシピですが、新しくレッスンに入られた方からのリクエストで。

あっさり目に味付けしたから揚げに、お葱のソースをたっぷり絡めていただきます。久しぶりに食べたけれど、やっぱり美味しかった。



f0213292_10183748.jpg
*きのこと鶏つくねのすまし汁。

丁寧にとったお出汁はほとんど味付けはせず、鶏のつくねの甘みと、きのこから出るお出汁で、十分美味しいお椀になりました。


f0213292_10183898.jpg
*秋の恵みの焼きマリネ。

お野菜やきのこを丁寧にグリルして、黒酢のきいたマリネ液に漬けました。
お弁当のおかずにぴったりですね。


f0213292_10183843.jpg
*焼栗ごはん。

銀杏も入っています。栗を少しバーナーで炙って焼き目をつけています。


f0213292_10183938.jpg
*甘酒のシャーベット。

今月も美味かったです。




f0213292_10183974.jpg
そしてお教室は、10周年を迎えました。

先生、おめでとうございます。

私は通って8年になるのですが、本当に毎月楽しみで、一つ一つ、宝物を詰めるようにレシピを伝授してもらっています。

お教室で親しくなった皆さんとも、レッスン以外でも仲良くさせていただき、貴重な縁を繋いでいただきました。

これから20年も、30年も、続きますように。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-10-24 10:48 | *Living | Trackback | Comments(0)

9月の料理教室

f0213292_10474809.jpg
シルバーウイークとかなんとかいってたら、もう月末ではないですか!

すっかり更新が途絶えていましたが、元気にしています。今月の料理教室です。



f0213292_10474900.jpg
*海老団子の揚げ物。

とうもろこしを多めに入れたら、分量の小麦粉で揚げにくかったの巻です。

とうもろこしの天ぷら、美味しいですよね。お店で出てくる綺麗な天ぷら、つくづくプロの技だな~って思います。


f0213292_10474997.jpg
*冬瓜と干し海老の葛煮。

しっかりとった美味しいお出汁で煮ているので、間違いありません。



f0213292_10474987.jpg
*焼ききのこと水菜のおひたし。

きのこを一度焼いて、香りを引き出しています。

f0213292_10474910.jpg
*あっさり豚汁。

こちらもとりたてのお出汁で。豚肉の甘みが加わって、さらに美味しくなります。




f0213292_10475097.jpg
*枝豆の茶飯。

お茶で炊いてありますよ。さっぱりしたご飯に。



f0213292_10475013.jpg
*季節のフルーツのコンポート の写真が迷子なので、もうひとつのお茶請けクッキー。

京都の老舗のもので、先生がお取り寄せしてくださったものです。



f0213292_10475063.jpg
友人宅からの神戸の夜景。

シルバーウィークは、恒例のヨットレースとゴルフで、夏の終わりに日焼けに拍車掛けてしまいました。どうしましょう。。

最近、あるものが欲しくて、メーカーを調べたり、休みのたびにショールーム?に覗きにいったりしています。車ではありません。

でも、部屋が狭くなる。だいいち時間は取れるのか、制限もあるし、どうしよう~~~と悩み中です。




人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-09-26 11:12 | *Living | Trackback | Comments(0)

熊本 象さんの器展

f0213292_16494409.jpg
ギャラリーとーくさんで開催中の、熊本 象(くまもと しょう)さんの器展に行ってきました。

案内のお葉書を見たら、ビビビときてしまい 「これは見ると買ってしまうな~、危険、危険」。
と思っていたのですが、飛んで火に入る夏の虫になってしまいました。





f0213292_16494413.jpg
唐津の作家さんです。

磁器なので、土ものよりも洋風というか、スタイリッシュな印象ですよね、どれも素敵!

お若い作家さんですが、窯元のお家に生まれ、同じく唐津の岡 晋吾さん、の元で修業なされたそうです。
どうりでビビビとくるはずです。



f0213292_16494412.jpg
本当~に目移りしてしまって、大変でした。

このポットの下に敷いてある銀色のお敷に目がいき、
「こちらは売り物ではないのですか?」と伺ったのですが、テーブルコーディネートの先生の持ち込まれたもので、残念ながら売り物ではありませんでした。

前日に見に来られた、お茶の先生も同じことを聞かれたそうです。
やった~、先生とシンクロ。



f0213292_16494561.jpg
片口の器も迷ったのですが、あとあと、黒唐津の壁掛けの花入れも欲しいのですが、、とりあえず、台付の大きめのお皿と、小皿を購入しました。

台付は、先生とお揃いだそう!ここでもシンクロ。(笑)



f0213292_16494567.jpg
家庭画法のバックナンバー(6月号)に、岡さんと共に唐津特集で掲載されておりました。

なごみは、茶道の雑誌ですが、毎号特集が面白くて楽しみにしています。

熊本さんの白磁は、ほどよく薄くて、繊細で、とってもとっても気に入りました。


f0213292_17064464.jpg
こちらは岡さんのもの。
(家庭画法6月号より)
料理家の大原千鶴さんがお料理を担当されています。

実はここ最近、暑くて、無気力で、ほとんど食欲というか、料理欲が枯渇していたのですが、こんなにすてきなお皿と巡り合えたので、料理(盛り付け?)もがんばりまーす。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-08-04 18:07 | *Living | Trackback | Comments(0)

7月の料理教室

f0213292_11220244.jpg
7月の料理教室。

愛用のカメラを忘れて行きました。

iphone(しかも5)のカメラなので、画像がいつもより残念ですが、お料理はいつも通り美味しかったですよ。

それにしても、カメラは日々進化しますね~。
写真を撮る腕もないのに、新しいCanon一眼レフのCMに興味津々です。





f0213292_11220284.jpg
*簡単フレッシュカレーのアレンジ*なすカレー

「今日、カレーにしよう!」と思い立ったら30分で出来る、カレールーを使わない本格派カレーです。



f0213292_11220212.jpg
*わかめとじゃこのサラダ。

これ、と~っても美味しくて好評でした。

自宅に帰って早速おさらいしたのですが、随所端折ってケチって作ったらまったく別物になりました。。。




f0213292_11220336.jpg
*いんげんとアスパラガスのパン粉和え。

にんにくたっぷり効いてます。


f0213292_11220326.jpg
*トマトの煮びたし。

お出汁が美味しい、夏にぴったりの一品になりました。



f0213292_11220379.jpg
*抹茶白玉しるこ。

小学生の家庭科の授業で、白玉団子を作ったのが一番楽しい授業でした。当時から食い意地がはっていたのでしょうね~。。





f0213292_11220329.jpg
こちらも食い意地王子。妖怪椅子の下。

モンティ、美味しそうなものを食べていると、気付くと椅子の下で落ちてくるのを待機しています。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2015-07-17 11:35 | *Living | Trackback | Comments(0)