薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
大井の切り落としローストビーフ
at 2017-04-27 16:37
久しぶりの希凛
at 2017-04-21 15:29
和食のお稽古・端午の節句
at 2017-04-14 12:10
野点・着物で中華
at 2017-04-04 16:29
3月の和食のお稽古
at 2017-03-17 19:26
カテゴリ

9月の料理教室

f0213292_13264847.jpg
9月になって、やっと過ごしやすくなりました。

今月のメニューは、私が「見た目地味なのに、手間がかかりますね~」。と言って先生を苦笑させた以下のラインナップです。




f0213292_13265059.jpg
*初秋のフライ物。
・里芋コロッケ
・秋茄子フライ

とても肌理の細かい、フロインドリーブのパン粉で揚げています。里芋を蒸して潰すのが大変でした。

苦労したぶん、ホクホク、さくさくで美味しいフライでした。


f0213292_13265073.jpg
*きゅうりと油揚げの重陽の酢の物。

この日は9月9日の重陽の節句でしたので、菊の花を散らしてあります。

陽(奇数)の一番大きな数字である「9」が重なる9月9日は、節句の中でも一番お目出度い日ですが、良すぎるものが重なるため返って不吉とされ、それを払う行事として重用な節句だそうです。


f0213292_13265183.jpg
*茎若芽の佃煮。

若芽の季節ではないので、塩蔵若芽の茎を使いました。

これがとても美味しくて、父が出汁を取ったあとの昆布を見て「これ(昆布)であれ(茎若芽の佃煮)を作ってくれ」。とぬか喜ぶので、先生に塩蔵の茎若芽を分けていただいた次第です。




f0213292_13265218.jpg
*きのこと鶏つくねのすまし汁。

牛蒡と蓮根、さつまいもとたっぷりのきのこ類が入っています。


f0213292_13265349.jpg
*桃のコンポート。

私が担当したのですが、写真は、前日先生が冷やし固めておいてくださったもの。ピンク色がきれいに出ています。
私のものは、煮足りなかったように思います。翌日のレッスンの方、ごめんなさい。



f0213292_13265444.jpg
自宅でも作った鶏つくねのすまし汁。

最近、この有次のうどんすき鍋にお汁ものを作り、このまま食卓に出して豪勢さを装っています。(笑)
仕上げに、すだちと黒七味をふります。


f0213292_13265506.jpg
亀屋良長さんの「菊づくし」。

白い金平糖は、きせわたを表しているそうです。

菊慈道が、菊の朝露を飲んで700年生きたお能の話しより、菊の着せ綿は不老長寿の秘薬といわれています。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2016-09-13 14:17 | *Living | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/25880401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuri5428y at 2016-09-20 20:28
はじめまして^0^
ブログ時々拝見させていただいています
お料理教室、いつもおいしそうなお料理アップされていて
素敵だなあ~~とすごく気になっています。
もしよければどちらのお料理教室か教えていただけませんでしょうか?
Commented by fm_k at 2016-10-07 12:43
yuri5428y様
ブログ訪問&コメントありがとうございます。
こちらの料理教室ですが、先生のご自宅で少人数制でレッスンとなっており、私のブログ(コメント欄)で公開することが出来ません。申し訳ありませんが、ご理解ください。
どうしてもご希望であれば、メールアドレスをご記入の上、再度コメント欄にご連絡を頂ければ、私のほうから先生に伺った上、お返事いたしますね。
拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
<< 初秋の京都散策・丸太町はら田さん お弁当を作りました。 >>