薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
久しぶりの希凛
at 2017-04-21 15:29
和食のお稽古・端午の節句
at 2017-04-14 12:10
野点・着物で中華
at 2017-04-04 16:29
3月の和食のお稽古
at 2017-03-17 19:26
いけばな展
at 2017-03-13 16:20
カテゴリ

11月の料理教室

f0213292_14594532.jpg
11月の料理教室、なんと「おでん」でした!
私の住んでいる姫路市は、静岡ほどではないのですが、「おでん」がご当地グルメとして有名なんですよ。

薄味の出汁に、生姜醤油をかけて食べるのが正当派?姫路おでんとされていますが、地元の有名店「十七八」に倣って、今回はお出汁だけで頂く料亭風おでんです。

f0213292_1525088.jpg
*湯葉つつみ *がんもどき *ロールキャベツ *牡蠣ねぎ *餅きんちゃく
全て手作りです。

他にも、春菊やえのき茸、私が苦労して皮を剥いた銀杏に、定番のお大根やこんにゃく等が入っています。
おでんは、煮込む順番と時間が大切ですね。
十七八の名物お姐さんに極意を聞きたいところですが、常に鬼気迫っているので聞ける雰囲気ではありません。(笑) 
それだけ真剣なんですね。

f0213292_1563063.jpg
*擬製豆腐はサイドメニュー。御節の予行でもあります。美味しくできました。


f0213292_1575475.jpg
*柚子寒天。


f0213292_15123069.jpg
お教室のおさらいを、その日にお家でしました。
湯葉包みは、はんぺんと海老をすりつぶすのですが、簡単に美味しくできました。




f0213292_1582328.jpg
姫路といえばおでんよりも姫路城。
平成21年に始まった平成の大改修も、来年の春に完了します。
長いと思っていたけれど、あっというまにこんなに白くなってお目見えしました。毎日のように見ているのに毎回美しい姿に「じーん」ときます。

先日、習っているお茶の講習会で、亀山の御坊さんに行って来たのですが、立派なお寺で驚きました。
京都から来られたぎょうていさんのお稽古とお話にも感激しました。
お稽古は本番(茶会)のためのものであって、型ばかりを覚えるものでは無いと言われ、当然のことなのに、目から鱗でした。
足元が見えなくなっている事って、実は多いのかもしれません。






人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2014-11-19 15:20 | *Living | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/23306826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 連休はボージョレワイン会 沢村貞子の献立日記 >>