薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夏の着物

f0213292_1573067.jpg
「京都に川床に行きませんか?」と誘っていただいたので、いそいそと夏の着物を出してみました。


f0213292_14302875.jpg
夏の着物には単衣、絽、紗、麻等があります。
帯はどちらも「絽」のものです。

私は絽の帯が好きです。軽くて、芯が入っていて締めやすくて崩れにくい。しゃりーんとした見た目もいかにも涼しそうです。


f0213292_14361570.jpg
単衣(ひとえ)の訪問着です。
結婚式等の格式の高い場所で着ます。

子供の頃から色々と習い事をさせてもらい(半ばイヤイヤ)、大人になってからも習い事を数々しましたが、つくづくやっていてよかったと思うのが「着付け」です。

お茶のお稽古を始めたころ、お茶会の度に先輩に着せて頂くのが申し訳なくなり、また「教えてあげましょうか」と言ってくださる方もあり、2年程毎週一回、その方の自宅のお教室に通いました。
10年近く経ちますが、もちろん着付けは忘れません。

気軽に着物が着られるという事は、とても楽しい事です。




f0213292_1447469.jpg

こちらは袷(あわせ)の訪問着です。まだおろしていません。
反物を見て気に入り、縫ってもらいました。どんな帯と小物を合わせるのか、時々夢想してはにやけています。

ちなみに、私が小物で一番こだわるのは「帯揚げ」です。
身体の真ん中にぴんと一直線の線を引くので、この帯揚げがキマっていると全身が決まる気がします。





人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2012-07-01 10:17 | *Diary | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/17714912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ロアラブッシュ Oh!Baby >>