薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クリスマスのお茶席

f0213292_1434950.jpg
先日のお茶のお稽古の際の写真です。

普通のお薄のお手前だったのですが、クリスマスを意識したお道具使いが可愛らしかったので、ご紹介です。

お茶碗は意外や意外、備前焼で、金重有邦さんの作。

f0213292_14353958.jpg
お茶入れは、実はワイングラスなのですが、蓋を合わせて立派なお茶いれに変身です。

茶道というと、とっても和式で古式ゆかしいイメージがあられる方も多いと思うのですが、意外と遊び心溢れていて、楽しいものなんです。


f0213292_1438738.jpg
こちらの香合は以前ご紹介した塁巣さんの作で、古帛紗はペルシア綿で、上田晶子さんの手によるものです。


f0213292_14415360.jpg
お菓子器はギリシャのガラス。
祇園に器とフランス料理のお店があり、そちらでお茶の先生が求められたそうです。
京都には、面白いお店がたくさんあって飽きませんね。


f0213292_1444036.jpg
花入れは、永楽妙全作 紫交趾(むらさきこうし)です。


f0213292_14444728.jpg
扇子の字は「荒川豊蔵」さん。人間国宝です。



人気ブログランキングへ。
[PR]
by fm_k | 2010-12-21 14:45 | *Living | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/15195606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メリークリスマス♪ 12月の料理教室 お節 >>