薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

且座

f0213292_139944.jpg
表、裏両千家に伝わる七事式のなかの一つ、且座(しゃざ、と読みます。さあ座ってお茶にしましょう、の意)のお稽古をしていただきました。

f0213292_13113064.jpg

f0213292_1314256.jpg

f0213292_13141299.jpg













札の裏側に「月」「花」「一」「二」「三」と書いてある花月札を五人で引き、お茶席での五つの役割を決めます。
炭手前、お花、お香、濃茶、お薄です。

私は「三」の札を引いたので、お炭手前をさせていただきました。

f0213292_13211038.jpg
札を引くのも、お菓子を戴くのも、席入りの前にします。
「とらや」の羊羹、「春の野」。色がきれいです。

f0213292_13233062.jpg
こちらは「亀末広」さんの「京のよすが」。
お茶室で用いられる事の多い、四畳半の畳に仕切られているので、別名“四畳半”です。

こちらも色といい形といい、本当にきれいで素敵!
季節によって内容が変わります。

日持ちも少しするので、外国の方へのお土産にしても、とても喜ばれそうですよね。

人気ブログランキングへ
[PR]
by fm_k | 2010-04-27 09:29 | *Living | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/13526383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4月度須磨ポイントレース かわいいパン屋さん >>