薬剤師の綴る、美容と健康ときどきヨット。
by fm_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
久しぶりの希凛
at 2017-04-21 15:29
和食のお稽古・端午の節句
at 2017-04-14 12:10
野点・着物で中華
at 2017-04-04 16:29
3月の和食のお稽古
at 2017-03-17 19:26
いけばな展
at 2017-03-13 16:20
カテゴリ

ヴェネチアガラス

今日はお茶のお稽古でした。

お茶席では一般に主菓子(生菓子)でお濃茶を、お干菓子でお薄(茶)を戴きますが写真はそのお干菓子器です。ベネチアのもので、お花はエナメルで描かれています。
写真では分かり辛いかもしれませんが、花びらが立体的に浮き出ており、金も鮮やかでとても華やかな器です。
f0213292_2155986.jpg


バレンタインデー目前ということで、今日はお道具も洋風のもので取り揃えてありました。
茶道というと、古めかしい和風のものばかり、というイメージをお持ちの方もあるかもしれませんが(私がかつてそうでした)そんなことはありません。
エミール・ガレのガラスに蓋を誂えてお茶入れにしたり、同じくベネチアガラスを水差しにしたり、またそれらが、漆塗りの棚にすうっと馴染んでお互いを引き立て合う景色は、なんだか、夫婦円満の国際結婚カップルを見ているような、微笑ましい気持ちにしてくれます。

ちなみにお菓子は、これもまたバレンタインデーにちなんだもので、播磨屋さんの「ユーロの星」です。これは朝日揚げ(甘辛いおかき♡これだけでも絶品です)がチョコレートでコーティングされたもので、お抹茶と絶妙に合いました!

なんでも、チョコレートと抹茶の相性はとても良いらしく、世界一の美食家フランス人が好む取り合わせだそうです。
そのせいか、フランスはヨーロッパ一抹茶の消費量が多い国だそうです。

フランス人に「ユーロの星」も食べさせたいものです。
なんていうだろう。。ネーミングも含めて・・・。
[PR]
by fm_k | 2010-02-13 21:22 | *Living | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kayolog.exblog.jp/tb/12847858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秘密兵器 33America'sCup >>